ビジネス・経済

イトーキ、オランダのワークスタイル変革コンサルティング企業「Veldhoen+Company」と業務提携に向け基本合意

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社イトーキ 2018年10月12日 16時28分
ABW(Activity Based Working)は「いつでも、どこでも、誰とでも働くことができる」働き方として、政府が掲げる「働き方改革」の目的でもある生産性の向上と労働力の確保といった観点から、日本でも注目が高まっています。Veldhoen社は過去27年間で300以上のプロジェクトにてABWの導入を支援し、1.リーダーシップコーチングとチェンジマネジメント(行動)、2.物理的環境(空間)、3.仮想環境(IT)の3つの柱を組み合わせることで、具体的かつ体系的に社員の行動を変えていくノウハウを有する世界でも稀有な会社です。働き方改革に取り組む日本企業にとって重要な価値をもつVeldhoen社のノウハウと、イトーキのオフィス設計ノウハウを組み合わせることで、高度化する働き方改革ニーズに即した、最先端のコンサルティング活動を展開してまいります。

また、イトーキは2018年10月より、ワーカーの自己裁量を最大化し、ワーカー自らが働き方を自律的にデザインしていく、ABWの考え方を導入した新しい働き方「XORK Style(ゾーク・スタイル)」を本格始動いたしました。2018年12月にはXORK Styleをより加速させるための新本社オフィス「ITOKI TOKYO XORK(イトーキ・トウキョウ・ゾーク)」を東京・日本橋でグランドオープンさせます。ITOKI TOKYO XORKは、Veldhoen社と共に構築したABWをワークスタイル戦略として採用する国内で唯一のワークプレイスとなっております。
今回の導入のノウハウについても日本市場向けに体系化し、働き方改革コンサルティング事業の一層の強化へと繋げてまいります。

◆Veldhoen+Companyとは
Veldehon社はABWの考え方の創始者です。ワークスタイル戦略コンサルティングにおけるリーディングカンパニーであり、LEGO、IKEA、VOLVO、MSD等、数々のグローバルカンパニーの優良パートナーとして活躍しています。90年代初めから、組織の働き方を変革し、成功に導くための、全体計画の構想から導入までの強固な方法論を開発し、「今」の働き方を常に進化させてきました。
Veldehon社はABWの導入を通じて、顧客企業におけるスペース効率の向上、効果的なIT技術の導入、社員の生産性とエンゲージメントの両立などを実現し、またその過程においてリーダーシップ、成果に基づくマネジメント、組織の透明性や信頼についても支援してきました。
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「株式会社イトーキ」の新着記事

「ビジネス・経済」の新着記事

「企業」の新着記事

「ビジネス・経済」のランキング

「企業」のランキング

ページ上部へ