IT・ネット

Apacer、ハイスペックV30/V10 microSDXC/SDHCメモリカードを発表 4K UltraHD録画向け、大切な思い出をパーフェクトに記録

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Apacer Technology Inc 2018年10月16日 13時31分

2018年10月16日、台湾、台北— Apacerは新たにmicroSDXC UHS-I U3 V30とmicroSDHC UHS-I U1 V10、2つの高速メモリカードシリーズを発表しました。
microSDXC UHS-I U3 V30メモリカードは、最大容量は256GBをラインナップしています。SDアソシエーションが新しく制定したUHS-I Speed Class30(V30)に準拠し、連続書き込み速度は30MB/s以上に保証され、4K Ultra HD/3D録画または連続撮影には最適です。
それから、microSDHC UHS-I U1 V10はフルHD録画向け、16GBと32GBをラインナップしています。ドライブレコーダー、スポーツカメラ等長時間撮影するデバイスに適しており、ユーザーは容量不足を心配することなく高画質動画の録画を行うことができます。

4K高画質の録画・あらゆる瞬間をことこまかに再現
microSDXC UHS-I U3 V30メモリカードのラインナップは64GB・128GB・256GB、3つの容量がご用意しています。読出し速度は最高100MB/sに達し、データ転送による待ち時間を大幅に短縮し、高速連続撮影にもおすすめです。
スポーツ撮影およびドローン空撮は近年流行となり、4K録画に対するニーズも徐々に増えてきています。高解像度動画は更に細かく生き生きと撮れますが、膨大なデータも発生しています。4K録画向けに開発されたmicroSDXC UHS-I U3 V30のメモリカードで映像を最大約5.8時間に保存できるからこそ、完璧に対応することができます。業務用カメラ、家庭用デジタルカメラ、スマートフォン等で素晴らしい瞬間を逃さずに保存します。

フルHD録画、連続撮影、途切なく確保
microSDHC UHS-I U1 V10メモリカードは、フルHD録画、連続撮影の記録に対応、読出し速度は同じく最大100MB/sに達します。16GB/32GBの2つの容量を提供しており、最大800万画素の画像を8,400枚、またはフルHD高画質ビデオ約7時間の動画を保存可能で、如何なる重要な場面があろうとも、しっかりと記録に残します。

マルチプロテクション・大切な思い出を守ります
Apacerのメモリカードシリーズは、様々な過酷な撮影環境と厳格なテストをクリアしており、耐水/耐衝撃/防磁/耐X線/耐高低温等、優れた安定性を備えた製品です。スポーツカメラ/防水カメラ/ドローン/ドライブレコーダーなど特殊な撮影デバイスにぴったりです。
また、此度リリースしたシリーズには書き込み禁止スイッチとエラー自動検出/訂正機能(ECC)に対応し、最高レベルのプロテクション能力を実現し、大切な思い出を保護します。

Apacer microSDXC UHS-I U3 V30 製品情報 : https://consumer.apacer.com/jp/content.php?sn=1580

CyberMedia Press Centerでもっとニュースを見るなら : http://www.cybermedia.com.tw/news

Apacer (アペイサー) について
Apacerは革新的なメモリモジュールのサプライヤーとして広く知られ、その製品は多くのデジタルメディアアプリケーションで使用されています。これまでApacerでは、デジタルストレージソリューション製品の開発を続け、製品設計やカスタマーサービス、ブランド価値、製品経験を統合させる巧みなアプローチを執り、目標へ向けた飛躍的な成長を遂げてきました。Apacerの躍進は革新的で真新しく、また信頼性を備えた製品の提供を絶えず続けてきた結果でもあります。 “Access the Best”はApacerが最高の製品とサービスを提供することで、自身のブランド価値を向上させるべく掲げた企業理念であり、"Access"はその文字通り、データ共有やコミュニケーションといった総合的自由や利便性へのアクセスを、一方で"Best"は比類なき製品クオリティを表しています。
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Apacer Technology Inc」の新着記事

「IT・ネット」の新着記事

「新商品・新サービス」の新着記事

「IT・ネット」のランキング

「新商品・新サービス」のランキング

ページ上部へ