IT・ネット

『ファントム オブ キル』新CM発表会!大島優子さんがサービス開始4周年をケーキでお祝い

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社FgG 2018年11月08日 19時05分











■4周年を迎え、さらなる進化を迎える『ファントム オブ キル』。その世界観を伝えるSpecial CMが完成!
当日は、『ファントム オブ キル』のプロデューサーである今泉潤に加え、ゲストとして大島優子さんが登場。完成したCMを初めて見た大島さんは、「監督から、AKB48を卒業してからの4年の歳月を感じながら歩いてと言われ、それを意識しました。ゲームの中に私が入ったような世界観をお伝えできたら嬉しいです。」とコメント。「最後の”うん?” のシーン撮影には苦労しました(笑)。もっと可愛いらしくという指示があり、昔のアイドルモードを忘れてしまったなあと痛感しました。」と撮影秘話についても明かしました。

今泉プロデューサーも、 「これまでリアルな場でいろんなユーザーさんとお祭りのように盛り上がってきたので、今回のCMも盛り上がるはずです!」と笑顔が見られました。大島さんを起用した理由について聞かれると、「大島さんの卒業から4年経ったという節目と、僕らの4周年がリンクし、オファーさせていただきました。キュートさとクールさを併せ持っている国民的な認知を誇る大島さんなら、今回の企画にぴったりだと思いました!」と話しました。

また、4周年を記念して実装された新機能やCM連動記念キャンペーンについてプレゼンテーションを実施。今後の『ファントム オブ キル』について「既存ユーザー・新規ユーザー、どちらもが楽しめるゲームであり続けたいです。」と意気込みを語りました。

■端末を片手に、大島優子さんが初のスマホRPG体験!鮮明なグラフィックに感動

大島さんは、今泉プロデューサーのレクチャーを受けながら、実際に『ファントム オブ キル』をプレイすることに。初心者用のステージに挑戦し「画面がキレイでびっくりしました。マスがあるゲームでも簡単に楽しめるところもポイントですね。」とコメントし、 『ファントム オブ キル』の魅力を語りました。

■オリジナルケーキが登場し4周年を一緒にお祝い!今後の目標を語る
『ファントム オブ キル』の4周年と、大島さんの新しい門出を祝して登場したのは、ロゴが入った巨大なケーキ。代表してロウソクの火を吹き消した大島さんは、「ありがとうございます!嬉しいです!」と笑顔を見せました。
 
  • イベントの様子
 

 
  • 『ファントム オブ キル』新TV-CM 概要
タイトル :「ファントム オブ キル 4周年篇」15秒
出 演: 大島優子
放映開始日: 2018年11月9日(金)~全国にて ※一部地域を除く
「ファントム オブ キル CM特設サイト」 URL: http://lp-pk.fg-games.co.jp/4th/CM

新TV-CMでは、大島優子さんが『ファントム オブ キル』の歩んできた4年間を振り返りながら、新たなステージへ進む期待感を力強く表現しています。『ファントム オブ キル』の歴史やキャラクターを映し出す背景のCGデザインと、自信に満ち溢れた白いワンピース姿の大島さんにもご注目ください。また、「さぁ、暴れようか。」という挑戦的なセリフが印象に残るCMとなっています。

■CM映像は、東京・大阪・福岡の3都市の屋外ビジョンなどでも放映!
新TV-CMは、CM放映期間終了後、東京・大阪・福岡エリアの大型街頭ビジョン・電車車内ビジョンでも放映を行います。
【2018/11/12~2018/11/18】渋谷の大型街頭ビジョン
【2018/11/19~11/25】JR東日本(山手線など)・都営大江戸線・京王本線の電車車内ビジョン
JR西日本 WESTビジョン(電車車内ビジョン)
【2018/11/22~11/28】福岡の大型街頭ビジョン
 
  • 『ファントム オブ キル』概要



国内500万ダウンロード突破!
『ファントム オブ キル』は、“戦略性×ドラマ”をコンセプトにしたシミュレーションRPGです。
伝説の武器の名を持つ謎の少女たちとのドラマティックなストーリー、多彩なジョブ&スキルと奥深いユニット育成、そして豪華声優陣のボイスと迫力の3Dバトル演出が楽しめます。
スマートフォンで楽しめる本格シミュレーションRPGの真髄がここに。

公式サイト : https://pk.fg-games.co.jp/
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「株式会社FgG」の新着記事

「IT・ネット」の新着記事

「新商品・新サービス」の新着記事

「IT・ネット」のランキング

「新商品・新サービス」のランキング

ページ上部へ