グルメ・フード

世界で活躍しているパラリンピアン上地結衣選手(車いすテニス)、中西麻耶選手(パラ走り幅跳び)とパートナーシップ契約合意

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本コカ・コーラ株式会社 2018年12月25日 11時05分

 

 

日本コカ・コーラ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ホルヘ・ガルドゥニョ)は、車いすテニス女子シングルスで世界ランキング2位の上地結衣選手と、パラ走り幅跳びでアジア記録を保持し2018アジアパラ大会で優勝した中西麻耶選手とパートナーシップ契約を結ぶことに合意しました。これは、日本コカ・コーラが東京2020パラリンピックゴールドパートナーとなって、初めてのパラリンピアンとの契約となります。

上地選手はダブルスのグランドスラム制覇最年少記録を持ち、ロンドン2012パラリンピックとリオ2016パラリンピックにも出場経験を持つ世界トップクラスの車いすテニスの選手です。日本人選手第一号として、東京2020パラリンピック出場が確定しています。

中西選手は北京2008パラリンピックから3大会連続で出場している走り幅跳びの選手で、今年10月に開催されたジャカルタ・アジアパラ大会では金メダルを獲得し、東京2020パラリンピックでの活躍が期待されています。

日本コカ・コーラは、東京2020パラリンピックゴールドパートナーとなったことをうけ、世界のトップアスリートとして夢に向かって挑戦し続け、多くの人に感動と希望を与えている上地選手と中西選手に感銘をうけ、応援していくこととなりました。今後、東京2020パラリンピックに向けて両選手を全面的にサポートしていきます。また、両選手にはパラリンピアンならではの積極的な意見交換や交流で、パラリンピックムーブメントの推進と多様性を尊重した誰もが暮らしやすい共生社会が実現できるようご尽力いただきます。

2020年に向けてコカ・コーラ社は、オリンピックのワールドワイドパートナーとして、そして東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナー、東京2020パラリンピックゴールドパートナーとして、東京2020を日本と世界にとってこれまで以上に特別な大会にできるよう取り組んでいきます。選手応援もその一環となります。


■上地 結衣選手コメント

この度、日本コカ・コーラからサポートしていただくことになり、とても嬉しいです。東京2020パラリンピックへの出場が確定し、今までに増して日々練習に励んでいます。私は、どんな時も常に笑顔でいることを心がけて車いすテニスをプレーしています。それは客観的に物事を捉えると同時に集中力を高め、かつ前向きにプレーができると信じているからです。日本コカ・コーラからのサポートで、更に楽しく笑顔で試合に臨むことができると思います。東京2020パラリンピックでは皆様の期待に沿って金メダルを獲れるよう頑張ります。


■選手プロフィール
上地 結衣(かみじ ゆい)
生年月日:1994年4月24日(24歳) 出身地:兵庫県

 11歳で車いすテニスを始め、高校3年生でロンドン2012パラリンピックに出場。シングルス、ダブルスともにベスト8に進出する。
2014年、全仏オープン、全米オープンで初優勝。同年5月に初めて世界ランキング1位を記録した。ダブルスでは日本人女子選手初となる年間グランドスラムを達成し、「女子車いすテニス最年少年間グランドスラム」のギネス記録に認定される。2度目のパラリンピック出場となったリオ2016パラリンピックでは、シングルスで銅メダルを獲得。東京2020パラリンピックでの2大会連続メダル獲得に大きな期待がかかる。

 

■中西 麻耶選手コメント
アジアパラ大会で優勝できたことをとても嬉しく思っています。パラ走り幅跳びでは前人未到と言われている6mを越えるため、サポートチームを結成・強化しました。私にとって強い想いと夢を実現させるためにチームの存在は非常に大きく、日々一丸となって様々な方法で練習を続けています。日本コカ・コーラの支援もあり、今まで以上に多くの経験や知識をお持ちの方に出会える機会が増え、自分のパフォーマンスが向上していると感じます。この勢いで、東京2020パラリンピックで6mのジャンプを跳べるよう頑張ります。

■選手プロフィール
中西 麻耶(なかにし まや)
生年月日:1985年6月3日(33歳) 出身地:大分県

明豊高校時代はソフトテニスでインターハイに出場。卒業後、地元大分で開催される国体を目指している途中、勤務中の事故で右足の膝下を切断した。その翌年、2007年から義足で障害者スポーツの大会に出場するようになり一躍、日本のトップ選手に。パラリンピックには3度出場。走り幅跳び(T44)では5メートル51のアジア記録を保持し、リオ2016パラリンピックでは4位を記録。2017年に世界選手権で自身初めてとなるメダルを獲得した。


■コカ・コーラ社とオリンピック・パラリンピック
コカ・コーラ社は、アムステルダム1928オリンピック以来、最も長い間オリンピック大会を支援し、世界的なスポーツイベントへと発展する過程を共に歩んできました。これまで90年もの間オリンピック大会を支援してきたコカ・コーラ社は、バルセロナ1992以降、オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナー、パラリンピック競技大会のゴールドパートナーとして、ファンや選手にとってかけがえのない思い出に残るコカ・コーラ社ならではの特別なひとときを提供してきました。
日本コカ・コーラでは、上地選手と中西選手以外にも東京2020オリンピックで活躍が期待される今井月選手(競泳)、白石阿島選手(スポーツクライミング)、西村詞音選手(スケートボード)、西村碧莉選手  (スケートボード)を応援しています。

 <日本コカ・コーラ株式会社について>
日本コカ・コーラ株式会社は、ザ コカ・コーラ カンパニー(本社:米国ジョージア州アトランタ)の日本法人です。飲料の原液供給や企画開発、マーケティング活動を行い、製造販売などを担う全国5社のボトリング会社および3社の関連会社などで構成されるコカ・コーラシステムでビジネスを展開しています。コカ・コーラシステムが国内で取り扱う製品は、炭酸飲料および非炭酸飲料ブランド合わせて50以上におよび、世界で最も高い評価を得ているブランドである「コカ・コーラ」をはじめ、「ファンタ」「スプライト」などのグローバルブランドだけでなく、「ジョージア」「アクエリアス」「い・ろ・は・す」「綾鷹」など、日本市場のために開発されたブランドが含まれます。また、炭酸飲料、スポーツ飲料、缶コーヒーの各カテゴリーにおける販売数量(出荷ベース)は国内最大となります。オリンピックやパラリンピック、FIFAワールドカップなど、世界のスポーツイベントを通じて、アスリートの夢を熱く応援し、次世代につながるスポーツ振興や育成に取り組み、日本に根差した持続可能な地域社会の構築に力を注いでいます。


 
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本コカ・コーラ株式会社」の新着記事

「グルメ・フード」の新着記事

「イベント・セミナー」の新着記事

「グルメ・フード」のランキング

「イベント・セミナー」のランキング

ページ上部へ