ビジネス・経済

ユビキタスAIコーポレーションとTuxera社が提携

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ユビキタスAIコーポレーション 2019年01月08日 16時00分

株式会社ユビキタスAIコーポレーション(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長谷川 聡、以下「ユビキタスAIコーポレーション」)は、ストレージソフトウェアおよびネットワーク技術の世界的リーダーであるTuxera Inc.(本社:Espoo, Finland、CEO:Mikko Valimaki、以下「Tuxera社」)との提携を発表いたします。今回の提携では、高性能コールドブートソリューションを世界の自動車業界に提供することを主な目的としています。またパートナーシップの一環として、Tuxera社の新しい取り扱いソフトウェア製品としてUbiquitous QuickBoot by TuxeraがTuxera社によって提供開始されたことを発表します。



<Tuxera Inc. Japan Country Manager 黒子 真佐志氏のコメント>

ユビキタスAIコーポレーションとの提携を発表できることを大変喜んでおります。Tuxeraは、国際市場において、ファイルシステムを中心とする組込み技術を広く顧客に対して提供してまいりました。今回の提携により、ファイルシステム製品群に加えてUbiquitous QuickBoot by Tuxeraを欧州、米国、中国市場を中心とした国際市場に展開してまいります。ユビキタスAIコーポレーションとの協業により、新しい価値を国際市場における顧客に対して提供していくことができると考えます。



<株式会社ユビキタスAIコーポレーション 代表取締役社長 長谷川 聡のコメント>

このたび、Tuxera社とのパートナーシップを発表できることを誇りに思います。ユビキタスAIコーポレーションは、高度な組込みソフトウェアソリューションを開発してきた長い歴史を持ち、Tuxera社と協力して、新しい顧客に最新の技術革新をもたらすことができると確信しています。



■自動車分野でのコールドブート(Automotive cold boot)のニーズについて

コールドブートのシナリオは、デバイスが無電源状態から起動する際に発生します。これは自動車の発進時やバッテリーの電力が失われたときなど、複数のケースで発生する可能性があります。最近の電子システムには常にアクセス可能でなければならない重要な機能が含まれているため、車載アプリケーションでは、システムは数秒以内に機能を完全に回復することが期待されています。このニーズは、EDR、IVI、クラスタ、およびADASソリューションなどの自動車用電子機器の大部分で満たす必要がある安全性および規制上の要件によってもたらされています。



■Ubiquitous QuickBoot by Tuxeraの概要

Ubiquitous QuickBoot by Tuxeraは、システムに不可欠な車載電子機器をコールドブートする際に、ほぼ瞬時といえる起動速度をもたらします。「優先イメージ復元」技術、および高度なソフトウェアとハードウェアの最適化によって、ユーザーが実行するアプリケーションを含むシステム状態を完全に復元できるソフトウェアソリューションを実現します。Ubiquitous QuickBoot by Tuxeraは、AndroidおよびLinuxベースのプラットフォームをサポートしており、Arm(R)ベースおよびx86ベースの両方のハードウェアアーキテクチャで利用できます。


組込み技術の採用におけるTuxera社の世界的な専門知識と、ユビキタスAIコーポレーションの最先端のソフトウェアを組み合わせることで、両社は共同で提供する高速コールドブート製品となるUbiquitous QuickBoot by Tuxeraの力強い成長を見込んでいます。


※Tuxera社のリリースはこちら

( https://www.tuxera.com/blog/tuxera-ubiquitous-ai-partnership/ )



なお、ラスベガスで開催されている「CES 2019」のTuxera社ブースにてUbiquitous QuickBoot by Tuxeraのデモンストレーションを実施しています。また日本国内では、下記の展示会で同様のデモンストレーションを実施予定です。


■「第7回コネクティッド・カー EXPO」出展概要

会期:2019年1月16日(水)~1月18日(金) 10:00~18:00

   ※18日(金)は17:00まで

会場:東京ビッグサイト

   ユビキタスAIコーポレーション ブース [小間番号:E53-33]


■「第7回コネクティッド・カー EXPO」ホームページ

https://www.connected-car.jp/ja-jp.html



■株式会社ユビキタスAIコーポレーション(証券コード:3858)について

ユビキタスAIコーポレーションは、組込み機器向けを中心としたソフトウェアの開発・ライセンス、および海外製ソフトウェアの輸入販売を行う企業です。ユビキタス社会に必要とされる、ネットワーク関連(ホームネットワーク関連・暗号技術を含む)、データベース、システムの高速起動技術、各種テストツールなど、多数のソフトウェアとサービスを提供しています。他と差別化された製品群で、ユビキタス社会の要請に応えます。


本社所在地: 東京都新宿区西新宿1-21-1 明宝ビル6F

URL    : https://www.ubiquitous-ai.com/



■Tuxera Inc.について

Tuxera社は、組込み型および大規模ストレージテクノロジーの大手プロバイダーです。最新の主力スマートフォンからコネクテッドカー、ペタバイトストレージアプリケーションまで、Tuxeraのソフトウェアはデータ集約型の操作を高速にし、信頼性を高め、保守を容易にします。Tuxera社の品質保証された製品とサービスは、10億以上の組込み機器でデータの一貫性と安全性を保証しています。企業にとっては、Tuxera社のソリューションがミッションクリティカルな分散ストレージインフラストラクチャのデータの完全性と可用性を維持します。同社はJEDEC、AGL、IIC、SDアソシエーション、その他多数の標準化団体の積極的なメンバーです。 2008年に設立されたTuxera社の本社はフィンランドにあり、地域オフィスは中国、インド、ドイツ、韓国、日本、台湾、イギリス、アメリカにあります。


本社所在地: Westendintie 1, 02160 Espoo, Finland

URL    : https://www.tuxera.com/



■投資家の皆様へ

本プレスリリースは、ユビキタスAIコーポレーションの定性的な業務進捗をお知らせするためのものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。当社業績・経営指標の進捗・予想に関しては、取引所開示情報である、決算短信などをご参照ください。



■本製品に関するお問い合わせ先

株式会社ユビキタスAIコーポレーション ミドルウェア第1事業部

TEL  : 03-5908-3451

E-Mail: sales@ubiquitous-ai.com



※本リリースに記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「株式会社ユビキタスAIコーポレーション」の新着記事

「ビジネス・経済」の新着記事

「企業」の新着記事

「ビジネス・経済」のランキング

「企業」のランキング

ページ上部へ