旅行・レジャー

約200品種480本の梅が織りなす繊細な色彩の趣「小田原の梅」順次開花中!(小田原フラワーガーデン)

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
西武造園株式会社 2019年02月06日 10時07分

2019年2月4日撮影
2019年2月4日撮影

 

  • 小田原フラワーガーデンの梅

「鶯宿梅」2019年2月1日撮影
「鶯宿梅」2019年2月1日撮影

関東でも最多級の品種数を誇る小田原フラワーガーデンの「渓流の梅園」は、約2haの敷地に早咲きから遅咲きまで約200品種480本の花梅が植栽されている色鮮やかな梅園です。梅園は、流れや池などが整備された築山式園地となっており、晴れた日には遠くに丹沢の山並みも望むことができます。
現在開催している『梅まつり』の今年のテーマは「梅の花色~繊細な色彩の趣~」。日本の梅の歴史は奈良時代が始まりといわれており、古くから多様な色彩表現がなされてきました。今回は独特な色彩を持つ品種が織りなす、花の楽しみ方をご紹介します。
品種数の多い当園だからこそ楽しめるバリエーション豊かな梅の花をご堪能ください。
 
  • 梅の開花状況

2019年2月4日撮影
2019年2月4日撮影

2月5日(火)現在、様々な品種の梅が咲きそろい始めています。

2月3日(日)時点で、 早咲きの梅(八重寒紅、八重野梅、紅冬至)は満開 を迎え、 中咲きの梅(梅鹿児島紅、道知辺、一重緑萼)も1~3分咲き と、「渓流の梅園」全体の5分咲きとなっています。
今年は、開花が例年通りのため全体的な見頃は、2月中旬~下旬を見込んでいます。
日々開花状況が変わるため、最新の情報はHPをご確認ください。

 

<小田原フラワーガーデン HP>
http://www.seibu-la.co.jp/odawarafg/

「玉牡丹」2019年2月4日撮影
「玉牡丹」2019年2月4日撮影

「未開紅」2019年2月1日撮影
「未開紅」2019年2月1日撮影

 

 

 

「黒雲」2019年2月1日撮影
「黒雲」2019年2月1日撮影

「一重緑萼」2019年2月1日撮影
「一重緑萼」2019年2月1日撮影

 

 

  • 小田原フラワーガーデン「梅まつり」開催中

「緋の司」2019年2月1日撮影
「緋の司」2019年2月1日撮影

毎年梅の開花時期にあわせて実施する「梅まつり」ですが、毎年恒例の人気企画、着物をレンタルして梅園を散策できる「集まれ!きもの女子!~満開の梅に囲まれ、和をたしなむ~」や、地元密着型イベントなど、2月以降もまだまだたくさんのプログラムをご用意しています。梅の見ごろにあわせて、ぜひご来園ください。


<開催日>
2019年1月26日(土)~3月10日(日)※開催中
※休園日(2月12日、18日、25日、3月4日)は梅園の散策のみ可能

<時 間>
9:00~17:00

<駐車場>
梅園入口駐車場
普通車140台、障がい者用6台
駐車料金 無料

<アクセス>
伊豆箱根鉄道大雄山線「飯田岡駅」から徒歩約20分(約1.6kmの上り坂)

【これから開催するイベント情報】
  • 「日本梅の会」会長 大坪孝之先生による梅園ガイドツアー

大坪孝之先生による梅園ガイドツアー
大坪孝之先生による梅園ガイドツアー

「日本梅の会」の会長である大坪先生の特別梅園ガイドツアーです。
<開催日>
2月17日(日)
<時 間>
1.10:30~11:30
2.13:30~14:30
<参加費>
無料
<定 員>
各回先着30名
<講 師>
「日本梅の会」会長 大坪孝之
※雨天中止
 
  • 当園スタッフによる梅園ガイドツアー

当園スタッフによる梅園ガイドツアー
当園スタッフによる梅園ガイドツアー

当園スタッフによる、梅園のガイドツアーです。
普段聞けない豆知識を聞くことができるかも?
<開催日>
2月24日(日)、3月3日(日)
<時 間>
1.11:00~11:45
2.13:30~14:15
<参加費>
無料
<定 員>
先着30名 当日受付
※雨天中止
 
  • 集まれ!きもの女子!~満開の梅に囲まれ、和をたしなむ~

 

集まれ!きもの女子!
集まれ!きもの女子!

着物レンタル・着付けサービスを行います。
着付けサービスを利用した方は、帯飾り作りのイベントに参加可能です。着付けを利用されない方でも、着物で来園すると、カフェより「梅しるこ」をプレゼント(当日限り)!
その他にも、和を楽しむイベント盛りだくさんの特別な1日です。

<開催日>
2019年2月24日(日)
<時間>
11:00~16:00(着付け時間指定あり)
<参加費>
3,000円(一式レンタル・着付け込)
※ヘアセット、メイクはご自身で。
※カップルの方応相談。男性用もあります。
<定員>
先着30名 事前申込
<申込方法>
2月17日(日)までに要電話予約
電話番号:0465-34-2814
<協力>
ハクビ京都きもの学院
 
  • 梅の花かざぐるま作り

梅のかざぐるま作り
梅のかざぐるま作り

梅をイメージした形のかざぐるまを作るワークショップです。梅の香り付きなので、回すとほのかに香ります。
<開催日>
2月9日(土)、10日(日)
<時 間>
11:00~11:30
<参加費>
無料
<定 員>
10組 当日受付
 
  • ふわふわ梅の花ペーパーフラワー作り

梅の花の妖精みたい♪
梅の花の妖精みたい♪

梅の花ペーパーフラワー作りラッピングペーパーを使った大きな梅の花を作ります。


<開催日>
2月11日(月・祝)
<時 間>
13:30~14:30
<参加費>
1,200円
<定 員>
10名 事前申込
<申込方法>
開催日前日までに要電話予約
電話番号:0465-34-2814
 
  • 梅盆栽のコケ玉作り

梅盆栽のコケ玉作り(イメージ画像)
梅盆栽のコケ玉作り(イメージ画像)

梅盆栽とハイゴケを使ったコケ玉作りです。

<開催日>
2月9日(土)、10日(日)
<時 間>
13:30~14:30
<参加費>
1,500円
<定 員>
10名 事前申込
<申 込>
開催日前日までに要電話予約
電話番号:0465-34-2814
 
  • 本格的なお抹茶「梅見茶会」

梅見茶会
梅見茶会

梅を眺めながらの本格的なお抹茶体験。
本格的なお抹茶とお菓子付きです。
しだれ梅の香りの中で、ほっと一息いかがでしょうか?
<開催日>
3月3日(日)
<時 間>
1.11:00~12:00
2.13:00~14:30
<場 所>
渓流の梅園内東屋 ※雨天中止
<参加費>
500円(お抹茶とお菓子セット)
<定 員>
各回先着30名
<協 力>
裏千家 慶和会
 
  • イベント申込方法について
当日受付で定員のあるイベントは、開始30分前より受付にて整理券を配布いたします。
参加希望者が定員を超えた場合は、抽選を行います。ご了承ください。
 
  • プチ軽トラ市inフラワーガーデン

プチ軽トラ市
プチ軽トラ市

小田原・足柄地区の生産物や加工品を、生産者の顔が見えるかたちで対面販売いたします!小田原産の新鮮な野菜や、原木椎茸、かまぼこなどお土産も充実。
天然酵母のパンや、カレー、天ぷらどら焼きなど、移動販売車も多数来園します。ぜひこの機会に地元料理を味わってみてはいかがでしょうか。
<開催日>
2月16日(土)、23日(土)、3月2日(土)
<時 間>
10:00~15:00
※雨天中止
※なくなり次第終了
<協 力>
小田原まちなか市場実行委員会
 
  • 小田原フラワーガーデン オリジナル限定商品

梅だれ餅
梅だれ餅

梅まつりのお土産として、小田原フラワーガーデンオリジナル商品「梅だれ餅」がおすすめです!
小田原・曽我梅林産の「十郎梅」をペースト状にして餅で包んだ、当園でしか購入することができない人気の商品です。
梅まつり期間中の限定発売!なくなり次第終了となりますので、お早めにお買い求めください。

<商品名>
小田原フラワーガーデン 梅だれ餅
<内容>
12個入、個包装
<価格>
1箱:700円(税込)
 
  • 期間限定カフェドリンク

梅しるこ
梅しるこ

テイクアウトカフェ「ハイビスカス」では、上記の梅だれ餅と小田原・曽我梅林産の梅を使用した梅干せんべいを合わせた「梅しるこ」も期間限定販売。

昨年大人気を博した、甘しょっぱい当園オリジナルの味をお楽しみください。
<商品名>
梅しるこ
<価格>
350円(税込)
<カフェ営業時間>
10:00~16:00(ラストオーダー15:30)

ほかにも梅まつり期間中に様々な催し物を開催しております。
詳しくはHPにてご確認ください。
<小田原フラワーガーデン HP>
http://www.seibu-la.co.jp/odawarafg/
 
  • 小田原フラワーガーデン
<概要>
1995年オープン。メイン施設の「トロピカルドーム温室」では熱帯植物が、「渓流の梅園」では、約200種の「梅」が咲き誇る。「バラ園」や、水辺に広がる「花しょうぶ」など、四季折々の花が楽しめる植物公園。
<所在地>
神奈川県小田原市久野3798-5
<入園料>
無料(トロピカルドーム温室は有料)
<駐車場>
普通車140台(障がい者用6台)
※無料
<開園時間>
9:00~17:00
※トロピカルドーム温室入園は16:30まで
<休園日>
月曜日(祝日の場合は開園し翌日休園)
祝日(振休も含む)直後の平日
年末年始(12月29日~1月3日)
※「梅まつり」期間中の休園日(2月12日、18日、25日、3月4日)は梅園の散策のみ可能。
<アクセス>
・小田急線「小田原」駅東口から2番のりば伊豆箱根バス「フラワーガーデン・県立諏訪の原公園」行き。
「フラワーガーデン」下車すぐ。
・伊豆箱根鉄道大雄山線「飯田岡駅」から徒歩約20分
  • お問い合わせ
小田原フラワーガーデンパートナーズ
代表者:西武造園株式会社
構成員:伊豆箱根鉄道株式会社、加藤造園株式会社
住 所:神奈川県小田原市久野3798-5
TEL:0465-34-2814
H P: http://seibu-la.co.jp/odawarafg/
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「西武造園株式会社」の新着記事

「旅行・レジャー」の新着記事

「イベント・セミナー」の新着記事

「旅行・レジャー」のランキング

「イベント・セミナー」のランキング

ページ上部へ