ゲーム・おもちゃ

国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」とカプコンによる『ストリートファイターリーグ powered by RAGE』2月14日(木)よりグランドファイナルのチケット発売開始!

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社CyberZ 2019年02月08日 17時03分
株式会社CyberZは、株式会社カプコン、エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社AbemaTVのゲーム専門チャンネル「ウルトラゲームス」と合同で開催する、「カプコン『ストリートファイターリーグ powered by RAGE』のグランドファイナルのチケットを2月14日より発売することを発表いたします。グランドファイナルの開催は2019年3月21日(木・祝)で、会場は秋葉原UDX アキバ・スクエアとなります。

ストリートファイターリーグ powered by RAGE特設サイト: https://rage-esports.jp/league/sfv/

「カプコン『ストリートファイターリーグ powered by RAGE』」は、「エクストリームクラス」の板橋ザンギエフ選手、ウメハラ選手、ときど選手、ネモ選手、ふ~ど選手、マゴ選手のスタープレイヤー6名がチームリーダーとなり、ドラフトにて選出された「ハイクラス」、「ビギナークラス」それぞれ6名とチームを組み、計6チームで行われるカプコン公式リーグ戦です。

全10節をチーム戦で戦い、1位~3位のチームが出場するグランドファイナルで順位が決定します。
グランドファイナルの形式は上位3チームによるプレーオフトーナメントとなります。
オフライン会場にご来場いただいてのご観覧も可能となっております。(入場は有料チケット制となります)
2月2日(土)に開幕を迎え、およそ2か月間に渡るリーグの決着となる、興奮と感動の舞台となっております。

また最終順位に応じて、一般社団法人eスポーツ連合(JeSU)から発行される「ストリートファイターV」プロライセンスを持つスタープレイヤーには総額5,000,000円の賞金が授与されます。「ハイクラス」「ビギナークラス」のプレイヤーにはその順位により本リーグ運営チームより特別な記念品を贈呈させて頂きます。グランドファイナルでは表彰式も行います。

『カプコン ストリートファイターリーグ powered by RAGE』 GRAND FINAL S 概要
6チームが第1節~第10節まで戦った後に、上位3チームによるプレーオフトーナメントを行います

日時:3月21日(木・祝) ※時間は変更になる可能性があります
開場:13時00分 予定
開演:13時30分 予定
終演:19時00分 予定
会場:秋葉原UDX・アキバスクエア( http://udx.jp/access/

【チケット販売概要】
発売開始:2月14日(木)11:00~(予定)

プレミアムチケット(指定席):9,259円(税抜)
プレミアムチケット特典:プレミアムパーカー(購入特典)+オリジナルロゴステッカー(来場特典)

レギュラーチケット:2,778円(税抜)
レギュラーチケット特典:オリジナルロゴステッカー(来場特典)

チケット販売URL: https://t.livepocket.jp/e/sfl_grandfinals

※ご入場いただける人数に限りがございます。事前の告知なく販売を締め切らせていただく場合がございますので、予めご了承ください。


「エクストリームクラス」
一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)から発行される「ストリートファイターV」プロライセンスを持っているトッププレイヤーの中から選ばれた6名。
「ハイクラス」
2019年3月31日時点で満22歳以下かつ下記のいずれか1つ以上の条件を満たす方。
・応募時点で「ストV AE」LP7,500以上 
・CAPCOM Pro Tour公式グローバルランキングポイント1以上
・ルーキーズキャラバン2018各地区大会TOP8以上 ※プロライセンス非所持の方に限る
「ビギナークラス」
これから「ストリートファイターV アーケードエディション」に真剣に取り組む方。
・面接、実技によるオーディション選考を勝ち上がった方

■ストリートファイターVについて
「ストリートファイター」シリーズは、1987年に業務用ゲーム機として第1作目を発売後、1991年発売の『ストリートファイターII』において大ヒットを記録しました。革新的な対戦システムが話題を呼び、家庭用ゲームソフトでは全世界でシリーズ累計 4,200万本(2018年12月末日時点)の出荷を誇るなど、対戦格闘ゲームというジャンルを確立し、登場から 30年経た今なお世界中で人気を博しており、eスポーツにおける格闘ゲーム分野を牽引するタイトルとなっています。「ストリートファイター」シリーズ史上初の、「PlayStation(R)4」ユーザーと PC ユーザーが対戦できる「クロスプラットフォーム」プレイの導入を実現しております。 http://www.capcom.co.jp/sfv/
(C)CAPCOM U.S.A., INC. 2016, 2018 ALL RIGHTS RESERVED.

■株式会社カプコンについて
1983年の創業以来、ゲームエンタ-テインメント分野において数多くのヒット商品を創出するリーディングカンパニー。代表作として、「バイオハザード」、「ストリートファイター」、「ロックマン」、「モンスターハンター」、「デビル メイ クライ」などのシリーズタイトルを保有しています。
本社は大阪にあり、米国、イギリス、ドイツ、フランス、香港および韓国に海外子会社があります。
http://www.capcom.co.jp/

■ゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」

ゲーム実況やオリジナル番組、eスポーツ大会の配信が楽しめる、ゲーム動画プラットフォームです。
WEB: https://www.openrec.tv/
App Store: https://itunes.apple.com/jp/app/openrec.tv-gemu-shi-kuang/id912776162
Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.cyber_z.openrecviewapp
Amazon Androidアプリストア: https://www.amazon.co.jp/dp/B01N0CMW5N/
公式Twitter: https://twitter.com/OPENREC
公式Facebook: https://www.facebook.com/OPENREC-1692687687630301/

■RAGE について

「RAGE」とは、株式会社CyberZとエイベックス・エンタテインメント株式会社が年間を通して運営する、複数ジャンルのゲーム最強王者を決める「次世代型eスポーツ大会」です。これまで、「Vainglory」(Super Evil Megacorp社)、「ストリートファイターV」(株式会社カプコン)、「ウイニングイレブン 2017」(株式会社コナミデジタルエンタテインメント)、「Shadowverse」(株式会社Cygames)を競技タイトルとして採用しています。決勝大会では、それぞれの予選大会を勝ち進んできたプレイヤーが一堂に会し、各タイトルの王者を目指し熱い闘いを繰り広げます。
公式サイト: https://rage-esports.jp/
公式Twitter: https://twitter.com/eSports_RAGE
公式Facebook: https://www.facebook.com/eSportsRAGE/

CyberZ について http://cyber-z.co.jp/
スマートフォンに特化した広告マーケティング会社として2009年に設立しました。サンフランシスコ、韓国、台湾支社をはじめ全世界対応で広告主のマーケティング支援をしております。当社が提供するスマートフォン広告ソリューションツール「Force Operation X」は、2011年2月に国内で初めてスマホアプリ向け広告効果計測を実現し、Facebook社の「Facebook Marketing Partners」や、Twitter社公式プログラム「Twitter Official Partners for MACT」に認定されております。また、メディア事業においてはゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」運営しており、2015年からeスポーツ大会「RAGE」を日本国内にて運営しております。

■会社概要
社名株式会社CyberZ
東京本社東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティ16階
代表者代表取締役社長 山内隆裕
事業内容スマートフォン広告事業、スマートフォンメディア事業、e-sports事業
URL http://cyber-z.co.jp/

■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社CyberZ広報担当:北村
E-mail: press@cyber-z.co.jpTel:03-5459-6276Fax:03-5428-2318
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「株式会社CyberZ」の新着記事

「ゲーム・おもちゃ」の新着記事

「イベント・セミナー」の新着記事

「ゲーム・おもちゃ」のランキング

「イベント・セミナー」のランキング

ページ上部へ