ビジネス・経済

『#006 TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition』 都会の中の公園「Ginza Sony Park」でアートブックとの出会いや魅力を楽しめる1ヶ月

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニー企業株式会社 2019年02月12日 13時04分
次回の実験的プログラム第6弾 『#006 TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition』 は、3月8日(金)からスタートします。TOKYO ART BOOK FAIRとして初めて、銀座の街で1カ月にわたって開催するアートブックフェアです。毎週末には、出展者が来場者と直接コミュニケーションをとりながら印刷物の魅力を伝える「Exhibitor Booth(出展者ブース)」が並びます。さらに、平日にはフェア初となる「Art Book Vending Machine(アートブック販売機)」が登場、国内外の個性豊かなアートブックやZINE を展示販売する「ZINE’S MATE SHOP」も開催します。
都会の中の公園で、アートブックとの出会いや魅力をお楽しみください。

<Ginza Sony Park 第6弾プログラム>
#006 TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition 


■Exhibitor Booth
開催場所:地下2階~3階
開催日時:土曜 12:00~20:00 日曜 10:00~20:00  ※3月9日(土)のみ10:00~20:00
 

期間中の毎週末には、国内外の出版社、ギャラリー、書店、アーティストが、それぞれのテーブルで、来場者と直接コミュニケーションをとりながら印刷物の魅力を伝える「Exhibitor Booth(出展者ブース)」が並びます。25~30組の出展者が毎週入れ替わるため、5回の週末ごとに異なるラインナップとなります。
出展者一覧: https://tokyoartbookfair.com/ge_exhibitors/


■Art Book Vending Machine
開催場所:地下2階
開催日時:平日 10:00~20:00  ※3月11日(月)より開催 
参加料:500円、または持参したアートブック1冊


平日のみ登場する「Art Book Vending Machine(アートブック販売機)」には、週末のブース出展者より「出展料」として10冊ずつ集めた約1500冊を超えるアートブックがストックされています。
全長12メートルの販売機でキーワードを選ぶと、それに紐づく一冊が受け取り口から出てきます。アートブックとの偶然の出会いをお楽しみください。
※参加料として提供いただいたアートブックは、販売機にストックされ、参加者に再提供される可能性があります。内容や状態によっては参加料として受け付けられない場合があります。
 


■ZINE’S MATE SHOP
開催場所: 地下2階
開催時間: 10:00~20:00


公募からTOKYO ART BOOK FAIRがセレクトする、国内外の個性豊かなアートブックやZINE を展示販売します。フェアが設立された2009年から2015 年まで毎年開催していた人気コンテンツの久々の復活です。一般書店には流通していないアートブックが数多く並ぶ「ZINE’ S MATE SHOP」は、新しい才能との出会いの場を提供します。


■EXHIBITIONS
開催場所: 地下2階
開催時間: 10:00~20:00


期間中、国内外の作家による4つの展覧会を開催します。
展示内容は各期間により異なるため、何度訪れても新しい出会いを提供します。
EXHIBITIONS詳細: https://tokyoartbookfair.com/ge_exhibitions/(※2月15日(金)公開予定)


Exhibition 1 | Daniel Shea & OK-RM
展示名: Ex Nihilo
開催期間: 3月8日(金)~3月17日(日)

イギリスを拠点とするデザインユニット「OK-RM」と、アメリカ人フォトグラファー、ダニエル・シェア(Daniel Shea)によるコラボレーションプロジェクト『Ex Nihilo』の展覧会を開催します。

 


Exhibition 2 | 河井美咲 MISAKI KAWAI
展示名: EXHIBITION(仮)
開催期間: 3月18日(月)~3月24日(日)

ドローイング、ペインティング、巨大な立体作品、陶芸など様々な媒体で、一目で彼女とわかるポップネスを爆発させるアーティスト、河井美咲の作品を展示します。
 


Exhibition 3|ホンマタカシ
展示名: Every Building on the Ginza Street
開催期間: 3月25日(月)~3月31日(日)

写真家ホンマタカシによる、「Every Building on the Ginza Street」を開催します。本シリーズは、アメリカ出身のアーティスト、エド・ルシェが1960年代以降に発表したアーティストブックへのオマージュシリーズ第9弾となります。


Exhibition 4 | Miranda July
展示名: 「Love Bucks」(仮)
開催期間: 4月1日(月)~4月7日(日)

映画監督、小説家、アーティストなど、多方面で活躍するミランダ・ジュライによる「友情」をテーマにした「Love Bucks」展を開催します。


■EVENTS
開催場所: 地下2階~3階


2週目の週末には、印刷・加工など本作りに携わるプロフェッショナルが集う企画「Printer Section」があるほか、展覧会や出展者に関連するワークショップ、トークショー、サイン会などさまざまなイベントを開催予定です。


【#006 TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition 開催概要】

開催期間: 2019年3月8日(金)~4月7日(日) 
開催時間: 10:00~20:00 ※3月8日(金)は17:00~21:00の開催となります。
会場: Ginza Sony Park 地下2階~3階
入場料  : 無料 
※混雑時は入場規制をかける可能性がありますので、予めご了承ください。
※開催内容は予告なく変更となる場合があります。
Webサイト: https://tokyoartbookfair.com/ginzasonypark/

主催: TOKYO ART BOOK FAIR / Ginza Sony Park


●TOKYO ART BOOK FAIRとは

TOKYO ART BOOK FAIRは、2009年にスタートしたアート出版に特化した日本で初めてのブックフェアです。
年に一度のペースで開催し、個性豊かなアートブック、カタログ、アーティストブック、そしてZINEなどを出版するアーティストや出版社が一同に集結する場所として着実に成長し、アジアで最大規模のアートブックフェアとなっています。毎回、国内外の出版社やギャラリー、アーティストら約350組が出展、2万人以上の方にご来場いただいています。
先進的なブックメイキングを続けるアーティストや出版社が作る魅力的な出版物で彩られたブースのほか、特別展、トーク、スクリーニングなどさまざまなイベントを会期中に開催しています。TOKYO ART BOOK FAIR は、アジアにおけるアートブック文化を牽引するフェアになることを目指し、ユニークな進化を続けるアートブックの世界観を体感することができる機会を創出しています。

Webサイト: https://tokyoartbookfair.com/
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ソニー企業株式会社」の新着記事

「ビジネス・経済」の新着記事

「イベント・セミナー」の新着記事

「ビジネス・経済」のランキング

「イベント・セミナー」のランキング

ページ上部へ