ビジネス・経済

特許取得 リフォーム業界初 タブレット端末を使って写真撮影するだけ AIで、介護リフォーム工事の見積り作成が瞬時に 3月6日~8日「フランチャイズショー 2019」出展

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ユニバーサルスペース 2019年02月26日 10時31分

介護向け住宅リフォーム事業を行う株式会社ユニバーサルスペース(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:遠藤 哉)は、3月6〜8日に東京ビッグサイトで開催される「フランチャイズ・ショー 2019」のブースにて、AIを使って介護リフォーム工事の見積りが瞬時にできるアプリケーションシステムの体験会を実施いたします。


AIアプリで見積り作成の様子


本システム(名称:『FUSII』(特許第6391206号))は、介護リフォーム工事の見積り作成と施工イメージが確認でき、リフォーム業界では初となる取り組みです。



■ニーズが高まる介護リフォーム AIアプリで、作業の大幅な簡易化・効率化へ

日本は超高齢化社会となる中で、自宅を安全な環境にするための手すりの取付けや段差解消を行う介護リフォームの需要自体は増えてきています。しかし、施工に関する手続きが煩雑で浸透していない状況があります。

当社は、40,000件を越える工事実績をもとに、リフォームの業界では初となるアプリを自社開発。昨年11月にリリースしました。タブレット端末のカメラを使用して手すりの取り付けなどのリフォームを希望する箇所を撮影することで、クラウド上の管理システムと連携され見積りを作成。内容に問題がなければ、その場で工事の契約締結が可能となります。これらにより、通常1カ月以上かかる工事をおよそ2週間に短縮できます。



■体験可能 シニアが改善を求める“トイレ”で手すりの設置に挑戦

今回、フランチャイズショーのブースにてこちらのアプリの体験会を開催します。実際にオーダーの多い施工現場(トイレ)を再現し、タブレットに触れていただき、見積り作成や手すりの取り付け予測などを体験していただきます。また、代表の遠藤より在宅介護の実態をはじめ、介護リフォームについてもお話いたします。


~フランチャイズショー 2019の概要(体験会)~

日時  :2019年3月6日(水)~8日(金)10:00~17:00(最終日のみ16:30終了)

     報道受付開始 10:00~

会場  :東京ビッグサイト 西3・4ホール(東京都江東区有明3丁目11-1)

来場方法:無料

     ※当日、総合受付にて名刺をお渡しください、

      事前の登録は必要ありません。

ブース :西4ホール FC0404ブース

     (実際に撮影して見積り作成するまでの体験ができます。)


※駐車場はビッグサイト備え付けのものをご利用ください。

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「株式会社ユニバーサルスペース」の新着記事

「ビジネス・経済」の新着記事

「新商品・新サービス」の新着記事

「ビジネス・経済」のランキング

「新商品・新サービス」のランキング

ページ上部へ