グルメ・フード

公園産のはちみつを使った「Honey Drops~新杉田公園のはちみつ飴~」新発売!(横浜市 新杉田公園)

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
西武造園株式会社 2019年03月13日 14時05分

新杉田公園のはちみつ飴
新杉田公園のはちみつ飴

西武グループ企業であり、横浜エリアで事業展開する横浜緑地株式会社は、横浜市 新杉田公園の指定管理者として管理運営を行っています。
2018年より、公園での『みつばち』飼育を通じて、来園者の方々に地域の自然環境に興味を持っていただくため、西武造園グループのオリジナル環境教育プログラム『はち育』を開始しました。

公園オリジナル商品として新発売した 「Honey Drops~新杉田公園のはちみつ飴~」 は、『はち育』事業を通じて公園で収穫したはちみつを使用した商品です。

横浜市新杉田公園  http://www.kanagawaparks.com/shinsugita/
環境教育プログラム「はち育」  http://www.seibu-la.co.jp/technology/hachiiku.html
 

  • 商品情報

新杉田公園のはちみつ飴
新杉田公園のはちみつ飴

商品名:
Honey Drops~新杉田公園のはちみつ飴~

新杉田公園のはちみつ飴
新杉田公園のはちみつ飴

【価格】400円(税込)
【容量】1袋 100g
【発売日】2019年2月24日より公園で販売開始
※2018年に公園で収穫したはちみつを使用

【パッケージについて】
公園内の施設であるドッグランをイメージした、かわいい犬と、みつばち・花のイラストを使った、公園オリジナルのパッケージデザインです。

 

【販売場所】
・横浜市新杉田公園(受付時間 9:00~17:00)
住所神奈川県横浜市磯子区杉田5-32
http://www.kanagawaparks.com/shinsugita/

・神奈川県立三ツ池公園(受付時間 8:30~17:00)
神奈川県横浜市鶴見区三ツ池公園1-1
http://www.kanagawaparks.com/mitsuike/

※その他、横浜市磯子区周辺の施設等でも販売予定です。
 
  • オリジナルの環境教育プログラム『はち育』とは

はち育(R)ロゴマーク
はち育(R)ロゴマーク

~みつばちを通じて地域を育む地域と育つ~
みつばちの行動範囲は半径約2~3kmであり、その範囲の中に咲いている花から蜜を集めます。みつばちが集めた蜜から出来たはちみつは、その地域の植生や花の種類・季節によって味が異なるため、「味覚」を通じて地域のみどりをより身近に実感できます。 

西武造園グループ(※)のオリジナル環境教育プログラム『はち育』は、公園内でみつばちを飼育し、みつばちの特性を活かした環境教育プログラムを実施するとともに、採蜜したはちみつによる商品開発等の地域連携の促進や地域振興を図るための事業です。2013年度より、西武造園グループが管理運営する公園等で『はち育』を展開しています。

『はち育』について:
http://www.seibu-la.co.jp/technology/hachiiku.html

※「西武造園グループ」とは西武造園株式会社、西武緑化管理株式会社、横浜緑地株式会社の3社を指します。

 


 

  • 横浜市新杉田公園での『はち育』活動
2018年より公園内に巣箱を設置し、公園スタッフがみつばちの飼育管理を行なっています。
約30,000匹のみつばち(2群)を飼育しており、地元NPO団体や養蜂家と共同で管理しています。
「Honey Drops~新杉田公園のはちみつ飴~」には、公園内のみつばちの巣箱から収穫した『はちみつ』を使用しています。

※通常1群には10,000~30,000匹のみつばちが住み、季節により数が変わってくることから1群=15,000匹として算出しています。
 

公園スタッフがみつばちを飼育管理
公園スタッフがみつばちを飼育管理

飼育場所については、安全のため一般来園者には非公開としていますが、近隣の小学校に公園スタッフが出向き、生徒たちに「みつばちの生態」などをテーマにした出張型の環境教育プログラムも実施しています。
 

横浜市内の小学校で実施した出張型みつばち講座
横浜市内の小学校で実施した出張型みつばち講座

今後も、公園での取り組みを通じて、地域の自然環境について興味をもっていただくことを目的としたイベント等を展開していきます。
 
  • 横浜市新杉田公園 概要

横浜市新杉田公園は、軟式野球、少年軟式野球、ソフトボール(1面)、テニスコート(4面)が整備された地区公園です。スポーツ施設利用者は休日の野球場利用者、テニスコート利用者などが年間を通じて多く、ナイター設備もあります。住宅地と工業地の緩衝緑地として、公園の緑やオープンスペースが重要な役割を担っています。

 

公園の周辺には、公共施設である南部地域療育センター、磯子区スポーツセンターが隣接しています。遠足、校外学習のほか、近隣の高齢者や親子連れが来園し、芝生広場や遊具の利用が多いのが特徴です。区民大会などの利用も行われています。

 

所在地:神奈川県横浜市磯子区杉田5-32

入園料:無料
※一部有料施設があります

開園時間:終日開放

アクセス:
JR京浜東北・根岸線、金沢シーサイドライン「新杉田駅」下車、徒歩10分。
京浜急行本線「杉田駅」下車 徒歩15分。

 

 
  • 商品などに関するお問い合わせ先
・横浜市 新杉田公園
住所:神奈川県横浜市磯子区杉田5-32
TEL:045-776-3313(公園内レストハウス)
http://www.kanagawaparks.com/shinsugita/
指定管理者:新杉田スマイリングパートナー
(代表企業:横浜緑地株式会社、構成企業:アライグリーン株式会社)

・横浜緑地株式会社
住所:神奈川県横浜市磯子区杉田4丁目5番10号
TEL:045-771-2242
http://www.yokohamaryokuchi.co.jp/
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「西武造園株式会社」の新着記事

「グルメ・フード」の新着記事

「新商品・新サービス」の新着記事

「グルメ・フード」のランキング

「新商品・新サービス」のランキング

ページ上部へ