エンタメ・芸能

【ブッコミ】<SNSに関する意識調査>アラサー女性の半数以上が友だちのSNSにイラっ!そのうち7割以上が今話題の「匂わせSNS」にイライラ!

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社BookLive 2019年03月14日 12時06分

凸版印刷株式会社のグループ会社である、株式会社BookLive(本社:東京都港区・代表取締役社長:淡野 正・以下、当社)は、電子コミック配信サービス「BookLive!コミック」において、オリジナルマンガレーベル『NINO』の大人気作品であるSNSシリーズの第3弾、『SNSに暴かれる女たち』を3月14日(木)から配信開始します。
この『SNSに暴かれる女たち』の配信開始に際して、25歳から34歳の女性を対象に3月におこなった<SNSに関する意識調査>の結果を発表いたします。
意識調査ではアラサー女性たちがSNSでリアルに遭遇する「匂わせ」の実態や、イラっとするシーンが明らかになりました

 

 

【アンケート調査概要】
調査タイトル:SNSに関する意識調査
調査期間:2019年3月1日(金)~3月3日(日)
調査方法:BookLive!コミック会員を対象にメールでアンケート回答
調査対象:BookLive!コミック会員(25歳から34歳の女性)
回答数:227名
※本調査を使用する際は<「BookLive!コミック調べ」>とご記載ください。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【調査サマリー】
・普段使っているSNSは、1位がLINE、2位Twitter、3位はInstagram
・アラサー女性の半数以上(57.3%)が友だちのSNS にイラっとした経験あり
・そのうちなんと73.9%もの女性がいわゆる「匂わせ投稿」にイラっとした経験があると判明!
・よく見かける匂わせ投稿のテクニック1位「カフェなどでの相手の食事写り込み」(42.8%)、2位「ごはん越しのペア食器」(32.6%)、3位「(男性らしき)手の写り込み」(31.0%)
・そのほかエアリプ(26.2%)や裏アカ投稿(24.8%)に遭遇したことがある人も
・SNSにハマりすぎて危ない行動をしている人の目撃談も多数
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■SNS利用の実態
Q普段使っているSNS はなんですか?

「LINE」がもっとも多く96.9%の人が使っていると回答。次いで「Twitter」が65.2%、「Instagram」56.4%、「Facebook」50.7%という結果が出ました。

■SNSでのイラっと経験は?
Q友だちのSNS にイラっとした経験はありますか?

全体の57.3%の人が「友だちのSNSにイラっとした経験がある」と回答。
具体的な理由としてはSNSに許可なく写真を上げたり、撮影に夢中で料理を食べさせてくれない、
病んでるアピールがイラっとする等の回答が多く見られました。

【具体的なイラっとエピソード】
・一緒に撮った写真をこちらの了解なく勝手に上げたこと
・自分の料理だけ撮ればいいのに、人の料理も撮りたがるからすぐに食べられなくてイライラする
・ブラックアウトや病んでますアピールをする。かまってちゃん投稿にイラっとする


Q上記で「ある」と回答した方にお尋ねします。いわゆる「匂わせ投稿」にイラっとしたことはありますか?
※匂わせ投稿=コメントには詳細を書かず、写真の演出で「幸せな自分」をアピールするSNS投稿のこと

イラっとした経験のうち、73.9%もの人がいわゆる「匂わせ投稿」にイラっとしたことがあることが判明しました。


Q上記で「イラっとしたことがある」と回答した方にお尋ねします。
よく見かける匂わせ投稿のテクニックはなんですか?

よく見かける匂わせ投稿のテクニック1位は「カフェなどでの相手の食事写り込み」(42.8%)、2位「ごはん越しのペア食器」(32.6%)3位「(男性らしき)手の写り込み」(31.0%)であることがわかりました。
他にも高級品の写り込みといった回答もあるものの、そのほとんどは異性の存在を匂わせるものであることが判明しました。

【具体的なイラっとエピソード】
・景色のいい部屋でのペアグラスでの晩酌写真を投稿していたのに、友人からの彼氏?というコメントにはノーコメント(ハート)と返していたところ
・自宅の食事写真に2人分が写っている。彼氏出来たの?と聞いても何も答えずはぐらかす
・ゴツい手の写り込みやお洒落なレストランでご馳走していただいた、みたいな明らかな自慢


■実際遭遇したことのあるSNSでの<あるある体験>
Q SNSで実際に遭遇したことのあるものはどれですか?
※匂わせ投稿=コメントには詳細を書かず、写真の演出で「幸せな自分」をアピールするSNS投稿のこと
※エアリプ=内容的には特定の人へ向けて書いているが、あえて「@ユーザー名」をつけずにツイートすること
※裏アカ投稿=鍵をつけずに公開しているSNSでは載せられない写真や思いを投稿するサブアカウントからの投稿のこと

やはり全体としても「匂わせ投稿」が45.4%と高いものの、エアリプや裏アカ投稿の目撃も見られることが分かります。
また、SNSにハマりすぎて危ない行動をとっていたエピソードの中にも裏アカでの投稿目撃談が寄せられました。

【あなたが見かけたSNSにハマりすぎて危ない行動を取っていた人のエピソード】
・写真の加工をし過ぎて詐欺なみの美人風にしていた
・買ってもないものをいかにも自分の物のように写真に撮ってアップしていた
・裏アカで恐ろしいくらいに職場の文句


BookLiv e ! オリジナルコミック SN S に暴かれ 女たち 作品 概要≫
「あなたの事じゃないよ?」という言葉を盾に“エアリプ”を繰り返す女。
マッチングアプリで知り合った“効率”を重視し過ぎる男。
婚活パーティーで知り合った男を裏アカで“査定”し続ける女。
『SNSに暴かれる女たち』は、あなたの近くにもいるかもしれないヤバイ男女を描いた炎上オムニバス。「あー、こんな人いる」と共感しつつも、登場人物の行動に震撼すること間違いなしの本作は、BookLive!オリジナルレーベル「NINO」が手掛ける「SNSシリーズ」待望の第3弾です。
 


作品名:SNSに暴かれる女たち
作者:青咲るそう、ほの香
配信開始日:2019年3月14日(木)
価格:432円(税込)

作品URL : https://sp.handycomic.jp/product/index/title_id/10002543
レーベルURL: https://sp.handycomic.jp/focus/keisai/k_id/3415




【過去2作品へのユーザーからの声】
・周りにこんな女いすぎて面白かった!!!
・SNSでチヤホヤされて勘違いしちゃっている人この漫画に限らずリアルにも多いと思う。SNSでイイネされたいがために身の丈以上に背伸びして自滅していかないように気をつけようと思わせてくれる作品。
・3話とも違った角度でSNSトラブルを描いていて面白かったです。皆不幸になっていくスタイルかなって思って心構えをしてドキドキしながら読みました。2話目の地雷さんには、ぜひ幸せになってもらいたいなと思います。SNSはのめりこみ過ぎて自分しか見えなくなるところもあるんで怖いですねー。

【作者(青咲るそう)からのコメント】
恋人、友人、知人の人となりを知っているつもりでも、SNS上では意外な面が見えてきたりもします。些細な発見で済む場合もあれば、諍いの火種になることもあり、SNSから生まれるドラマに私自身惹きつけられながら描きました。登場するエピソードを「あるある」と身近に感じながら、楽しんで頂けますと幸いです。


BookLive ! コミック 初めてのクレジットカード月額契約で 1ヶ月目 無料キャンペーン


2019年3月14日(木)から5月31日(金)まで、電子コミック配信サービス「BookLive!コミック」において、初めてクレジットカード月額契約をいただいた方を対象に、1ヶ月目のコース月額費が無料になるキャンペーンを開始いたします。※

月額コースは324円~21,600円(税込)まで8コースから選択でき、1ヶ月目は最大21,600円分の漫画を無料でお楽しみいただけます。
※2ヶ月目の継続利用が条件となります。



キャンペーン期間:2019年3月14日(木)12時 ~5月31日(金)
キャンペーンページURL: https://sp.handycomic.jp/page/index/freetrial

-------------------------------------------------------------------------------------------------
BookLive !コミック(ブッコミ)とは?≫
BookLive!コミック(ブッコミ)は、日本初の携帯向けマンガ配信を2003年から開始し、今年で15周年の老舗マンガサイトです。
人気作から隠れた名作まで、100万冊以上の品揃え!また、常時無料で試し読みできる作品を140,000作品以上ご用意しています。とってもお得なポイント還元に加え、無料作品や値引き作品など、楽しいキャンペーンも毎日開催中です。スマートフォンで、タブレットで、パソコンで、いつでも何度でも、お好きなマンガを好きなだけ楽しむことができます。

≪『おもしろい作品がある電子書籍ストアNo.1』を獲得≫


2018年10月に、「電子書籍・電子コミックに関する調査」(実査委託先:ESP総研)において、「おもしろい作品がある電子書籍ストアNo.1」の部門で第1位を獲得しました。※1

※1 アンケート名称:電子書籍・電子コミックに関する調査2018年10月度調査 /実査委託先:ESP総研/対象:20~35歳男性
-------------------------------------------------------------------------------------------------
【株式会社BookLiveについて】
BookLiveは、「新しい価値を創造することで、楽しいをかたちにする」を企業理念とし、電子書籍ビジネスを担う企業として設立されました。読者の利便性を最優先に、「いつでも、どこでも、だれにでも、簡単に本が読める環境」の実現を目指し、事業を展開しています。また、設立以来、業界を牽引する様々な企業と連携し、新たなビジネスモデルを創出するなど、電子書籍の新たな可能性の探求を続けています。
URL: https://www.booklive.co.jp/


本文中に記載されている会社名、サービス名及び製品名等は各社の登録商標または商標です。
 
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「株式会社BookLive」の新着記事

「エンタメ・芸能」の新着記事

「調査報告・レポート」の新着記事

「エンタメ・芸能」のランキング

「調査報告・レポート」のランキング

ページ上部へ