旅行・レジャー

「HASHIWATASHIプロジェクト」プロデュース支援事業『江の川流域アドベンチャーツーリズム プロジェクト』

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「HASHIWATASHIプロジェクト」事務局 2019年03月15日 17時09分
「HASHIWATASHI プロジェクト」は、甚大な被害をもたらした昨年(平成30年)7月の西日本豪雨の被災地域の復興を目的とし、「専門家派遣」「外国人モニター募集」「プロデュース支援」の3事業を通して、地域資源(地域産品・サービス等)の魅力を発信していくプロジェクトです。

石見銀山や石見神楽といった観光スポットが代表される江の川流域エリアでは、7月の豪雨により戦後2番目の水位を記録するなど床上床下浸水被害や堤防被害を受けました。この災害により、石見銀山への2018年の観光客数は前年比24.2%減と、世界遺産登録後最低の数字を記録。また、近隣のJR芸備線の鉄橋が落ちたことで、広島からの交通手段が断たれてしまい、観光客数が大きく落ち込むなどダメージを与えています。

この状況を改善すべく、自然と観光資源をて島根県を中心とした地域の企画・プロデュースの専門家である肥後淳平 氏を招聘。江の川流域エリアの自然と観光資源を活かして、インバウンド客を誘致するための商品を造成し、広島県と島根県を結ぶ新たな広域観光産業を創出する『江の川流域アドベンチャー・ツーリズムプロジェクト』を立ち上げます。江の川流域エリアを世界有数のアドベンチャー・ツーリズムの聖地とすべく、商品造成や販売に向けた磨き上げを実施。同プロジェクトによってプロデュースされた『江の川ウォーキングツアー』を、“地域と世界を結びつける地域商社“として観光と物産の振興を支援しているHeartland JAPANにて販売開始いたしました。
 
  • 「江の川流域アドベンチャー・ツーリズムプロジェクト」概要
江の川流域周辺は、神楽(かぐら)や石見銀山、出雲大社など神話の世界から続く「文化」や「信仰」とそれを生み出してきた「自然」が融合した独特の観光資源を有しています。一般に「アドベンチャーツーリズム」は欧米豪の富裕層に関心の高いコンテンツとなっていますが、今回、江の川流域にて「日本の精神的・文化的な礎(ルーツ)」を辿るツアーを組み立て、当該エリアをアドベンチャーツーリズムの聖地とし、継続的に広域観光を推進していくことで、観光客回復や風評被害払拭を図ることを目的として活動するプロジェクトです。

肥後淳平 氏プロデュースのもと、18年12月より活動を開始。12月から19年1月にかけて、現地調査や文献調査が進め、欧米豪のターゲットに刺さる観光資源をピックアップし、関係者へのヒヤリング等をベースにモデルルートを開発。2月には商品化に向けて磨きをかけるために、インバウンド専門家を招いて2泊3日のブートキャンプ(合宿型勉強会)や、アドベンチャー・ツーリズムを扱う欧米豪の旅行会社6社を招いての視察を実施し、今回商品化に至りました。

≪ 江の川ウォーキングツアー 概要 ≫
■販売期間 :2018年3月8日(金)~
■旅行代金 :333,345円(税込)
■催行人数 :6-12人
■訪問地
出雲大社(参拝・周辺散策) /稲佐の浜 /奥出雲たたらと刀剣館(日本刀鍛錬実演・体験) /石見銀山
やきものの里(焼物体験) / 温泉津沖泊 /龍御前神社(夜神楽鑑賞) / 小林工房(面づくり体験)
江津本町甍街道温泉リゾート風の国(和紙体験) /カヌーの里(カヌー体験) /江川太鼓練習場(太鼓見学・体験)長江寺(座禅・写経体験) / 池月酒造(阿須那) /神谷(日本の棚田百選) /羽須美町川角
雪田神楽社中(見学・体験) /邑南町上田・平佐集落 / 玉櫻酒造 / 三次(鵜飼見学) /日本妖怪博物館

■ツアー販売: https://heartlandjapan.com/itinerary/izumo-iwami-ginzan-gonokawa-river-trail/
≪公式HP≫
日本語版: https://heartlandjapan.jp/ja/・ 英語版: https://heartlandjapan.com/

 

  • 江の川ウォーキングツアー 詳細

 

 

  • 江の川ウォーキングツアー イメージ

左上から:奥出雲たたらと刀剣館訪問(1日目・午後)
石見銀山街道ウォーキング2.(4日目・午前)
三次の辻村寿三郎人形館での人形舞鑑賞(7日目・午前)

左下から:羽須美の雪田神楽社中 の神楽練習見学(5日目・午後)
邑南町上田/平佐集落での棚田ウォーキング(6日目・午前)
川本での江川太鼓の体験(4日目・午後)

 
  • プロデューサー情報

株式会社エブリプラン常務取締役 地域政策部長
肥後 淳平(ひご じゅんぺい)
2001年 千葉大学園芸学部緑地環境学科卒業
同年 4月 株式会社エブリプラン 入社
以後、島根県を中心に中国地方において、地方自治体の環境・まちづくり・産業振興に関する計画立案のほか、官民連携による新たなプロジェクトの立ち上げ・運営支援等に従事。2018年3月末に廃線となったJR三江線に関し、廃線後の鉄道資産を活用した地域振興の推進に向け、関係機関とともに「さくらラインDMO準備室」を設立し、行政機関と連動し、広域観光事業を推進中。技術士(建設部門:都市及び地方計画)。


 
  • HASHIWATASHI プロジェクトとは

 

「HASHIWATASHI プロジェクト」は、甚大な被害をもたらした昨年(平成30年)7月の西日本豪雨の被災地域の復興を目的とし、地域資源(地域産品・サービス等)の魅力を発信するプロジェクトです。 各地の魅力を日本国内はもちろん、国外にも広く発信し、旅行者と生活者を笑顔でつなぐ経済産業省の委託事業です。
特設ページURL: https://hashiwatashiproject.jp/

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「「HASHIWATASHIプロジェクト」事務局」の新着記事

「旅行・レジャー」の新着記事

「新商品・新サービス」の新着記事

「旅行・レジャー」のランキング

「新商品・新サービス」のランキング

ページ上部へ