ゲーム・おもちゃ

“食べ”出したら止まらない「しみチョココーン」と“食べる”キャラクター「パックマン」が期間限定コラボ! 「しみチョココーン×パックマン」コラボパッケージ 5月5日(日)発売

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ギンビス 2019年04月12日 10時06分



■共通点が多い「しみチョココーン」と「パックマン」が、期間限定でコラボ!

「しみチョココーン×パックマン コラボパッケージ」(全3種類)は、 ギンビスの設立89周年(5月5日)と 、バンダイナムコエンターテインメントの人気ゲームキャラクター 「パックマン」の誕生日(5月22日)を記念して、期間限定で発売 するものです。また、しみチョココーンとパックマンが“食べる”ことに関係していることや、イメージカラーがどちらもイエローであることなど 親和性が高いことから、今回のコラボが実現 しました。
パッケージは、パックマンが「しみチョココーン」を食べる姿を描いたものや、ゲームステージモチーフのものなど全3種類。 お子さまだけでなく、パックマンになじみの深いお父さん・お母さん世代や、ゲームファンの方にもお楽しみいただける ものに仕上がりました。
さらに、 今回のコラボを記念してSNSキャンペーンも実施 します。詳細は、今後ギンビス公式Twitterアカウントまたは特設サイトで発表予定ですので、お見逃しなく。
これまでも多くのお客様に愛されてきたしみチョココーンは、発売から40年近く経った今でも世界中で人気を博す「パックマン」とのコラボをきっかけに、ゲームが好きな層や男性層にもより広い認知を獲得してまいりたいと考えています。
しみチョココーン×パックマン コラボパッケージ 特設サイト: http://www.ginbis.co.jp/shimichocoxpacman


■あなたが一番好きなパッケージはどれ? 期間限定パッケージは全部で3種類!!

「しみチョココーン×パックマン コラボパッケージ」は全部で3種類。いずれも、通常のパッケージのテイストは残しつつ、パックマンの世界観とドット絵の独特な雰囲気を表現しました。パックマンがしみチョココーンをパクパクと食べる様子や、今回だけのドット絵風ロゴなど、細部にまでこだわっています。ぜひ、お気に入りのパッケージを見つけてみてください。

<ラインナップ>

パッケージA


パッケージB


パッケージC



<パッケージAについて>
パックマンとゴースト達、しみチョココーンが隙間なく載っているのはパッケージAです。

Point1について: いつものしみチョココーンのロゴがドット絵に! パックマンとゴースト達があしらわれているロゴは、この期間だけしか見られません。
Point2について: パッケージに描かれているしみチョココーンの中には、ドット絵になっているものも。これも、今回だけのオリジナルデザインです。


<パッケージBについて>
パックマンとゴースト達が大きく載っているインパクト大なパッケージがパッケージBです。

Point1について: リアルなしみチョココーンをパクパク食べるパックマンが目を引くパッケージとなっています。


<パッケージCについて>
いつもと一目見て違う、パックマンのゲームが再現されているのはパッケージCです。

Point1について: 「SCORE 70G」には、しみチョココーンの内容量である70gの意味を込めています。
Point2について: 「BIRTH DAY 19300505」は、ギンビス設立記念日である1930年5月5日を意味しています。


◆コラボ商品概要

商品名:しみチョココーン×パックマン コラボパッケージ(全3種)
発売日:2019年5月5日(日・祝) ※3ヶ月限定
価格:120円(税別)
内容量:70g
販売店:全国のコンビニエンスストア、スーパー、ドラッグストア等 ※期間限定
■特設サイト: http://www.ginbis.co.jp/shimichocoxpacman


<しみチョココーンについて>

2003年11月に発売を開始した「しみチョココーン」は、可愛い星型のスナックにチョコがたっぷりしみこんだ、サクサクの食感のお菓子です。材料自体にチョコレートをしみこませることで、チョコレートが溶けやすい夏場でも流通可能な「含浸製法」を業界に先駆けて導入。発売から15年以上経った今でも多くのお客さまから愛される、ギンビスのロングセラー商品です。


<パックマンについて>

「パックマン」は1980年にバンダイナムコエンターテインメント(当時ナムコ)から発表されたビデオゲームです。日本だけではなく世界中で大ヒットとなった、日本を代表するビデオゲーム、キャラクターです。
現在でも、家庭用ゲーム機、スマートフォン、ゲームセンターなどで、様々なサービスを展開しており、今もなお世界中の人から愛され続けています。

 PAC-MAN(TM)&(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「株式会社ギンビス」の新着記事

「ゲーム・おもちゃ」の新着記事

「新商品・新サービス」の新着記事

「ゲーム・おもちゃ」のランキング

「新商品・新サービス」のランキング

ページ上部へ