ビジネス・経済

キャリアのプロが、本気であなたのキャリア形成を支援。55分から専門家とミーティングできる『キャリア戦略会議』β版が開始! 日本最大級の相談プラットフォーム『ボイスマルシェ』の運営ノウハウをもとに。

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社バーニャカウダ 2019年04月20日 18時34分


女性専用のオンライン相談プラットフォーム『ボイスマルシェ』を創業・運営する株式会社バーニャカウダ(所在:東京都品川区、代表:古川 亮、以下「バーニャカウダ」)は、個人向けの相談プラットフォームを創業、約7年間運営したノウハウをもとに、男性も利用可能な「キャリア相談サービス」として、別ブランド『キャリア戦略会議』のベータ版を開始します。

▼ 『キャリア戦略会議』とは
『キャリア戦略会議』とは、申込者のキャリア形成の課題や志向に合わせて、一緒にキャリア戦略をつくってくれるキャリア支援のプロをマッチング。プロの知見と助言が凝縮したマンツーマンの対話型セッション「キャリアミーティング」を1回55分ごとに予約・購入できるサービスです。人生100年時代、多様化する社会のなかで、「あなたには、あなたの戦い方がある」をテーマに一人一人に最適なキャリア形成支援をしていきます。
 


▼どんなキャリア選択でも、あなたの味方
キャリアコンサルティングやキャリアカウンセリング、コーチングなどのマンツーマンの対話型のキャリア支援の個人利用は、日本においてはまだ成長途中といえます。「過去にこれらを受けたことがある」という方でも、転職エージェントや所属企業内の研修で経験した方がほとんどです。転職エージェントでは、キャリア選択は「転職」に絞られ、企業内研修では「自社内のキャリア形成」がテーマです。つまり、中立的な立場で、相談者の状況や意思を最大限に考慮したかたちで、多様なキャリアの選択肢に応えられる「キャリア相談」サービスは少なく、バーニャカウダが運営する『ボイスマルシェ』は女性専用のため、男性の利用ニーズには応えられていませんでした。
『キャリ戦略会議』は、キャリアの選択肢を大きく4分類に分け、どのキャリアの選択肢であっても、キャリアのプロはあなたの味方として全力でアドバイスします。

<キャリア選択の大きな4分類>
(1) 現職でキャリアアップを目指す(副業の有無などでもさらに分類)
(2) グループ企業への転籍
(3) 他社に転職
(4) 自分で何かを始める(起業/独立/フリーランスなど。法人登記、資金調達方法、従業員雇用の有無などでさらに分類)

▼個人名で活躍する高レベルの「キャリアのプロ」が集結
『キャリア戦略会議』でマッチングするプロは、バーニャカウダが運営する『ボイスマルシェ』ですでに個人相談を実施しているプロがベースになります。人事や採用、組織活性、転職や再就職、副業や起業、独立など、プロはそれぞれキャリア領域で得意分野をもち、日々、専門知識や実際の事例のアップデートをしています。プロの知恵を借りることで、ご自身で情報収集するよりずっと早く最適解にたどり着けます。受講者からは「さすがプロ」「もっと早く相談すればよかった」という感想多数。彼女らはコーチングやキャリアカウンセリングをはじめ対人支援の対話トレーニングを積んでいるので、対話によって、申込者本人も気づいていなかった可能性や本音を引き出すことができます。

<プロの例>
例1 人事コンサルタント、転職支援コンサルタント
株式会社リクルートにて、人事や労働市場の調査研究部門からキャリアをスタート。退職後はベンチャー企業数社で勤務。経験業界はIT、メーカー、ブライダル、人材ビジネスなど。専門は人事および上場準備を含む経営企画などの管理部門。その他、法人営業、購買、生産管理、上場準備企業の監査役など幅広く経験。退職後は人材ビジネスの起業を経て、2012年より法人の人事コンサルタントと個人支援を開始。30代から40代を中心に50代前半までのキャリア構築支援を得意とする。

例2 キャリアコンサルタント(国家資格)、産業カウンセラー、NLPプロフェッショナルコーチ
株式会社和光 銀座本店での販売接客、商品開発を経て、株式会社ECC外語部門営業統括マネージャーを経験。その後タルボットジャパン株式会社にて人材開発責任者として社内全体の能力開発体系を構築。採用手法や入社者への対応を見直し、離職率を5割から2割に大きく引き下げる。 独立後は、キャリアコンサルタントとして、心理学に基づくアプローチと企業における実務経験をもとに、コミュニケーション、キャリア開発、就職・転職支援のセミナー、個別面談等でのべ38,000人を支援。「ひとりひとりの可能性を引き出し、ひとりひとりにフォーカスする」手法や姿勢はクライアントや同業のコンサルタントからも高く評価されている。

▼1年前の2018年春に、パイロットテストを実施
本サービスの開始にあたり、バーニャカウダは2018年5月・6月にパイロットテストを実施。30代~50代の現役ビジネスパーソンのキャリア上の課題のうち、国家資格キャリアコンサルタントなど、“キャリアのプロ”が介在することで課題解決や意思決定サポートなどの価値提供ができる要素を抽出。『キャリア戦略会議』におけるユーザー体験に反映させている。なお、パイロットテストにおいては、被験者の記入情報をもとに検討チームで「キャリアの専門家」をマッチングさせる手法を実施。終了後アンケートでは、マッチングに関する評価は満足という回答が100%でした。(※「大変満足」43%、「満足」57%、「不満」0%)

<パイロットテスト実施内容>
被験者はサービス検討チームの知人を中心に、クローズドで募集。年齢は20代~50代、会社員を中心とした現役ビジネスパーソンの男女。
実施期間:2018年5月17日~2018年6月23日
サンプル数:「講座」+「マンツーマンのオリエンテーション1回」+「キャリアコーチング1回」を終了した67名に対しアンケートを実施。アンケート回答数56名。


【 『キャリア戦略会議』概要 】
■キャリア戦略会議とは:課題に合わせてキャリアのプロをマッチング。プロとの1回55分の「キャリア相談(キャリアミーティングと呼びます)」ができるサービスです。
■URL: https://www.careerkaigi.jp/
■価格:予約制。1回55分で税込9760円。
(※インターネット接続環境はお客様にてご用意ください)
■利用できる人:男女ともに利用可能
■対応エリア:全国可能(キャリア相談は、オンラインビデオツールを使います)
■サービス利用手順
◇1.キャリアミーティング希望を送る
◇2.マッチング
記入内容をもとに、コーディネーターがあなたの課題解決にマッチするプロをご提案。
◇3.予約・購入
キャリアミーティングの日時を確定させ、前払いでお支払いください。クレジットカードで決済いただきます。
◇4.キャリアミーティング実施
オンラインビデオツールでお互いの顔を見ながら対話できます


【 会社概要 】
株式会社バーニャカウダ(英文社名 Bagna Cauda Co., Ltd.)
代表取締役 :古川 亮
取締役:菅野 彩子
設立:2010年1月20日
資本金:10,383万円(資本準備金を含む)
総務省 電気通信事業届出:届出番号:A-23-12211(届出年月日:平成24年1月20日)

 

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「株式会社バーニャカウダ」の新着記事

「ビジネス・経済」の新着記事

「新商品・新サービス」の新着記事

「ビジネス・経済」のランキング

「新商品・新サービス」のランキング

ページ上部へ