IT・ネット

テクニクス ダイレクトドライブターンテーブルシステム SL-1500Cを発売

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パナソニック 2019年05月13日 13時43分

テクニクス ダイレクトドライブターンテーブルシステム「SL-1500C」
テクニクス ダイレクトドライブターンテーブルシステム「SL-1500C」

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)はテクニクスブランドにおいて、初めての方でも手軽に高音質なレコード再生を楽しめるダイレクトドライブターンテーブルシステム SL-1500Cを2019年6月28日より発売します。

アナログレコードの需要は年々増加しており、かつてレコードに親しんだ50歳代以上の男性を中心とした音楽愛好家だけでなく、初めてレコードに触れる10~30歳代の若年層にも購入者が広がっています。

本製品は新生テクニクスのターンテーブルの開発で培った技術を継承し、2017年発売のSL-1200GRで採用したシングルローター型コアレス・ダイレクトドライブ・モーターや2層構造のプラッター、2層構造の筐体などの基本設計をベースに、本製品に最適なチューニングを施しています。また新たにフォノイコライザーを内蔵し、本製品をPHONO入力のないオーディオ機器に直接接続することが可能です。さらにカートリッジを同梱しましたので、カートリッジを別途購入する必要がなく、接続してすぐにレコード再生を楽しめます。このほかレコードの再生が終了すると自動的にトーンアームを持ち上げるオートリフトアップ機能を搭載し、レコード盤や針の磨耗を防いで快適なレコード再生をサポートします。

パナソニックは本製品をHi-Fiターンテーブルのエントリーモデルとして、音にこだわるオーディオユーザーから初めてのアナログプレーヤー購入者まで、幅広いユーザーに提案していきます。

<特長>
1. コアレス・ダイレクトドライブ・モーターや2層構造のプラッターなどの高音質化設計
2. フォノイコライザー内蔵、カートリッジ同梱ですぐにレコード再生を楽しめる
3. レコードの再生が終了すると自動的にトーンアームを持ち上げるオートリフトアップ機能

【品名】ダイレクトドライブターンテーブルシステム
【品番】SL-1500C
【色】-S(シルバー)
【メーカー希望小売価格(税抜)】100,000円
【発売日】2019年6月28日
【年産台数】1,000台

【報道関係者様からのお問い合わせ先】
パナソニック株式会社 アプライアンス社 コンシューマーマーケティング ジャパン本部 広報課
 電話:03-5781-4183(直通)

【商品に関するお問い合わせ先】
ディーガ・オーディオお客様ご相談窓口
フリーダイヤル:0120-878-982(受付9時から18時)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] テクニクス ダイレクトドライブターンテーブルシステム SL-1500Cを発売(2019年5月13日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2019/05/jn190513-1/jn190513-1.html
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「パナソニック」の新着記事

「IT・ネット」の新着記事

「新商品・新サービス」の新着記事

「IT・ネット」のランキング

「新商品・新サービス」のランキング

ページ上部へ