ライフスタイル

「お茶の京都」を鉄道とカーシェアリングでめぐろう!

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パーク24株式会社 2019年05月16日 13時34分

1 観光周遊カーシェアリングの概要
鉄道(JR)利用と駅からのカーシェアリングサービス「タイムズカーシェア」を組み合わせることにより、自由で便利な新しい移動手段を提供するものです。
[全国のタイムズカーシェア会員は 約117万人です。(2019年3月現在)]

【利用促進サービス】
レール&カーシェア (詳細は下記参考資料参照)
鉄道(JR)とカーシェア(タイムズカーシェア)の組み合わせにより、利便性の向上と環境負荷軽減型交通の充実を図る取り組みです。
「ICOCA」を登録することでカーシェアリング車両のドアロック解除が可能になります。また、「ICOCA」で鉄道を利用された方を対象に、対象ステーションのカーシェア利用料金を割引するサービス(ベーシッククラスの車両15分間利用料金相当の206円を割引)をJR西日本エリアでは初めて実施します。
割引例)カーシェア(ベーシッククラスの車両)3時間利用の場合
利用料金2,472円 - 優待料金206円 = 2,266円

ドライブチェックイン (詳細は下記参考資料参照)
カーシェアを活用し、エリア内の観光・周遊促進を図る取り組みです。対象の観光施設をドライブチェックインの目的地に設定後、カーシェアでその施設を訪れ、30分以上駐車するとタイムズカーシェアで次回以降に利用できる電子優待券「30分カーシェアeチケット」(ベーシッククラス車両利用の場合:30分間利用料金の412円相当)を付与するサービスです。※パック料金には利用できません。
[対象施設](6/3現在)
平等院(宇治市)、萬福寺(宇治市)、宗円 交遊庵やんたん(宇治田原町)


2 対象となるカーシェアリングステーション


3 今後の予定
お茶の京都エリア内において 1.鉄道駅(木津駅、加茂駅、玉水駅など)周辺へのカーシェアリングステーションの設置 や 2.ドライブチェックインサービスの対象施設を順次追加するなど、観光周遊カーシェアリングのサービスを拡大します。

【参考資料】
1 「レール&カーシェア」の利用料金優待方法
(1)「JR宇治駅」まで鉄道で移動し、自動改札機を「ICOCA」で出場。
(2)タイムズカーシェア車両にて、「レール&カーシェア」優待手続きを行う。
1.通常のご利用手順通りタイムズカーシェア会員カードで個人認証し、エンジンを始動。

2.カーナビのTimes CARメニューから、「レール&カーシェア優待」を選択する。

3.メッセージ確認後、車両カードリーダーに宇治駅改札機の出場で使用した「ICOCA」をタッチする。

4.「ICOCA」に宇治駅を出場した当日の履歴があれば、自動的に優待料金へ変更されます。


2 「ICOCA」によるカーシェアリング車両ドア解施錠をする為の登録方法

詳しくはWEBをご覧ください。 https://share.timescar.jp/

※個人認証登録をされたお客さまは、次回から「ICOCA」による車両の開錠だけで、上記(2)の手続きなく優待サービスが自動で適用されます。
※「ICOCA」は西日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※以前にご登録いただいた「ICOCA」も引き続きご利用になれます。

3 タイムズカーシェア「ドライブチェックイン」サービス利用方法


4 タイムズカーシェア概要
◆ステーション数、車両数、会員数(2019年3月末)
11,745ステーション、24,491台、1,175千人
◆展開エリア:47都道府県
◆利用方法


◆利用料金(税込)


-----------------------------------------------------------
【サービス】
・カーシェアリングなら「タイムズカープラス」
http://plus.timescar.jp/

・レンタカーなら「タイムズカーレンタル」
http://rental.timescar.jp/

・駐車場をお探しなら「タイムズ駐車場検索」
http://times-info.net/

・ポイントがたまる「タイムズクラブ」
https://www.timesclub.jp/
-----------------------------------------------------------
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「パーク24株式会社」の新着記事

「ライフスタイル」の新着記事

「新商品・新サービス」の新着記事

「ライフスタイル」のランキング

「新商品・新サービス」のランキング

ページ上部へ