アート・デザイン

ミラーレスカメラ「Z 7 / Z 6」用ファームウェア Ver.2.0のダウンロードを開始

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニコンIJ 2019年05月16日 15時03分

 

「ニコン Z7」

「ニコン Z6」


「Z 7」「Z 6」ファームウェアVer.2.0をダウンロードしバージョンアップしていただくことで、静止画撮影時の「瞳AF」対応、AF低輝度限界の拡張、高速連続撮影(拡張)時のAE追従が可能になります。今回強化された撮影機能によって映像表現がさらに拡がります。
ニコンでは、今後も変化するユーザーニーズに柔軟に対応し、お客さまの創作意欲を刺激する次世代の映像体験を提供し続けます。

ファームウェアは以下URLからダウンロードしていただけます(無償)。
内容・導入方法・注意事項などをご確認の上、ダウンロードを行ってください。

Z 7: https://downloadcenter.nikonimglib.com/ja/download/fw/328.html
Z 6: https://downloadcenter.nikonimglib.com/ja/download/fw/327.html

アップグレードの内容

1. 静止画撮影時の「瞳AF」
オートエリアAFでAF-S、AF-C設定時に、人物の瞳を検出してピントを合わせることができる「瞳AF」に対応しました。複数人の瞳を検出した場合は、「マルチセレクター」または「サブセレクター」でピントを合わせたい瞳を選択できます。クローズアップポートレート撮影、絞りを開けての撮影、顔の手前に障害物がある場合やポージングを変える場合などでも、しっかりと瞳にピントが合った写真が撮影できます。撮影後、画像再生中に「OKボタン」を押すとピントを合わせた瞳が拡大表示され、ピントが合っているかを容易に確認することが可能です。

※瞳AF時のイメージ画像

2. AF低輝度限界の拡張
AFの低輝度側の検出限界値※1が、「Z 7」は-1 EVから-2 EVに、「Z 6」は-2 EVから-3.5 EVに拡張されます。そのため、暗いシーンでもより一層スピーディーなAF撮影が静止画・動画共に可能。また「Z 6」の「ローライトAF」使用時の低輝度限界は、-4 EV※1 から-6 EV※1まで拡張され※2、より暗いシーンでもAFで撮影ができます。

※1  ISO 100、f/2.0レンズ使用時、常温20℃、静止画 AF-S時。
※2 「Z 7」は、-4 EVのままとなります。

3. 高速連続撮影(拡張)時のAE追従
「Z 7」で最大約9コマ/秒、「Z 6」で最大約12コマ/秒の高速連続撮影(拡張)※で、1コマ目に固定されていたAEが、AF同様に追従します。明るさが変化するシーンでも、すべての撮影コマでピントと露出があった撮影が可能です。

※ 12 bit RAW、JPEGまたはTIFF時。

■リリース全文は以下URLよりダウンロードください。
https://prtimes.jp/a/?f=d16573-20190515-8465.pdf
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ニコンIJ」の新着記事

「アート・デザイン」の新着記事

「新商品・新サービス」の新着記事

「アート・デザイン」のランキング

「新商品・新サービス」のランキング

ページ上部へ