国際情報・国際サービス

6/20開催】G20サミット首脳会合直前 C20政策提言書2019から学ぶ

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SDGsジャパン 2019年06月04日 11時11分

4月18日安倍首相に手渡し
4月18日安倍首相に手渡し

6月末に開催されるG20大阪サミットを前に、20日に東京で下記のイベントを開催いたします。

◆開催日:2019年6月20日(木)14:00~15:30(受付開始:13:30~)
◆場所:国連大学ライブラリースペース
住所:東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル2F / TEL:03-3407-8107
アクセス:表参道駅(東京メトロ:銀座線・千代田線・半蔵門線)B2出口出て徒歩約5分
渋谷駅(JR・東急・京王井の頭線・東京メトロ)宮益坂方面徒歩約10分
◆プログラム
14:00 開会
C20共同議長より政策提言の概要紹介
政策提言執筆者による課題の提起
  質疑応答、参加者との意見交換
15:30 閉会
◆主催:2019 G20サミット市民社会プラットフォーム
◆協力:国連大学サステイナビリティ高等研究所(IAS)、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)、認定NPO法人国際協力NGOセンター(JANIC)、(一社)SDGs市民社会ネットワーク
◆助成:独立行政法人 環境再生保全機構
*このイベントは2019年度地球環境基金の助成を受けて実施しています。
◆人数:30名(先着順)
◆参加費:無料


【本件に関する取材などのお申込・お問い合わせ】
2019 G20サミット市民社会プラットフォーム(SDGs市民社会ネットワーク気付/担当:前川)
電話:050-7505-5221(対応可能時間:月・水・金 10時~18時)
メール:event@sdgs-japan.net


C20サミットとは
*公式サイト: https://civil-20.org/ (英語)
2008年に開始された「G20サミット」(20カ国・地域首脳会合)には、その重要性に鑑み、世界の経済界(B20)、労働界(L20)、学術界(S20)、女性(W20)、若者(Y20)などが提言をする「エンゲージメント(参画)グループ」という枠組みがあります。「市民社会(C20)」はその一つで、世界の市民社会組織(CSO)が集まって提言を行います。2013年のロシアG20サミットから毎回開催されており、今年は2019 G20サミット市民社会プラットフォームが事務局となり、4月21~23日に東京でC20サミットを開催、参加者は3日間合計でのべ840人を数え、過去最大規模となりました。

C20政策提言書とは
*PDFはこちら: https://bit.ly/2HrIWyC (英語)
途上国の開発や、災害・紛争などに関わる緊急人道支援、地球環境問題、地域の経済活性化や環境保護などに取り組むNGO・NPOなどの市民社会組織(CSO)が、現場で課題に取り組むことで得た知見・経験を踏まえて、G20の主要なテーマに関して政策提言としてまとめたものです。
NGOが現場で直面する課題や、その解決方法、背景にある経済的・社会的な問題について提言しています。
同提言書は、国内外から410名がオンライン上で議論し、作成されました。同提言書はG20議長である安倍晋三首相に手渡されました。

2019 G20サミット市民社会プラットフォームとは
http://www.civil-20.jp/ (日本語)
日本のCSOが開催国の市民社会として設立したのが「2019 G20サミット市民社会プラットフォーム」です。
2018年1月に暫定的なネットワークとして設立された後、同年6月19日に設立総会が開催され、規約を採択するとともに、2名の共同代表と9つの幹事団体を選出し、本格設立に至っています。
2019年5月31日現在、71団体が参加しています。

本勉強会の登壇者略歴
◆ C20議長 岩附 由香(認定NPO法人ACE代表)

1997年大阪大学大学院在学中に児童労働に反対するグローバルマーチ実現のためACEを設立。
2007年以降ACEの専従代表となり、児童労働に反対するグローバルマーチ理事、エシカル推進協会理事も務める。ACEはインドのコットン産業やガーナのカカオ産業の児童労働問題、アドボカシー、企業とのパートナーシップに取り組み、2016年には日経ソーシャルイニシアティブ対象国際部門を受賞。
認定NPO法人ACE HP: http://acejapan.org/

◆ C20共同議長 三輪 敦子(一般財団法人 アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)所長)
日本赤十字社外事部、国連女性開発基金(現UN Women)アジア太平洋地域バンコク事務所、(公財)世界人権問題研究センターにおいて、ジェンダー、開発、人道支援、人権分野の様々なプログラムの実施支援や調査・研究に携わってきた。2017年より、アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)所長。国連ウィメン日本協会副理事長。関西学院大学、京都女子大学等、非常勤講師。
ヒューライツ大阪HP:  https://www.hurights.or.jp/japan/

◆ C20シェルパ 稲場 雅紀(一般社団法人 SDGs市民社会ネットワーク業務執行理事)
1969年生。東京大学文学部東洋史学専修課程卒業。90年代に横浜・寿町の日雇労働者の医療・福祉・生活相談活動に従事、その後当事者として「(特活)動くゲイとレズビアンの会」政策提言担当副代表理事としてLGBTの人権確立やHIV/AIDS問題に取り組む。2002年に国際協力活動に転じ、(特活)アフリカ日本協議会の国際保健部門ディレクターとしてアフリカのエイズ問題などに取り組む。MDGs・SDGsの推進のネットワークやTICADに関わるネットワークの設立・運営に携わり、政府とも積極的に連携。
SDGs市民社会ネットワークHP: https://www.sdgs-japan.net/

◆ C20副シェルパ 堀内 葵 (認定NPO法人国際協力NGOセンター(JANIC)アドボカシー・コーディネーター)
ミレニアム開発目標(MDGs)達成や持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けた提言、NGO・外務省定期協議会のNGO側事務局、G7伊勢志摩サミットやG20大阪サミットに向けたCSOプラットフォームの事務局などを担当、アジア各国のネットワークNGOやグローバルNGOネットワークとの連携構築に従事。「防災・減災日本CSOネットワーク(JCC-DRR)」事務局長、「NGO安全管理イニシアティブ (JaNISS)」世話人。
JANIC HP: https://www.janic.org/

◆ C20「貿易・投資」ワーキング・グループ国内コーディネーター、デジタル経済タスクフォース・国内コーディネイター 内田 聖子(NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)共同代表。)
慶應義塾大学文学部卒業(専攻は社会学)。出版社勤務などを経て2001年より同センター事務局スタッフとなる。TPPをはじめとする自由貿易・投資協定のウォッチと調査、政府や国際機関への提言活動、市民キャンペーンなどを海外の市民社会団体とともに行う。現在はTPP、日欧EPA、RCEP等のメガFTAに関して情報収集と提言活動を行う。共編著に『徹底解剖 国家戦略特区 私たちの暮らしはどうなる?』(コモンズ)、『自由貿易は私たちを幸せにするのか?』(コモンズ)。近刊に『日本の水道をどうする?―公共サービスと自治の未来』(コモンズ、7月刊行予定)など。「ISDSを貿易協定から除外するための国際キャンペーン」にも参画。
PARC HP: http://parc-jp.org/index.html

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「SDGsジャパン」の新着記事

「国際情報・国際サービス」の新着記事

「イベント・セミナー」の新着記事

「国際情報・国際サービス」のランキング

「イベント・セミナー」のランキング

ページ上部へ