ライフスタイル

花々のベストシーズン「神戸 六甲山花めぐり」色とりどりのバラ・アジサイがまもなく見頃を迎えます

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神電気鉄道株式会社 2019年06月13日 15時45分

六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治 阪神電気鉄道株式会社100%出資)は、2019年5月10日(金)から7月31日(水)まで六甲山上で花々やグルメを楽しめる「神戸 六甲山花めぐり」を開催しています。

現在、六甲山カンツリーハウス内、バラの小径「ローズウオーク」では、様々な種類のバラが続々と見頃を迎えており、90種類・約2000本のバラが色とりどりに咲き誇る風景と芳醇なバラの香りが一帯に広がります。

また六甲高山植物園では市街地であまり見られないコアジサイが、六甲オルゴールミュージアムのイングリッシュガーデンでも池に咲くスイレンが見頃です。各施設の個性豊かな庭園を巡り、花々との出会いが楽しめます。

六甲山の花のベストシーズンを、多くのお客様にお楽しみいただくため、チケット1枚で六甲山上の有料4施設をお得に周遊できる「神戸 六甲山花めぐりチケット」を7月31日(水)まで販売しています。


「神戸 六甲山花めぐりチケット」の販売期間中、様々な花々が見頃を迎えます。

【6月・7月】

バラ(6月下旬~7月上旬)、ヒメアジサイ(6月下旬~7月下旬)、コアジサイ(6月下旬~7月下旬)

ユリ(6月上旬~7月中旬)、シチダンカ(6月下旬~7月中旬)、スイレン(6月上旬~下旬)

最新の見頃の花の情報や各種イベントについてはwebサイト( https://www.rokkosan.com/flowertour2019/ )で随時更新しています。




六甲山ポータルサイト http://www.rokkosan.com


リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/6888_8a927faa009063613e32c2eec492ab69a0d0dc00.pdf


発行元:阪急阪神ホールディングス

    大阪市北区芝田1-16-1

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「阪神電気鉄道株式会社」の新着記事

「ライフスタイル」の新着記事

「イベント・セミナー」の新着記事

「ライフスタイル」のランキング

「イベント・セミナー」のランキング

ページ上部へ