ビジネス・経済

エクスプローラ、第2回4K・8K映像技術展に出展 ~ 4K・8K HDR対応小型信号発生器や8K映像機器開発プラットフォームなどを展示 ~

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社エクスプローラ 2019年07月12日 12時01分

画像技術をコアにコーデック製品を展開している株式会社エクスプローラ(本社:北海道函館市、代表取締役社長:矢吹 尚秀、以下 エクスプローラ)は、2019年7月17日(水)から19日(金)に青海展示棟で開催される第2回4K・8K映像技術展に出展します。4K・8K映像技術展は、放送向けをはじめ医療・イベント・監視向けなどの4K・8K機材、コンテンツ制作、配信サービスなど、4K・8K映像技術が一堂に出展する展示会です。


4K・8K映像技術展ロゴ


エクスプローラはデータチェック機能を搭載した4K・8K HDR対応小型信号発生器や、8K機器の効率的な開発を可能にする8K映像機器開発プラットフォームImage CUBE2、SRTプロトコル搭載 H.265/HEVC 4K/2Kコーデックシステムなど4K・8K映像関連製品を展示します。エクスプローラは映像関連ソリューションを提供することにより、お客様の製品開発、サービス提供などに貢献してまいります。エクスプローラは、半導体をコアにシステム提案、設計開発サービスを提供する株式会社PALTEKのグループ会社です。



●4K・8K映像技術展の概要

展示会名: 第2回4K・8K映像技術展

開催日時: 2019年7月17日(水)~19日(金)

      10:00~18:00(19日のみ終了時間は17:00)

会場  : 青海展示棟(エクスプローラブースは、Aホール 7-2)

主催  : リード エグジビジョン ジャパン株式会社

URL   : https://www.4k8k-expo.jp/



●主な出展品目

<4K・8K HDR対応小型信号発生器>

2K・4K映像から8K映像までのHDRパターンの発生や、Payload IDのモニタや変更、CRCによる異常データ検知などSDI信号チェック機能を搭載した小型テスト信号発生器です。コンパクトな筐体に本格的テストパターンを搭載し、イベント会場など外部での映像機器やシステムの確認作業から、実験室における研究開発用途などにお使いいただけます。

会場では、HDRテストパターンのほか、Payload IDのモニタや変更、プレイリスト機能など新機能をデモでご確認いただけます。


<8K映像機器開発プラットフォーム Image CUBE2>

4K・8Kの合成・分割処理をはじめとした各種高速映像処理を実現するビデオプロセッシングボードソリューションです。

Image CUBE2が組み込まれた「12G-SDI/U-SDIコンバータ」を使用して4K映像から8K映像へアップコンバートおよびU-SDIへの変換、8Kスイッチャーによる映像のスイッチングデモを行います。


<SRTプロトコル搭載 H.265/HEVC 4K/2Kコーデックシステム>

IPストリーミングにおいて高品質で安全かつ低遅延ビデオの配信を可能にするSRT伝送技術を搭載した、4K映像ハードウエアコーデックです。SRTプロトコルのほかRTMPなどのIP伝送機能の充実、H.265/HEVCまたはH.264/AVCでの符号化、HDR映像信号の対応を図り、高画質化とIPストリーミングに柔軟に対応できる製品です。H.265/HEVCの高い圧縮効率を活かし、医療、セキュリティ、防衛、コンテンツ配信などのシーンで超高精細映像伝送を実現します。



■株式会社エクスプローラについて

エクスプローラは1992年に創業し、放送機器、医療機器、製造装置、音響処理装置などの組込み機器のハード・ソフト設計、試作・製造から量産やOEM供給まで手掛けています。FPGAやDSPに関する豊富な設計実績を持ち、最先端の画像・音声処理に関して高い技術力と実績を有しています。また、設計・製造受託を行うだけでなく、自社製品の開発にも力を入れており、最新映像圧縮技術H.265/HEVCによる映像伝送システムを開発・販売しております。なお、エクスプローラは2012年7月に半導体をコアにシステム提案、設計開発サービスを提供する株式会社PALTEKのグループ会社となりました。

エクスプローラに関する詳細は、 https://www.explorer-inc.co.jp/ をご覧ください。

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「株式会社エクスプローラ」の新着記事

「ビジネス・経済」の新着記事

「企業」の新着記事

「ビジネス・経済」のランキング

「企業」のランキング

ページ上部へ