政治・地方自治体

―中小企業の経営力向上に向けた取り組みを奨励― 中小企業診断士の論文表彰に「中小企業基盤整備機構理事長賞」を創設

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中小機構 2019年07月20日 00時01分
独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構、所在地:東京都港区、理事長:豊永 厚志)は、一般社団法人中小企業診断協会(所在地:東京都中央区、会長:米田 英二)が主催する「中小企業経営診断シンポジウム」において、中小企業診断士による経営革新支援事例の論文発表に対し、「中小企業基盤整備機構理事長賞(以下、理事長賞)」を創設することにいたしました。

本シンポジウムは、中小企業の健全な発展のために、経営診断支援技法等の研究と、その普及を促すことを目的としています。新たに理事長賞を創設することにより、中小企業の経営力向上に向けたさまざまな取り組みが周知され、経営者の発意高揚につながることが期待されます。

■中小企業経営診断シンポジウム
日時:令和元年11月6日(水曜)
場所:東京ガーデンパレス(東京都文京区湯島1-7-5)
<表彰式>17:00~17:40 2F「高千穂の間」

※「中小企業経営診断シンポジウム」に関するお問い合わせは、一般社団法人中小企業診断協会(電話:03-3563-0851)まで。

<独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)>
中小機構は、日本の中小企業政策の総合的かつ中核的な実施機関として、全国の中小企業への支援をトータルで行う経済産業省所管の独立行政法人です。生産性向上や事業承継など様々な課題を抱える中小企業に対して、創業、販路開拓、海外展開、人材育成、事業引継ぎ、その他経営面での助言、情報提供、並びに共済制度、ファンドを通じた資金提供など多様な支援を実施しています。 
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「中小機構」の新着記事

「政治・地方自治体」の新着記事

「その他」の新着記事

「政治・地方自治体」のランキング

「その他」のランキング

ページ上部へ