エンタメ・芸能

世界三大音楽見本市の「Music Matters 2019 in Singapore」 第一弾発表アーティストとして、「DEAR KISS」「リアクション ザ ブッタ」が日本代表として出演決定!

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社For Bridges 2019年08月13日 18時05分
報道関係者各位
MUSIC MATTERS 2019事務局
株式会社For Bridges

2019年8月13日


世界三大音楽見本市の「Music Matters 2019 in Singapore」 第一弾発表アーティストとして、
「DEAR KISS」「リアクション ザ ブッタ」が日本代表として出演決定!


今年で14年目を迎える「Music Matters 2019」は、フランス・カンヌで開催されている「MIDEM」、
アメリカ・テキサスで開催される「SXSW」と並ぶ世界三大見本市。9月13日(金)~18日(水)までシンガポールの代表的なナイトスポットのクラークキーにて開催。

また同時に世界中の音楽・マーケティング・スポーツ・ゲーム・デジタル業界の著名人が集まる「All That Matters」は、ザ リッツ・カールトン・シンガポールで9月16日(月)~18日(水)まで開催され、昼間はカンファレンスとセミナー・ネットワーキングセッション、夜はライブショーケースとで構成されています。ライブショーケースでは、シンガポール・オーストラリア・台湾・エトアニア・イスラエルなど世界15カ国から50組のアーティストが100以上のライブを9月13日(金)より6日間に渡って、クラーク・キーを中心に10ヶ所以上のライブハウスを中心に開催。

今回の開催はシンガポール政府観光局のサポートのもと、F1開催の前週から観光客を中心に人気のナイトスポットのクラーク・キーを中心に各国から選ばれたアーティストがスペシャルなショーケースを繰り広げていきます。

Music Matters2019に日本から、2018年よりシンガポール・香港・マレーシア・シドニーで公演を成功させ、海外での人気急上昇中ガールズヴォーカル&ダンスグループの「DEAR KISS」とap bank fes、SUMMER SONICなど2019年の夏フェスにも多数参加しており人気の3ピース・ロックバンド
「リアクション ザ ブッタ」が日本代表として出演します。


















また、他国からのアーティストラインナップとして、今年は、エストニアの新興女性リード・アクト「I Wear * Experiment」、イスラエルの「Totemo」がラインアップに加わっております。他にも、オーストラリアのアーバンヒップホップアーティスト「Billy Davis and the Good Lords」や、台湾のインディーロックバンド「美秀集團/Amazing Show」などがおります。近日公開予定の全ラインナップのアップデートにご注目ください。

近日公開予定の全ラインナップのアップデートは下記をご参照ください。

▼イベント詳細
イベント名-MUSIC MATTERS 2019
開催国・会場-シンガポール,クラーク・キー
開催期間: 2019年9月13日(金)-18日(水)


▼詳細
Music Matters Official ハッシュタグ-#Matters19
Website — musicmatters.asia
Facebook — facebook.com/musicmatters2me
Instagram — instagram.com/musicmatterstome
Twitter - twitter.com/musicmatters
Apple Music — apple.co/musicmatters

▼All That Matters 2019とは
アジアを代表するエンターテインメント業界のカンファレンスであるAll That Mattersは、2019年9月16日から18日までシンガポールのリッツカールトンミレニアで開催されます。昼間は会議、夜は音楽祭。All That Mattersは、音楽、スポーツ、ゲーム、デジタル&マーケティングの世界的なエンターテイメント業界からのアジアへの玄関口として認知されています。
今年はシンガポール政府の支援を受け、2019年のF1開催に先立つ週を開催しました。F1シンガポールグランプリ、All That Mattersは、世界のエンターテインメントビジネスの集中を称賛するプログラムを備えた、最も影響力のあるエンターテインメント業界のプレーヤーとのビジネスミーティングのポイントです。
All That Mattersの使命は、健康的で持続可能なアジアのエンターテイメント業界の基盤を構築することです。今年のプログラムでは、ストリーミング時代のファンは何を望んでいるか?テクノロジーの進歩は、ファン目線おける価値にどのように影響するか?です。チャンネル、ブランド、視聴者がデジタルで共生するストリーミングサービスの状況が変化は、全てアクセスにかかっています。コンテンツへのアクセスは、2019年のゲームの名前となっております。


■Brandedについて
2002年に設立され、電通イージスネットワークの一部であるBrandedは、Marketing Magazineでイベントマーケティングエージェンシーのトップ10として認められました。 Brandedは、ダイナミックな会議、ライブミュージックフェスティバル、教育アカデミー、ファンイベントを含む大規模および小規模のイベントを通じて、企業、ブランド、有名人、ファンを世界規模で結びつける重要なライブメディアを制作しています。

Brandedは、スポーツ、デジタル、マーケティング、ゲーム、音楽など、受賞歴のある「Matters」シリーズを保有および運営しております。 Brandedは、YouTubeファンフェストのグローバルパートナーでもあり、10代の少女のためのエンパワーメントプラットフォームおよびツーリングフェスティバルであるIt's a Girl Thingを制作しました。

Brandedには、香港とシンガポールにオフィスを持ち、世界の隅々にまで網羅する情熱的な多文化、多言語、多才な人材が配属されています。


■株式会社For Bridgesについて https://forbridges.co.jp
弊社は、シンガポール・マレーシア・インドネシア・タイ・フィリピンの5カ国、140媒体以上の新聞・雑誌・Webサイトメディア・屋外広告・テレビ・ラジオ等の各ローカルメディア( https://adbbit.com )とのコネクションを活用し、東南アジアを中心にローカルメディアに強いスタッフを中心に、海外でのブランディング・PRのコンサルティング事業を展開しております。また、そのインフラを活用し、コンサルティングサービスだけでなく、現地のマーケット調査から国内のコンテンツホルダー様の海外進出のサポート、及び企業様の広告出稿などのサービスサポートなどハンズオンサポートを含めたサービスを行っております。
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「株式会社For Bridges」の新着記事

「エンタメ・芸能」の新着記事

「イベント・セミナー」の新着記事

「エンタメ・芸能」のランキング

「イベント・セミナー」のランキング

ページ上部へ