車・バイク

Audi R8 LMS GT3、鈴鹿10時間耐久レースで初優勝

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アウディ ジャパン 株式会社 2019年08月26日 14時53分
8 月23日(金)~8月25日(日)、鈴鹿サーキット(三重県 1周5,807m)で2019第48回サマーエンデュランス「BHオークション SMBC 鈴鹿10時間耐久レース」が開催されました。

Audi Japan Press Center: https://www.audi-press.jp/

「鈴鹿10時間耐久レース」は、昨年始まったGT3カーの世界一を決める耐久レースです。世界5大陸をまたいで、年間全5戦で競われる「インターコンチネンタルGTチャレンジ(IGTC)」のアジアラウンドに位置付けられ、日本をはじめヨーロッパ、アジアなど世界各国から強豪チームが集結。10時間を走行し、その走行距離の長さを競います。アウディ勢はAudi R8 LMS GT3により、日本からはSUPER GT GT300クラスで活躍する#21 Audi Team Hitotsuyama(アウディ チーム ヒトツヤマ)が、また海外からは#25 Audi Sport Team WRTと#125 Audi Sport Team Absolute Racingの計3チームが参戦しました。

今年アウディのRSモデルは、1994年に初のAudi RS 2 Avantが登場して以来、生誕25周年。それにちなんで、Audi Sport Team WRTのマシンには、RSモデル25周年記念のロゴとカーナンバー25を配し、ボディはRS 2 Avantのイメージカラーである伝統のノガロブルーで彩っていました。一方、Audi Sport Team Absolute Racingのマシンは、ホワイトを基調に記念ロゴを配し、カーナンバーは25に1を加えた125。Audi Team Hitotsuyamaは、SUPER GT GT300クラス参戦時と同じく21。レギュラードライバーのリチャード ライアン選手と富田 竜一郎選手のコンビに加えて、ベルギー人ドライバーのアレッシオ ピカリエロ選手を加えての3人体制で10時間の耐久レースに臨みました。昨年のこのレースではAudi Sport Team Absolute Racingが3位表彰台を獲得、Audi Sport Team WRTが4位、Audi Team Hitotsuyamaが8位に入賞しており、今年のレースでも大いに期待が高まっていました。

土曜日、灼熱の太陽のもと、13時公式予選がスタート。この鈴鹿10時間では、各チーム3名のドライバーがそれぞれ15分間ずつタイムアタック。そのタイムの合算により順位を決定し、トップ20台がポールポジションを競う最終予選 ポールシュートアウト に進む独自のルールが採用されました。#25 Audi Sport Team WRTはトップタイムをマーク。さらに、#125 Audi Sport Team Absolute Racingと#21 Audi Team Hitotsuyama、アウディで参戦する3チームすべてが ポールシュートアウト に進出を果たします。最終予選結果は、#25が惜しくも2位、#125が7位、#21が18位からのスタートとなりました。

日曜日の決勝も30℃に迫る気温のもと、午前10時レーススタート。#25と#125はレース序盤から耐久レースとは思えないほどのラップタイムで周回を重ねていきます。#21は第1スティントのアレッシオ ピカリエロ選手が順調に順位を上げていたところ、途中接触事故によってピットスルーペナルティ課せられ、順位を大きく落としてしまいました。レース開始から3時間後には#25がトップに、#125は6位、#21は23位につけていました。その後 #25はトップを一度も譲ることなく盤石の走りをみせます。レース開始8時間後には、#25と#125のワンツー体制に、#21は粘り強くは走り続け17位までポジションをアップしていました。レースは残り1時間を切り、#25と#125のワンツーでレースを終えられるかと思いきや、#125が最終のドライバー交代時の給油トラブルによって大幅にタイムロス。順位を大きく落としてしまいました。午後8時レース終了、最後まで圧倒的な速さをみせた #25 Audi Sport Team WRTが昨年の雪辱を晴らし、日本での初優勝を遂げました。#125 Audi Sport Team Absolute Racingは、最終ラップまで前を走る#35号車を猛追、白熱のバトルを展開し大いに観客を沸かせましたが、最終的に惜しくも7位となりました。#21 Audi Team Hitotsuyamaは、後半大きなミスもなく安定した走りで、17位完走を果たしました。

Audi Sport customer racing統括責任者 クリス ラインケ
「Audi Sport Team WRTは、巧みな戦術によってミスを避け、3人のドライバーがすべてにおいて安定しており、速いラップタイムによって、スタート後3時間目から常にレースをリード。チャンピオンシップにおいて重要な意味をもつこの日本ラウンドで完璧なパフォーマンスを発揮し、勝利を収めることができました。今シーズンのIGTC開幕戦は苦しいスタートとなりましたが、これでマニュファクチャラーズとしては3位のポジションにつけることができました。最終戦の南アフリカでは、年間タイトル獲得を目指します」

Audi Team Hitotsuyama チーム代表 一ツ山 亮次氏のコメント
「このレースはSUPER GTとは異なるピレリタイヤのワンメイクレースということもあり、Audi Sportからファクトリーカーと同じセットアップデータの提供を受け、予選はドライバー3人が安定したペースで20位以内に入ることができました。決勝は全体としてはいいペースで走ることができたのですが、第1スティントの接触によりペナルティを受けたり、その影響でタイヤの内圧が下がってしまうなど、タイムロスしたことが悔やまれます。やはり本国のチームはこのレースを熟知しており、またファクトリードライバーもR8の扱い方をよく知っているということを実感しました。今回の知見を今後のレースに活かしていきたいと思います。次はSUPER GTのオートポリスですが、セットアップの方向性も定まってきているので、上位を目指していきます。」

予選が行われた24日、アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:フィリップ ノアック)は、「鈴鹿10時間耐久レース」の舞台となった鈴鹿サーキットで、記者会見「Audi Sport conference SUZUKA 2019」を開催。フラッグシップスポーツモデル 新型 Audi R8、Audi R8 のV10エンジン搭載モデルのデビュー10周年を記念した限定モデルAudi R8 Decennium(ディセニウム)、そしてAudi A5シリーズの中で最も高い人気を誇る4ドアクーペ Audi A5 Sportbackをベースとした初のRSモデル、Audi RS 5 Sportbackを発表。また、#25 Audi Sport Team WRT、#125 Audi Sport Team Absolute Racingと#21 Audi Team Hitotsuyamaのチーム・ドライバー紹介も行いました。
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アウディ ジャパン 株式会社」の新着記事

「車・バイク」の新着記事

「イベント・セミナー」の新着記事

「車・バイク」のランキング

「イベント・セミナー」のランキング

ページ上部へ