IT・ネット

アクセルラボ、エニタイムズ、不動産Techプラットフォーム「SpaceCore」でサービス連携開始

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社アクセルラボ 2019年09月11日 13時04分


◆SpaceCoreとは
不動産会社や管理会社の業務支援および新たな収益源となる不動産Techプラットフォームです。不動産会社の管理業務を効率化する「ReTech機能」と、 物件にIoT機器を導入してスマートホームを実現する「IoT機能」、連携したサービスのさまざまな情報を物件入居者に提供、発信できる「Marketing機能」の3つの機能を備えています。これらを一元化し、不動産会社と入居者の双方が活用できるクラウドサービスおよびアプリです。

SpaceCoreのアプリユーザーは、SpaceCoreを導入した不動産会社や管理会社が持つ物件の入居者です。アプリでは、物件に導入されたIoT機器で家の家電等がコントロールできることに加え、SpaceCoreと提携した生活サービス事業者より、さまざまな情報を得ることができます

アクセルラボでは、アプリユーザーの満足度向上のため、SpaceCoreと親和性が高い生活サービス事業者との提携をおこなっており、本連携はこの一貫となります。

◆ANYTIMESとは
ANYTIMESは、日常のちょっとした用事を依頼したい人と、空き時間で仕事をしたい人をつなげるスキルシェアアプリです。登録(無料)すると、家の掃除や料理、家具組立・修理、ペットの散歩代行等、生活に関するちょっとした用事を個人間で簡単に依頼、請負できます。

サービスを提供する場合は、アプリからサービスチケットを作成することで、自分ができることを気軽に売り出すことができます。 そのサービスを購入したい人は、アプリ上で購入し、簡単に依頼することができます。

 ◆今回のサービス連携について
SpaceCoreのアプリユーザーは、SpaceCoreを導入した不動産会社や管理会社が持つ物件の入居者です。SpaceCoreのIoT機能※1があることにより、入居者は高頻度でアプリを使用します。

今回の連携によって、SpaceCoreのアプリユーザーは、SpaceCoreのアプリからANYTIMESのさまざまな生活スキルサービスを選ぶことができます。それに加え、SpaceCoreのIoT機能とANYTIMESの生活に関するスキルサービスをあわせて使うことにより、サービス利用の可能性が広がり、入居者の生活がより快適になります。

例として、家事代行などの生活スキルサービスを依頼し、自宅にスキル提供者が来る場合、家の鍵の受け渡しや作業の確認が発生します。この際、遠隔からでも鍵が開けられるスマートロックや外からでも家の中の人の様子を見られる手段があれば、生活スキルサービスの利用のハードルはより下がり、これまで以上に検討しやすくなります。

  アクセルラボならびにエニタイムズは本連携を通して、住宅と生活スキルシェアが融合することで双方の市場がこれまで以上に拡大することを目指し、さらなる事業推進に努めてまいります。

◆株式会社ACCEL LAB 会社概要
本社:〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー13階
代表者:代表取締役 小暮 学
設立 :2017年7月
資本金:80,000,000円
TEL :03-6674-0338
URL : http://accel-lab.com
事業 :プラットフォームサービスの開発・販売、IoT機器の開発・販売、アプリ開発、WEBメディア事業

◆株式会社エニタイムズ 会社概要
本社 :東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3F
代表者:代表取締役 角田 千佳
設立 :2013年5月1日
URL : https://anytimes.co.jp/company
事業 :Webサービスやアプリの企画・開発・運営

※1 IoT機能はプランによって使用できる機器が異なります。
※本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「株式会社アクセルラボ」の新着記事

「IT・ネット」の新着記事

「新商品・新サービス」の新着記事

「IT・ネット」のランキング

「新商品・新サービス」のランキング

ページ上部へ