エンタメ・芸能

ピアニスト村井秀清が開創1300年を迎える高知・竹林寺で9/28に秋のライブを開催(即完売により追加公演情報あり)! 独占インタビューも掲載

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アンド 2019年09月11日 22時34分

<ライブ情報>

 

<完売御礼! 9/28のライブは既に完売しました。下記に追加公演情報があります>

日 時|2019年9月28日(土)  開場 16:30 開演 17:00

場 所|竹林寺(高知県高知市五台山)

料 金|前売り4,500円 / 当日5,000円(1ドリンク付)

主 催|H O D O K U(株式会社and. hodoku事業部)


※バス送迎あり
〈往復〉1,000円 〈片道〉600円 (電子チケットページでご購入可能)
バス送迎の詳細や同日に開催予定の「竹林寺僧侶による竹林寺ツアー」については、HODOKUのホームページをご確認ください。
https://www.hodoku.pro/001

 

<バス電子チケット取り扱い>
●Peatix
https://hodoku20190928.peatix.com/view
●Stores
https://hodoku.stores.jp/

 

<追加公演情報>
村井秀清 Merged Images Live Tour 2020 in 竹林寺
日 時|2020年3月29日(日)  開場 12:00 開演 12:30
場 所|竹林寺(高知県高知市五台山)
料 金|前売り4,500円 / 当日5,000円(1ドリンク付)
主 催|H O D O K U(株式会社and. hodoku事業部)


●先行受付予約開始日
2019年10月15日(火)

オフィシャル・ウェブサイトにて先行予約の受付開始予定。

https://www.hodoku.pro/


●Merged Images メンバー 
村井秀清(pf)
宮崎 隆睦(sax) 
日景 修(B) 
新村 泰文(ds)

竹林寺とは――?
五台山に立つ竹林寺は、高知市街と浦戸湾を一望できる抜群のロケーションにある。江戸時代には、学僧たちが集い、学問寺として土佐文化の中心地となっていた。柿(こけら)葺きの本堂に、文殊菩薩を祀っている。本尊の文殊菩薩は行基作と伝えられ、京都・切戸(きれと)の文殊、奈良・安倍(あべ)の文殊とともに「日本三文殊」の1つ。竹林寺庭園は、夢窓疎石(むそうそせき)が造園したと伝えられる池泉(ちせん)鑑賞式の庭で、国の名勝指定を受けている。宝物館にある仏像17体は、すべて国の重要文化財。四国霊場第三十一番札所。


村井秀清さんに直撃独占インタビュー
ピアニストの村井秀清さんに秋のライブに向けての意気込みや竹林寺で開催する理由などを独占インタビューしました!

――今回は竹林寺、お寺でのライブですが、村井さんは今までにもお寺でライブを開催した経験はありますか?

お寺でライブをするのは初めての経験になります。普段は東名阪、札幌、仙台、博多などの大都市のライブハウスやジャズクラブ、コンサートホールなどで活動していて、高知でライブをすること自体も初めてです。だから僕も、Merged Imagesのメンバーも全員が今から楽しみにしています。


――そもそも、なぜ竹林寺でライブをすることになったのでしょうか?
「老後は高知に住む」と言っているほど高知が大好きな先輩がいて、昨年(2018年)11月に僕も連れていってもらったんです。最初に高知市の中心部にある「ひろめ市場」に行き、おいしい食べ物やお酒をたくさんいただいたところ、本当に気持ちの良い場所だったので「高知でもライブができたらいいな」と話していました。
それからしばらく経った頃に、その先輩から「竹林寺でライブやるのはどう?」と言われ、とりあえず現地を見てみようと今春に竹林寺へ行ってみたんです。到着して、お寺の中に入って、境内から目の前に広がる日本庭園を見たときに「こんなところでライブをしてみたい」という言葉が自然と出てきました。それを聞いたご住職さまから「じゃあ、いつにしますか?」と言っていただき、その場でライブをやることが決定したんです。


――竹林寺の日本庭園を見たときにライブのイメージが具体的に湧いてきたんですね。そのイメージはどのようなものでしたか?
日本庭園が本当に素敵だったので、「ここでは絶対にアコースティックの生音でライブがしたい」と思いました。ご住職さまに伺ってみたところ、2024年に開創1300年を迎える竹林寺の歴史の中でピアノやドラムが寺内に入ったことはこれまでに一度もなかったそうです。でも、そこは絶対にこだわりたいポイントでした。
あわせて、記念すべき2024年に向けて“竹林寺”をテーマにして5年間かけて作曲をしたいとご住職さまにお願いしました(笑)。これはまだ実現するかわかりませんが、今回のライブがそれに向けた第一歩になればいいなと思っています。ぜひ、みなさんにもその場に立ち会っていただきたいですね。


――ライブで演奏される曲目、セットリストはもう決まっていますか?
全部で10曲ほど演奏する予定ですが、まだ全ては決まっていません。人気の高い「世界ふれあい街歩き」や「人生フルーツ」などは演奏する予定です。お楽しみに!


――このライブには、どういう人に来てもらいたいですか?
普段から来てくれるファンの方はもちろんのこと、今回は地元の高知の方にもたくさん来ていただきたいですね。というのも、竹林寺のような名所って、地元の人は意外と行ったことがなかったりすると思うんですね。だから、この機会に、竹林寺に行き、名所を見て、おいしい食べ物や飲み物とともに秋のライブを楽しんでいただきたいです。

 

――高知以外の地域から来る人に「村井さん流の高知の楽しみ方」を伝えると?

「ひろめ市場」にはぜひ行ってみてほしいですね。こんなに厚くなくてもいいのに!と思うほど分厚いカツオのたたきを食べながら、日本酒の「酔鯨」や「土佐鶴」、文旦酒の「土佐文旦のお酒」、栗焼酎の「ダバダ火振」を飲むなど、高知にはおいしい食べ物やお酒がたくさんあるので、ライブだけでなく高知観光もぜひ楽しんでください!


――おいしい食べ物や飲み物でいうと、今回のライブでは「こうち食べる通信」協力のもと、高知の食材を使った飲食物も並ぶそうですね?

そうなんです、僕も楽しみにしています。素敵なロケーションで、歴史のあるところでのんびり秋の風に当たりつつ、おいしいものを飲んで食べていただきたいです。僕もワインぐらいはちょこっと飲みながら演奏してもいいかなと(笑)。音楽は襟を正して聞くのもいいですが、リラックスしてほろ酔いで聞くのも楽しみ方の1つですから。僕らの音楽はリラックスしながら聞いてもらいたいですね。

 

――最後に、来場する予定の方達にメッセージをお願いします。
僕らのバンド名「Merged Images」は、サントラ集をつくったときに映像作品のサントラだから“Images”と、「交差する、混合する」という意味の“Merged”を組み合わせて付けた名前です。作曲者の僕には僕の“曲に対するテーマ”がありますが、曲に歌詞はないのでお客さんには頭の中で自由にイメージしてもらい、いろいろな思いを交差させてもらいたいですね。もちろん、それが僕のイメージと違っても全く構わなくて、それぞれの解釈、感性で音楽を味わっていただきたいです。
ライブは僕ら演奏者だけでなく、演る場所やその場にいるお客さんとともにつくるものです。面白いもので、同じ曲を演奏したとしても、お客さんが身を置く場所で印象が大きく変わると思います。今回は竹林寺というスペシャルな空間で聴いていただけるので、ぜひ期待していただきたいです。僕らも秋の虫の音を聞きながら演奏できることを楽しみにしています。

 

――ありがとうございました!!
(取材・文 廣田喜昭)

 

<Merged Images/バンド紹介>

村井秀清(pf)Shusei MURAI
村井秀清(pf)Shusei MURAI

村井秀清(pf)Shusei MURAI

東京生まれ。米国バークリー音楽院に留学。帰国後ピアノ・キーボード奏者として活動。自身のグループ『INFINITE CIRCLE』で2枚、ピアノトリオ『秀景満』でも2枚のアルバムを発表。

作曲家としてはNHK「世界ふれあい街歩き」や昨年話題となった東海テレビ「人生フルーツ」などのTVや劇場作品、アニメ「テラフォーマーズ」「銀の匙 Silver Spoon」など様々な映像作品にも曲を提供している。
現在自身のユニットMerged Imagesで活動中。全国のライブハウス・ジャズクラブでの演奏活動を続ける一方で、オーケストラやストリングスとのコンサートや音源制作など、多彩で独自の活動をしている。CRESCENTEレーベルより「世界ふれあい街歩き」などのNHK-TV番組のテーマ曲・挿入曲集 「Merged Images」シリーズを発表。異例のロングラン・セールスとなっている。 
「In the air, In the water」「Home」「Step Forward」に続いて2015年に4作目のソロ・アルバム「Impressions」発表。 
【Web site】 http://www.ne.jp/asahi/shusei/infinite/index.html

 

宮崎隆睦(sax) Takahiro Miyazaki
宮崎隆睦(sax) Takahiro Miyazaki

宮崎隆睦(sax) Takahiro Miyazaki

6歳よりSaxをはじめ、大学卒業後に米バークリー音楽院に留学し、帰国後1998年にT-SQUAREに加入。

3枚のオリジナルアルバムを録音して2000年T-SQUAREを脱退。各地でレッスン、クリニックも行っている。
2004年ユニット“A.O.I”でCD“Mouth to hands”を、2006年ポニーキャニオン(Lerfagejazz)より初のソロアルバム“Nostalgoa”を発売。
【Web site】 http://miyazaki-sax.com

 

日景 修(B) Osamu Hikage
日景 修(B) Osamu Hikage

日景 修(B) Osamu Hikage

1968年生まれ。

中学時代オーケストラ部に所属しコントラバスを始める。金沢大学在学中からジャズの演奏を始め、ビッグバンドに所属し活動するとともに、様々なライブ活動を行い、池田篤、原朋直、山田穣等との共演を重ね、腕を磨く。
大学卒業後、名古屋に居を移し本格的にプロとして活動を開始。名古屋を中心とした活動の他、吉田正広グループにて全国各地でのツアーを行う。
佐山雅弘、向井滋春、TOKU、大坂昌彦、川島哲郎、松島啓之、近藤和彦、村井秀清、綾戸智恵、ケイコ・リー、木住野佳子、アレンファーナム、ジェフキーザー、ブルースバース等との共演、JiLL-Decoy associationのサポート、また多数のレコーディング・ツアーに参加。
小濱安浩グループにて韓国公演にも参加する。またジャズ以外にも韓国ヘグム奏者のレコーディング・ツアーにも参加。
また、名古屋音楽大学非常勤講師として後進の指導、NHK文化センターや学校などでジャズの解説の講座を開講するなどの活動も行っている。
【Web site】 http://www2.gol.com/users/hikage/
 

新村泰文(ds) Hirofumi Shinmura
新村泰文(ds) Hirofumi Shinmura

新村泰文(ds) Hirofumi Shinmura

北海道出身。幼少時に父から和太鼓を学び、のちにクラシックを通じて西洋打楽器の世界へ。ドラムを猪俣猛氏に師事。あらゆる打楽器を用いながら、ジャンルや音楽スタイルに限定されないアプローチで評価を得ている。 
札幌交響楽団との共演や自身のリサイタルを旧北海道厚生年金会館に於いて開催。10年にわたり北海道を拠点に活動。2009年より東京に拠点を移し、池田綾子、石井竜也、ESCOLTA、遠藤響子、島田歌穂、田代万里生、平原綾香、藤澤ノリマサ、結城安浩、吉武大地、(五十音順)など多数のアーティストのツアー、レコーディング、ライブ映像作品に参加。
【Web site】 http://www.shinmura-drums.com

 

<FOOD&DRINK(協力:こうち食べる通信)>

今回のライブは、「こうち食べる通信」の協力のもと、高知の食材をふんだんに使った美味しいものをご用意させていただきます。「こうち食べる通信」とは、2019年5月に創刊した食のつくり手を特集した情報誌と、彼らが収穫した食べものがセットで定期的に届く“食べもの付き情報誌”です。

https://www.kochi-taberu.com/

 

<参加店舗>


参道屋 DADA NUTS BUTTER(東京×高知)

ミラクルパンチなナッツバター屋、DADA NUTS BUTTERとスーパーディープな料理人によるユニット。世界の道端や食堂、家庭で食べられるその土地の人々の飾らない料理とナッツバターを絡めてサンドしまくる。濃厚な食べるトリップ、一発目はカリブへ。

 

葉山庵のごはん ~二十四節気と薬膳~(高知)

薬膳・マクロビオティック・郷土料理をベースに、高知の旬のお野菜を使ったお料理を作っています。二十四節気を基本に、季節のごはんを丁寧に作ることを心がけています。今回は、沖縄の食材や島ハーブを使った薬膳と菜食菓子の「結衣草」とのコラボ。当日には『秋分のお料理』『結衣草CHAYとグラノーラ』などをご用意させていただきます。

 

OJAS PURE RAW CHOCOLATE(長野)

OJAS PURE RAW CHOCOLATE (オージャスピュアローチョコレート)は、WACCA WORKSのオーナー兼 ローショコラティエ柳澤寛子(HIROKO YANAGISAWA) が2013年より本格的にスタートした日本のローチョコレートブランド。現在は長野県に工房を構え、多種多用なフレーバーのローチョコレート、ロースウィーツを皆様にお届けしています。
 

 

Tea Factory Gen(広島)

広島の世羅で自然と調和した自然栽培の日本茶や和紅茶、烏龍茶などを茶畑から栽培して製造・販売をしています。尾道にある直営店舗のTEA STAND GENでは全国各地や瀬戸内地方より集めたオーガニックのお茶も多数ご用意しております。

 

BAR VALERIAN(高知)

BAR VALERIAN(バル・ヴァレリアン)は、木曜~土曜の週3日のみオープンする高知で唯一ヴァンナチュール(自然派ワイン)に特化したワインバーです。一期一会のワインの出会いを楽しんでいただけたら。

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アンド」の新着記事

「エンタメ・芸能」の新着記事

「イベント・セミナー」の新着記事

「エンタメ・芸能」のランキング

「イベント・セミナー」のランキング

ページ上部へ