アート・デザイン

映画やドラマでは実現不可能!? 戦国全十二武将が豪華に“食の”競演!「戦国時代を彩る名武将コース」堂々登場!

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DDホールディングス 2019年09月12日 12時36分

その昔。日の本の国=日本には、血気はやる多くの武士が、それぞれの信念の元に、刀を切り結んだ時代がありました。戦国の世。その時代を鮮やかに駆け抜けた武士(もののふ)たちの熱き想いが、今尚ほとばしるかのように活気溢れる場所こそ個室居酒屋『 戦国武勇伝 』。令和という新たな時代を迎えた今年、満10周年を迎えることができました。
長年のご愛顧に感謝し、現代においても人々の尊崇を集める名武将、その生き様を表現したり、所縁の地の名物・名産品にちなんで仕立てたりした自慢の逸品が揃う期間限定の特別なコース「 戦国時代を彩る名武将コース 」をご用意しました。
実際には一同に会することは叶わなかったであろう綺羅星の如き戦国時代のスターが、このコース料理でその名を華やかに競い合います。秘められた物語に思いを馳せつつ、新しきこの時代だからこそ実現した“戦国豪華競演”の献立をどうぞお見逃しなく。
 
  • 献立
【祝10周年】仙台牛・国産鮎など豪華食材を堪能!戦国時代を彩る名武将コース 1人前5,500円(税別)

 

≪コース内容≫

【前菜】 長宗我部元親トマトとしらすのお浸し 土佐酢ゼリー掛け
【前菜】 前田慶次雲丹といくらのごちそう玉子
【前菜】 織田信長冷やし焼き茄子
【前菜】 豊臣秀吉生七味冷奴
【お造り】  上杉謙信お刺身五種盛り合わせ
【焼物】 石田三成鮎の塩焼き
【煮物】 真田幸村揚げ出し玉子の明太餡かけ
【逸品】 毛利元就蛸とおくらの山葵和え
【揚物】 本多忠勝和牛メンチカツ
【揚物】 徳川家康きびなごの唐揚げ
【囲物】 伊達政宗仙台牛のすき焼き
【〆物】 讃岐うどん
【甘味】 武田信玄生わらび餅
 
  • 魅力
先触れから華やかに…四種の前菜

宴の始まりから驚くほどの豪華配役。 織田信長 がこよなく愛した名茶器「九十九茄子」にちなんだ「 冷やし焼き茄子 」、雲丹といくらという海の豪華食材を掛け合わせることで、派手好みの“傾奇者”であった 前田慶次 を表現した「 雲丹といくらのごちそう玉子 」、長宗我部元親が治めた現在の高知県の名物・土佐酢が味の決め手の「 トマトとしらすのお浸し 土佐酢ゼリー掛け 」と並びます。特に、 豊臣秀吉 の名を冠した「 生七味奴 」は、“生スパイス”が流行の兆しを見せる新時代・令和に、如何にもふさわしい前菜。その名の由来とは…ぜひスタッフにお尋ねください。
 

 

海、湖、川…日本の水の恵みを堪能する魚料理

軍神と崇められた 上杉謙信 が治めた越後-現在の新潟の地は、波荒れ狂う日本海に面し身の引き締まった新鮮な魚介類が水揚げされることで知られてきました。この地に降り積もる雪をイメージした氷の上に、その日のお薦め鮮魚五種を盛り合わせてお届け。謙信がこよなく愛した日本酒ともよく合います。さらに焼き物には、関ヶ原の戦いで敗者の将となった 石田三成 が、好んで食べたとされる鮎をシンプルに塩焼きに。薫り高い鮎の身の味わいを塩が一段と引き立てる塩焼きこそ、最も美味しい調理法です。

宴の主役は豪華食材・仙台牛のすき焼き

杜の都・仙台が誇る食材「仙台牛」。宮城県の清らかな水と空気の中で育ち、厳しい基準をくぐり抜けて初めてその名が名乗れるまさに“牛肉界の将”。その肉質は柔らかく、肉と脂のバランスも抜群です。甘辛い割り下を用い、まろやかな卵と絡めて食する「すき焼き」は、その旨味がスープの中に溶け出し、彼の地を治めし 伊達政宗 公も味わうことのなかった魅惑の美味。居並ぶ武将の主役は決められなくても、コース料理の一品としては、堂々たる主役の座に就いています。“囲物”との冠の通り、気の置けない”戦友”と、一つ鍋を囲みながら心和むひと時をお過ごしください。
 
  • 店内空間
<空間> 全98席/個室全17室
本能寺地獄変の間


戦国の世の中でも最も激烈な生涯を送った織田信長。その終焉「本能寺の変」を表現。「織田信長」は孤高に飲むも、2人寄り添って飲むも雰囲気があるカウンター席。背後には信長に反旗を翻した「明智光秀」と、最期まで信長の脇に付き従った「森蘭丸」のテーブル席が控えています。
■織田信長=全8席(カウンター席)■明智光秀=4名席(テーブル席) ■森蘭丸=4名席(テーブル席)

大阪夏の陣の間


織田信長が果たせなかった夢を成し遂げた天下人・豊臣秀吉。しかし秀吉亡き後、再び世は混乱に陥ることに。豊臣家滅亡と、戦国時代の終わりを告げる戦となった「大阪夏の陣」、その主要武将や彼らを支えた姫君を表した個室が4部屋並びます。特に人気の高い武将・真田幸村の間には真田十勇士の名も列挙。ご予約必須の人気個室です。
■真田幸村=4名席(テーブル個室) ■毛利勝永=4名席(テーブル個室)
■伊達正宗=8名席(堀座敷個室)■戦国の姫=6名席(堀座敷個室)

関ヶ原大合戦・天下分け目の間


大阪夏の陣から遡ること15年前、東軍と西軍に分かれた武将たちの総力戦は戦国時代のハイライトの一つ。各武将たちの名を持つ堀座敷の個室は、明け放すと最大50名様の宴席も可能な大広間に。この戦いの勝者・徳永家康の個室は、一番奥の小上がりに位置しており、その後の天下統一を暗示しています。


■徳川家康=4名席(堀座敷個室) ■池田輝政=4名席(堀座敷個室) ■黒田長政=6名席(堀座敷個室) ■福島正則=4名席(堀座敷個室) ■細川忠興=4名席(堀座敷個室) ■毛利秀元=6名席(堀座敷個室) ■長宗我部盛親=2名席(堀座敷個室)■小早川秀秋=4名席(堀座敷個室)
■宇喜多秀家=4名席(堀座敷個室)

慶長出羽合戦の間


“北の関ヶ原”とも呼ばれるもう一つの東西戦。反徳川の急先鋒だった上杉家の宰相として獅子奮迅の戦いぶりを見せた直江兼続と、その旗本であり戦国随一の傾奇者(かぶきもの)として今も人気を誇る前田慶次を描いた扉付き個室として表現しています。完全個室の空間はより一層非日常感を演出します。
■直江兼続=6名席(堀座敷個室)
■前田慶次=6名席(堀座敷個室)
 
  • 店舗情報
■店舗名戦国武勇伝(センゴクブユウデン)
■住所東京都新宿区歌舞伎町1-6-2 T-wingビル4F
■アクセスJR新宿駅 東口 徒歩3分、地下鉄丸ノ内線 新宿駅 東口 徒歩3分
西武新宿線 西武新宿駅 南口 徒歩4分
■TEL03-3209-2277
■営業時間17:00~23:30(L.O.22:30)
■定休日不定休 ※施設に準じる
■席数98席
■URL https://www.dd-holdings.jp//shops/senngokubuyuden/shinjyuku
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「DDホールディングス」の新着記事

「アート・デザイン」の新着記事

「新商品・新サービス」の新着記事

「アート・デザイン」のランキング

「新商品・新サービス」のランキング

ページ上部へ