アート・デザイン

「innovator OFFICE」をテーマに全国4都市で家具展示会を開催

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社 藤栄 2019年09月12日 18時26分


■ オフィス・公共空間への提案
innovatorは新たに、BtoB専用別注メニューをリリースします。オフィスや公共空間に適した機能性の高い生地や、多様な空間にフィットする天板カラーをラインアップします。
リリースに伴い、全国4都市(大阪、福岡、名古屋、東京)で開催する「FIS New Collection 2020」の会場内で「innovator OFFICE」をテーマに、別注仕様のプロダクトを中心に展示します。


■ 「innovator OFFICE」 開催概要
※入場には招待状が必要となります。一般の方の入場はできかねます。
招待状をご希望の方は、担当までお問合せください。

ー 大阪地区 ー
2019/09/25(水) - 27(金)
会場:御堂筋ホール心斎橋(大阪市中央区西心斎橋 1丁目4-5 御堂筋ビル9F)

ー 福岡地区 ー
2019/10/09(水) - 11(金) 
会場:スカラエスパシオ(福岡市中央区渡辺通4丁目8-28 福岡トヨタ本社ビルB2F)

ー 名古屋地区 ー
2019/10/16(水) - 18(金)
会場:デザインホール(愛知県名古屋市中区栄3丁目18-1 ナディアパーク3F)

ー 東京地区 ー
2019/11/05(火) - 07(木)
会場:パークタワーホール(東京都新宿区西新宿3丁目7-1 新宿パークタワー3F)

各会場とも FIS New Collection 2020 会場内
AM 10:00 - PM 18:00 ※最終日のみ 17:00 まで(最終受付時間 16:00)


■ innovator について 
1969年、innovatorの原点となったのはスウェーデンの若いデザイナーが発表したStuns(スタンス)という一脚の椅子でした。シンプルかつ合理的なデザインであること、環境に優しくあること、遊び心を忘れないこと。従来の概念にとらわれない斬新なアイデアとコンセプトに多くの人が共感、一躍脚光を浴びました。
単なる家具ではなく「生活を楽しむ道具」として作られてきたプロダクトは、今も変わらぬコンセプトと共に人々に愛されています。
 



innovatorの家具は、一般的な工具で繰り返し分解と組み立てができます。生地が擦り切れたり、クッションがへたってしまっても、傷んだパーツを買い足してリペアをすることが可能です。
innovatorの生まれたスウェーデンでは、物を長く大切に使うことは日々のくらしと習慣の中に息づいています。そんな北欧のくらしに倣って、innovatorでは家具のリペアと生地のカラー替えなどのカスタマイズを承っています。
 

 

 

 



■ 2019 NEW MODEL を発表
Stunsの発表から50年。コンセプトはそのままに、これからのライフスタイルへ向けてアップデートした「innovator FURNITURE 2019 NEW MODEL」を発表しました。
スウェーデンの家具の特徴である風通りのよい軽やかさや、そこから生まれる心地よいカジュアルさと、innovatorの工業的な佇まいとの融合を実現しました。

 

 

 

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「株式会社 藤栄」の新着記事

「アート・デザイン」の新着記事

「イベント・セミナー」の新着記事

「アート・デザイン」のランキング

「イベント・セミナー」のランキング

ページ上部へ