エンタメ・芸能

2000人以上の門下生を抱えるカリスマ相場師による、株式投資手法の決定版!「カラ売りの技術」も本書で初公開

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
かんき出版 2019年09月13日 10時06分

◆カリスマ相場師「ザ・株鬼」の最新刊!

自身の資金を200倍以上に増やした実績を持つカリスマ相場師「ザ・株鬼」が編み出した独自の投資手法「株鬼流」。

「株鬼流一門」の門下生のみが受講することのできる講義を再現したのが本書です。

その手法の軸となるのが、チャート上で株価の動きを見極める「テクニカル分析」。

検証を重ねた97点の実際のチャートを掲載し、さらに株鬼流の講義をもとに仕掛けるべきチャートの形とその際の諸条件、仕掛けるポイントと手仕舞うタイミング、その計算方法など、初心者でも簡単に理解し、すぐ実践できるように、わかりやすい言葉で仕掛けの技術を解説しています。

 
また、2018年までに行われた「株式併合」に対応するために、新たにランク付けした株鬼流独自の53の銘柄リストも巻末に掲載。注目すべき株がすぐに把握できます。
明日のことは誰にもわからない株の世界ですが、長年にわたる膨大なデータを徹底的に分析し、検証された「株鬼流」のテクニカル分析に基づけば、その足の未来を高い精度で予測することができます。

 


 

◆秘法である「売り仕掛けの手法」を初公開
本書では、これまでの著書には掲載してこなかった、「売り仕掛けの手法」も初公開しました。カラ売りの手法は、これまでの書籍で触れていないのはもちろん、門下生にもあまり教えてきていない、秘法ともいえる技術です。
下げ相場で流動性の高い銘柄に売り線が出た際には、本書で紹介している技術を駆使して、強気な売りで攻めてください。きっとこれら株鬼流の技術が、相場の世界に挑むみなさんにとって新たな世界を切り開く武器となるに違いありません。
本書で紹介する株鬼流の仕掛けの全技術を身につければ、みなさんが何歳になっても、どんな地合いでも、株で勝ち続けることができるはずです。

ローソク足を信頼して足に忠実に対応すれば、株を恐れる必要はありません。
強気の姿勢を貫いて、ぜひみなさんも大きな利を手にしてください。

 


 

【目次】
第1章 株鬼流 すべてに通じる仕掛けの技術
第2章 株鬼流 高値圏における仕掛けの技術
第3章 株鬼流 保ち合い圏における仕掛けの技術
第4章 株鬼流 安値圏における仕掛けの技術
第5章 株鬼流 下手な仕掛けを防ぐ技術
第6章 株鬼流 カラ売りの全技術
第7章 株鬼流 仕掛けにおける基本技術

 【著者プロフィール】
ザ・株鬼 (ざかぶき)
株式投資サイト「ザ・株鬼」を運営するカリスマ相場師。1947年、東京生まれ。大学卒業後、証券会社に入社。チャート分析の有効性に気づき、さまざまなテクニカル手法を研究、株式相場の面白さに開眼する。証券会社退社後、株式投資の実戦をしながら相場研究を続け、自身の成功体験に基づいた独自の株式投資法を編み出す。実戦においては資金を200倍以上に増やす。
2000年以降、株式投資講座で「株鬼流」株式投資法を講義、個人投資家の育成に努めている。受講者は2200人を数え、著者の自宅道場で合宿指導を受けた内弟子は600人余り。内弟子の多くは資産100倍を実現しているうえ、なかには1000倍にした強者もいる。「株鬼流」は株式投資の流派であるとし、株鬼門下の人たちは「株鬼一門」と称する。「株鬼流」は、「株は格闘技である」と考え、常に強気の姿勢で相場と闘うことを教えとしている。2000年から続けている日々の株式市況についてさまざまな情報を提供する「株鬼日記」は、門下生のみならず多方面からも支持される人気ブログとなっている。
http://www.the-kabuki.tv/

 

 

【書誌情報】

書名:『資産を100倍にする「株鬼流」仕掛けの全技術』
定価:2,000円+税
判型:A5判
体裁:並製
頁数:224頁
ISBN:978-4-7612-7442-9
発行日:2019年9月19日


【書籍のご購入はこちら】
Amazon https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761274425/kankidirect-22/
楽天 https://books.rakuten.co.jp/rb/16002374/?l-id=search-c-item-text-01



 
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「かんき出版」の新着記事

「エンタメ・芸能」の新着記事

「新商品・新サービス」の新着記事

「エンタメ・芸能」のランキング

「新商品・新サービス」のランキング

ページ上部へ