ビジネス・経済

総勢139社の企業と共に、“画一的な就活ヘア”について社会全体で考えるプロジェクト始動・パンテーン#HairWeGo第4弾『#令和の就活ヘアをもっと自由に』

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社 2019年09月17日 00時04分

 

新聞広告クリエイティブ
新聞広告クリエイティブ

2019年7月25日(木)よりオープンした特設サイトにて“髪から始まるもっと自由な就職活動”に賛同する企業を募集したところ、2019年8月23日(金)までの約1ヵ月弱の期間で、139社の企業より賛同の表明をいただきました。2019年9月17日(火)に展開した新聞広告では、P&G含む一部の賛同企業の若手社員の方々を広告モデルとして起用し、学生のみなさんに自分らしい髪で内定式に出席していただきたいという想いを賛同企業と共に発信いたしました。さらに内定式に向けて様々な活動を順次実施してまいります。
 
  • 『#令和の就活ヘアをもっと自由に』プロジェクト背景
P&G インターナショナルオペレーションズ シンガポールブランチ
ジャパンヘアケア事業部 アソシエイト・ブランド・ディレクター
大倉 佳晃


“パンテーンは2018年9月に「#HairWeGo さあ、この髪でいこう。」キャンペーンの第1弾として『#就活をもっと自由に』プロジェクトをスタートしました。画一的な就活生の髪型「ひっつめ髪」をテーマにした前プロジェクトでは1000人の就活生のホンネをまとめた広告や動画を公開し、就活生だけでなく社会全体で様々な議論がメディアやソーシャル上で話題になりました。それらの議論を受け、2019年はさらに一歩前に踏み出す勇気をサポートするために、就活生だけではなく企業人事の方々にも耳を傾け、改めて大きな枠組みでプロジェクトを実施することにいたしました。本プロジェクトを通して就活生のひとりひとりの個性が尊重され、前向きな就職活動が行えることを心より願っております。”

全国300名の企業人事を対象に実施した「就職活動のホンネ調査(*1)」では、 企業人事の72%が「個性を表現できる採用活動をしている自信がない」 と認識している実態が明らかになりました。また、 78%が「自分らしい自由な髪を推奨する採用が受け入れられる世の中になってほしい」 と感じているものの、 65%が「学生が個性を表現できる採用活動をするべきだと思っているが、企業のスタンスとしては発信しにくい」 と回答しました。

この調査結果をうけ、パンテーンは、学生のホンネはもちろん、人事のホンネも取り入れ、賛同企業を募ることで、より社会全体で“就活生のひとりひとりの個性が尊重された前向きな就職活動を考えていきたい”という想いから本プロジェクトを立ち上げるに至りました。

(*1)参考:2019年7月25日配信「パンテーン#HairWeGo第4弾・『#令和の就活ヘアをもっと自由に』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000042936.html

<プロジェクト概要>
プロジェクト期間 : 2019年7月25日(木)~
パンテーン特設サイトURL :  https://pantene.jp/ja-jp/brandexperience/shukatsu-hair2019
主催社 : パンテーン(P&G)
協力会社 : 株式会社ワンキャリア
賛同企業 : 139社

  <賛同企業ご紹介>
特設サイトにて、ロゴ一覧を掲載しております。
特設サイト: https://pantene.jp/ja-jp/brandexperience/shukatsu-hair2019


<プロジェクト広告概要>
新聞広告(日本経済新聞15段)
・広告掲出期間:9月17日(火)

  <ワンキャリアについて>
株式会社ワンキャリア(渋谷区)は、2015年に「データをテクノロジーによって可視化し、透明性のある社会を創る」というビジョンを掲げて創業しました。ワンキャリアが運営する、学生のための就職活動サイト「ONE CAREER」( URL: https://www.onecareer.jp/)は、4万社以上の企業情報に加え、16万件以上の先輩の通過ES/選考体験談/志望動機、8万件を超える企業説明会やインターンシップのクチコミ等、学生が真に求めている「企業の採用活動の実態を把握できる」コンテンツを数多く掲載しています。月間利用者数も100万人を超え、WEBメディアとして近年急速に成長しています。また、企業に対しては、ユーザーの膨大な行動データやクチコミを基にした採用マーケティング支援サービスを展開し、さまざまな企業の採用戦略の設計に携わっています。

<「#HairWeGo さあ、この髪でいこう。」キャンペーンについて>
パンテーンはブランド理念「あなたらしい髪の美しさを通して、すべての人の前向きな一歩をサポートする」に基づき、ひとりひとりの個性を尊重する社会を応援する「#HairWeGo さあ、この髪でいこう。」キャンペーンを実施してまいりました。2018年9月は“画一的な就活ヘア”についての就活生のホンネを発信した『#就活をもっと自由に』、2018年12月は”爆毛赤ちゃん”の愛称で愛されるbabychanco(ベイビーチャンコ)を起用し“髪の多様性”を発信した広告、また2019年3月には学生の髪型校則について学生と先生の対話を通じて社会全体で考えるきっかけを作った『#この髪どうしてダメですか?』プロジェクトを展開。今後も髪をテーマに社会全体でひとりひとりの個性の尊重について考えるプロジェクトを展開していきたいと考えております。

 <パンテーンシリーズについて>
1947年にヨーロッパで発売。髪にうるおいを与える保湿成分として配合されている、プロビタミンB5が「パンテノール」とも呼ばれることから「パンテーン」と名付けられたヘアケアのブランドです。現在では世界180カ国以上で販売され、ヘアケアのエキスパートブランドとして多くの女性たちから支持されています。「パンテーン」は髪を日に日に健やかに導くことで、より美しくなる手助けをすることを使命として、製品の研究開発を続けています。( http://www.pantene.jp/

<P&Gについて>
P&Gは、高い信頼と優れた品質の製品ブランドを通じて、世界中の人々の暮らしに触れ、よりよいものにしています。日本では、衣料用洗剤「アリエール」「ボールド」「さらさ」をはじめとして、柔軟剤「レノア」、エアケア製品「ファブリーズ」、台所用洗剤「ジョイ」、紙おむつ「パンパース」、ヘアケアブランド「パンテーン」「h&s」「ヘアレシピ」、スキンケア製品「SK-II」、シェーブケアブランド「ジレット」「ブラウン」、電動歯ブラシ「ブラウン オーラルB」など、様々な製品を提供しています。( https://jp.pg.com/ )

 
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社」の新着記事

「ビジネス・経済」の新着記事

「キャンペーン」の新着記事

「ビジネス・経済」のランキング

「キャンペーン」のランキング

ページ上部へ