ビジネス・経済

外国語も輸出の知識も必要なし。国内のフリマアプリのように簡単で手軽に世界とフリマが始められる、越境EC・フリマプラットフォームFUJIYAMALL(フジヤモール)、本サービス開始

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社Fujiyamall 2019年11月08日 16時08分
株式会社Fujjyamall(東京都渋谷区)は、試験運用を行っておりました、越境越境EC・フリマプラットフォームFUJIYAMALL( https://fujiyamall.jp/ )の本サービスを開始したことをお知らせ致します。

FUJIYAMALLがめざすもの
インバウンドが日本では活況ですが、世界ではアウトバウンド(国を超えたネット通販)も100兆円の大台を超え、尚も毎年2桁増の急成長を続けています。

日本にはハイテク、カルチャー、伝統製品など、海外でも人気のある商品が数多くありますが、外国人の需要を満たす十分な情報発信や品揃えができておらず、せっかくの需要を逃している、という状況です。

多くの日本人は、「海外では売れないだろう」「外国語や外国人のクレーム対応ができない」「発送も面倒そう」などの理由でそもそも海外にものを売ることを考えていないのではないでしょうか。

FUJIYAMALLは、外国語や海外発送等の「わからない」「難しそう」をテクノロジーで極限まで簡単にすることで、日本人が感じる海外の壁を取り払い、「ネットでものを売ること=世界に売ること」という新しい価値観が日本で当たり前になることを目指しています。

FUJIYAMALLの概要
FUJIYAMALLは、日本から海外にモノを売ることに特化したフリーマーケットサービス及びネットショッピングモールです。

海外向けの出品、発送、問合せやクレーム対応が国内のフリマサービスやネットショップ並に簡単に利用できます。

特徴は以下のとおりです。
  • 出品・問合せ・クレーム対応はすべて日本語で可能(EC特化の独自開発翻訳エンジンを利用)
  • 出品データベースが充実しており、出品時に文字を入力する労力を最小限化
  • 海外送料を調べる必要はありません。送料は自動計算され、買い手負担で販売額に上乗せして総額表示されます。
  • 発送する際のインボイス(送り状)の作成もシステムで自動化。PDFをダウンロードして印刷・梱包した箱に貼付するだけ(現状eパックとEMSのみ対応)
  • サーバーを海外に配置し、SEOを最大化。今後複数国に拡大予定
  • エスクローシステムを採用しており、取引完了まで売上金はFUJIYAMALLが預かる購入者が安心できるしくみ
  •  無料で出品、売れた時のみ10%の販売手数料をいただきます
  • 多言語対応(現在は日本語・英語のみの対応です。順次拡大予定)

また、現在出品データベースの追加を急ピッチですすめていますが、対応が未完了なジャンルがあり出品ジャンルが一部に制限されています。対応次第順次拡大予定です。

会社概要

社名株式会社Fujiyamall
代表者中矢 育範
所在地東京都渋谷区桜丘
設立年月 2018年4月
資本金1830万円
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「株式会社Fujiyamall」の新着記事

「ビジネス・経済」の新着記事

「新商品・新サービス」の新着記事

「ビジネス・経済」のランキング

「新商品・新サービス」のランキング

ページ上部へ