エンタメ・芸能

記事化不問。今話題のHSP(ハイリーセンシティブパーソン)のメカニズムをドキュメンタリー映画でご覧ください11/18(月) 東京・渋谷にて上映

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社クミシュラン 2019年11月13日 17時22分

 

HSPとは?・・・5人に1人の割合で見られる"非常に感受性が強く敏感な気質"の人々のこと。「感覚や人の気持ちにとても敏感で、ちょっとしたことにも気づく、気遣いに長けている」と同時に「強い刺激に圧倒されたり、多くの人の中にいると、すぐに疲れてしまったりする」特徴がある。

1996年にアメリカのE.アーロン博士により初めてその存在が明らかになり、この1年日本国内で当事者の納得感により急にその存在の知名度があがりNHKはじめ民放などでも特集が頻繁に組まれるようになってきている。ロンブー田村淳氏がTOKYO MXTVで特集したことも話題に。
https://s.mxtv.jp/variety/kikitai/panel_detail.php?id=7472207&month=201904

 


■上映会 開催 の背景
当社は、2000名以上のHSPやHSC(子ども)と関わってきました。
この概念を知る人が増えることで、発達障害と間違えられ投薬や誤診断をされる子どもが減り、社会的にも生きやすくなる大人が増えることを願っております。


これまでに同上映会を3回開催し、 毎回80名程度の参加者があり、社会的な関心の高さを思わせます。

開催 概要
日時: 2019年11月18日(月) 午前10時~12時
会場: 東京ウィメンズプラザ 視聴覚室
アクセス: 東京都渋谷区 表参道駅 http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/outline/tabid/136/Default.aspx
定員:80名(満席)
参加費:大人1,800円(税込) 学生1,500円(税込)
公式サイト: https://www.kanseikids.com/
イベント URL: https://ameblo.jp/kumikokkkn/entry-12526019859.html

■会社概要
商号: 株式会社クミシュラン
所在地 : 〒225-0023 神奈川県横浜市青葉区
代表者 : 代表取締役 皆川 公美子
設立: 2016年9月
事業内容: HSP・HSCに関するセミナー・コンサルティング・セッション提供
イベント開催
URL: https://www.kanseikids.com/ https://ameblo.jp/kumikokkkn/

お越しいただけます際は事前のご連絡をいただけますと幸いです。
本映画はアメリカの制作会社より許可を得て上映しますが、日本国内で得られるDVDには日本語字幕がついておらず、HSP映画としてはレアな視聴機会となっております。

HSPの啓蒙という立場での上映です。マスコミ各社さまにおかれましても
ご参考としていただけますと幸いです。(記事化不問でございます)

【本イベントに関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社クミシュラン 

事務局 info@kumichelin.com

*****************


【補足資料】

◆HSPについて
HSPとはHighly Sensitive Personの略 (HSCはHighly Sensitive Child)で、生まれつき敏感で、周りからの刺激を過度に受けやすい人のことを指します。
1996年にアメリカのアーロン博士が発表した学説に基づくもので、5人に1人(15%から20%)がHSP だと言われています。
「HSP」は特性であり神経系の特徴であって治すべき疾病ではありません。
例えば「あなたは血液型がB型なのね」と言うのと同じように、神経系のタイプである、ということです。
また、人に限らずコバエ、鳥、魚、イヌ、ネコ、馬、霊長類など、100種類以上の動物に同じ気質が見られることから、「繊細さ」は生きとし生けるものすべての生存本能「生き残るための戦略のひとつ」であると考えられています。ですが、こうした気質を持つ人は職場や家庭など生活の中で気疲れしやすく、生きづらいと感じている方が多いのです。

◆HSPの特徴
アーロン博士によると、HSPには「DOES(ダズ)」と名付けた4つの特性をすべて満たすことがHSPの定義となっています。

【Depth of processing】

深く考え、深く処理する

  • 一を聞いて、十のことを想像し、考えられる
  • 調べ物をはじめると深く掘り下げ、その知識の広さを周りに驚かれる
  • お世辞や嘲笑をすぐに見抜いてしまう
  • 物事を始めるまでにあれこれ考え、時間がかかる
  • その場限りの快楽よりも、生き方や哲学的なものごとに興味があり、浅い人間や話が嫌い

【Overstimulation】

過剰に刺激を受けやすい
  • 人混みや大きな音が苦手
  • 友達との時間は楽しいものの、気疲れしやすく帰宅すると、どっと疲れている
  • l映画や音楽、本などの芸術作品に感動して涙を流すことが多い
  • 人の些細な言葉に傷つき、いつまでも忘れられない
  • l世間的に些細なことでも過剰に驚いてしまう

【Empathy and emotional responsiveness】

全体的に感情の反応が強く、特に共感力が高い
  • 人が怒られていると自分のことのように感じ、傷ついたり、お腹が痛くなったりする
  • 悲しい映画や本などの登場人物に感情移入し、自分も傷ついてしまう
  • 人のちょっとした仕草、目線、声音などに敏感で、機嫌や考えがわかる
  • 言葉を話せない幼児や動物の気持ちも察することができる

【Sensitivity to subtleties】

ささいな刺激を察知する
  • l冷蔵庫の機械音や時計の音が気になってしまう
  • 強い光や日光のまぶしさなどが苦手
  • コンビニの匂い、タバコの臭いで気分が悪くなる
  • カフェインや添加物に敏感に反応してしまう
  • 肌着のタグなどチクチクする素材が我慢できないほど気になる
  •  第六感や直観に優れている


◆学説創始者エレイン・アーロン博士について
 "ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ"(エレイン・アーロン著)は100万部以上売れていて、22の言語に翻訳されています。 ドキュメンタリー映画(今回上映)は現在アメリカでは、ハーバード大学やスタンフォード大学など3000の大学が所蔵しています。

アーロン博士の研究により人種や性別・年齢などに関係なく、どの国の人でも一定の割合でこのような「とても敏感な人」がいることがわかっています。

アーロン博士はカナダ・ヨーク大学(トロント)で臨床心理学の修士号、アメリカ・パシフィカ大学院大学で臨床深層心理学の博士号を取得。サンフランシスコのユング研究所でインターンとして勤務しながら、臨床にも携わる。各地でHSPのワークショップを開催。

アーロン博士サイト
http://hspjk.life.coocan.jp/Elaine-Aron.html

◆HSCについて
HSCとはHighly Sensitive Childの略です。
日本でのHSP/HSCの第一人者のおひとり、明橋大二先生により「ひといちばい敏感な子」と翻訳されていますが、こちらもHSPと同様その敏感さ繊細さは、生まれつきのものです。

“発達障がい(自閉症スペクトラム症)とは異なります。感覚が敏感なところは似ていますが人の気持ちを汲むことが得意か苦手か、が異なります。”
(HSPの日本の権威=長沼睦雄先生・明橋大二先生(両名共精神科医)講演会資料より)

◆5人に一人!HSCの困りごと
1.人の気持ちの影響を受けやすい
人の気持ちも自分の気持ちと同じレベルで感じ取ることができる能力があるため、人の気持ちと自分の気持ちのあいだに境界線をひくことができにくいことで起こります。

2.感覚的に疲れやすい
HSPの人は感覚器(五感+第六感)が敏感であるがゆえ、いつも刺激を受けている状態で疲れやすいという特徴を持っています。(非HSPに比べて100~1000倍の情報量という心療内科の先生もいらっしゃいます)
『子供の心の悩みと向き合う本』KKベストセラーズ 森津純子氏ご著書 より
3.小さいころからアウェイ感・疎外感がある
たくさんのことを感知しすぎてしまい、そして小さいころはそれを他の人も全員わかっていると思っていますが、実際は非HSPは気にしていないことがほとんどです。
みんなのなかで浮いてしまったり、自分がいけないんだ、違うんだと思って、人の気持ちや状況に気づいても気づかないふりをしたりします。
4.良心的で戦いを好まない
HSPの人は概して良心的だと言われます。
そして戦いが苦手なタイプが多く、何かに対して頑張ることはできるけど、戦いに勝つ、ということに意義を見出せないひとが多いです。

5.一度に複数のこと(マルチタスク)が苦手

様々なことに敏感に反応するHSPは、一度にたくさんの業務の指示を受けたり、いっぺんに多くのことをやらなければならない状況になると、頭で感じている業務量がとんでもなくたくさんのことに感じます。物事を多面的にとらえすぎ、その膨大さに圧倒されてしまうのです。

そういう状況では頭が混乱し、どこから手をつけたらいいのかわからなくなるというのがよく起こることです。
6.大人数のなかで気後れする
内向型のHSPの場合たくさんの人に一気に注目されたり、知らない人たちの前でしゃべったり自分を表現したりすることはストレスとなります。身体の凍りつきを起こすという人も多いです。
7.友達が狭い範囲に数人しかいない
これは全く悪いことではありませんが、HSPは、「本当に話が合う人」「自分の言っていること、自分の性質を正確に受け取ってくれる人」と話をしたいという欲求が強いです。ですので、話が全く噛み合わない人、上滑りな会話(意見が合わない、とは違います)は非常に疲れることです。

8.とにかく疲れやすい
感覚が敏感で繊細なために、疲れやすいというのはHSP全員に言えることのようです。そのために「ダウンタイムが必要」という人がほとんどです。
何かに対して特に感じようとか、感じ取ってみようとか思わなくても、どんどん情報が入ってきてしまうのがHSPの特徴です。

◆現状の社会的問題
不登校はいまや行きしぶりの子を含め44万人(NHK)と言われています。
そのなかにこのHSPの子(脳の神経処理が深く敏感さが表出する子)がかなりの数含まれているのではないか、ということがスクールカウンセラーの先生方のあいだでささやかれています。
発達障害との境界線と診断された子どもたちのなかにはHSCである子も多く、
当事者のあいだでここ一年かなりのスピードで認知度があがりました。
が、疾患ではなく特性であるため、医者の領域とは言い難く、診断が受けにくいということで現場では混乱があるのが現状です。

大人の敏感さや社会でのいろいろ、について最近16万いいね!で話題になったツイッター投稿があります。
https://twitter.com/i/events/1186382773721788416
脳科学的には種の20%の割合で、この敏感性を表す個体が現れるということを指摘している学者もおり、社会のなかで、この敏感性・繊細性をどのようにギフトとして還元していくかという方法論が待たれるところではないでしょうか。

◆これからの当社の意図
1.現在は社会生活のなかでの、不自由さ、不便さが際立つHSPですが、それぞれが人間の持つクリエイティビティを発揮し、ユニークな立ち位置で社会のなかで生きていくことをサポートしていきます

2.学校や幼稚園など教育者の現場にHSPの概念の啓蒙活動をしていきます

3.そのための組織を整えていきます


HSPはその割合で計算すると日本に約2,000万人いることになります。
HSPさんがその能力を日本の社会に還元できる環境作りとサポートに邁進して参ります。

どうぞよろしくお願いいたします。


【参考資料】
・ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 (エレイン・N・アーロン博士著/SB文庫)
・ひといちばい敏感な子(エレイン・N・アーロン博士著)
・子どもの敏感さに困ったら読む本: 児童精神科医が教えるHSCとの関わり方(長沼睦雄先生著)
・「敏感すぎる自分」を好きになれる本(長沼睦雄先生著)
・HSCの子育てハッピーアドバイス HSC=ひといちばい敏感な子(明橋大二先生著)
・過敏で傷つきやすい人たち (岡田尊司先生著/幻冬舎新書)
・子供の心の悩みと向き合う本―うつ、ひきこもり、拒食症、パニック、暴力…(森津純子先生著)

 

【ご参考:HSPに関するウェブニュース】

・他人に共感しすぎる、他人がいじられても見ているのがつらい…HSP(ひといちばい敏感な人)が生きやすくなるコツ

https://ddnavi.com/review/574578/a/
・叱られる同僚を見るのがつらい… ある女性の特徴に、共感の声が殺到!

https://news.nicovideo.jp/watch/nw6087043

・「気にしすぎ」の自分、どうしたらいい?

https://books.j-cast.com/2019/10/17010030.html

・「HSP」と呼ばれる人々~敏感であることは悪いこと?

http://news.doctor-trust.co.jp/?p=41341

・5人に1人が「繊細さん」。気がつきすぎて疲れる人が、生きやすくなるコツ

https://joshi-spa.jp/939342

・あなたが「生きづらい」と感じる理由は…医師に聞くチェックリスト

・自分が「敏感気質」かどうかを知る方法。疲れない心を育てる4つのヒント

https://www.mylohas.net/2019/09/197945pvn_highlysensitive2.html

・5人に1人は当てはまる。敏感気質(HSP)な人に共通する4つの特徴と長所とは

https://www.lifehacker.jp/2019/09/198901-how-to-tell-if-youre-a-highly-sensitive-person-and-how-to-deal-with-it_mylohas.html

・パニック障害の薬を止めて約3年経ちました~HSPと、ともに。<vol.29>

https://shohgaisha.com/column/grown_up_detail?id=1457
・敏感体質のHSPに嬉しいオーガニックスーパー、BIO-RAL(ビオラル)

https://shohgaisha.com/column/grown_up_detail?id=1435
・『凪のお暇』のドロップアウトは「甘えている」? 主人公は“HSP”か、認識の差で反応分かれる

https://npn.co.jp/article/detail/65770715/

**************************
学校嫌いな子・不登校、ひと一倍繊細・敏感(HSC)な子とお母さんのサポートコミュニティ
【感性キッズ オフィシャルHP】
https://kanseikids.com/

【大人のHSPのライフ・work前進サイト「だって、HSPは才能だから】
https://ameblo.jp/kumikokkkn/
**************************

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「株式会社クミシュラン」の新着記事

「エンタメ・芸能」の新着記事

「イベント・セミナー」の新着記事

「エンタメ・芸能」のランキング

「イベント・セミナー」のランキング

ページ上部へ