ライフスタイル

地域とつながり、親しまれる駅づくりを推進!千歳船橋駅の列車接近メロディに「知床旅情」を導入します

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小田急電鉄株式会社 2019年11月18日 18時25分

千歳船橋駅(外観)
千歳船橋駅(外観)

「知床旅情」は、千歳船橋のまちにゆかりのある、文化勲章受賞者で、世田谷区名誉区民である森繁久彌氏が作詞・作曲し多くの方に愛唱されている曲です。2019年は、森繁久彌氏の没後10周年となり、世田谷区および森繁久彌先生没後10周年記念事業委員会の「千歳船橋の街の繁栄と、森繁久彌氏の記憶を後世に残すこと」の企画趣旨に賛同し、実施するものです。
当社では、中期経営計画で「心が動く瞬間を演出するコンテンツの創造」を掲げており、地域のシンボルとなる駅づくりに向けて、駅構内でのBGM導入や駅の改良など、沿線地域とのつながりを意識した駅づくりを推進しています。引き続き、地域資源を活かした駅づくりを進め、地域とともに、小田急沿線エリアへの誘客とまちの賑わいを創出してまいります。

接近メロディを流すホーム
接近メロディを流すホーム

 



1 開始予定日
2019年11月24日(日)12時00分から

2 放送時間
初電から終電まで(列車接近時の自動音声放送)

3 導入駅
小田急線 千歳船橋駅(所在地:東京都世田谷区船橋1-1-5)
(参考 1日平均乗降人員 60,091人(2018年度))

4 使用曲
上りホーム:知床旅情 イントロバージョン
(参考歌詞 ♪知床の岬に はまなすの咲くころ)
下りホーム:知床旅情 サビバージョン
(参考歌詞 ♪遥か国後に 白夜は明ける)

〈参考〉
森繁久彌氏と千歳船橋
・平成22年に商店街通りの区道が「森繁通り」と正式名称となる
・平成26年にテヴィエ像が区へ寄贈されたことから、千歳船橋駅改札前に設置
・平成26年から知床まつり・物産展を毎年、千歳船橋駅前広場で開催

以上
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「小田急電鉄株式会社」の新着記事

「ライフスタイル」の新着記事

「その他」の新着記事

「ライフスタイル」のランキング

「その他」のランキング

ページ上部へ