ビジネス・経済

ツクルバが日本郵便株式会社・東急株式会社と協業。「働き方解放区」をテーマとしたco-ba ebisuが本日グランドオープン!

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ツクルバ 2019年12月12日 10時05分


■2011年に渋谷で開業したco-ba、2019年はスタートアップやクリエイターへ「働き方解放区」を提案
シェアードワークプレイス「co-ba」は、2011年に起業家をはじめ個性的なクリエイターやフリーランスが集う「co-ba shibuya」、2018年にシード・アーリー期のスタートアップに特化した「co-ba jinnan」と、時代のニーズに先駆けたワークプレイスとして進化してきました。全国22箇所に展開する「co-ba NETWORK」は、全国のシェアードワークプレイスのフロントランナーとして、多様な働き方を提供しています。

昨今では、働き方改革が注目されていることや、多様で複雑化している働き方が数多く存在していっjnることが現状です。だからこそ、仕事も働く環境も自分の手でつくることが可能な時代に進化していると考えています。
このような時代背景のなか、企業側ではなく、働き手が自らのイニシアチブで自由に働き方を選べることを掲げる「働き方解放区」をテーマとした「co-ba ebisu」が2019年12月12日(木)に開業いたしました。

本件に伴い、日本郵便株式会社・東急株式会社と協業することで、渋谷を更なるサスティナブルな街とする新しいムーブメントを生み出しながら、既存事業の強化を目指します。

【日本郵便株式会社様からのコメント】
当社は「JP noie」ブランドによる高品質且つ誰もが心地よいと感じられる賃貸住宅づくりを進めていますが、この度竣工した「JP noie 恵比寿西」は「JP noie」ブランドによる賃貸住宅としては8棟目です。「JP noie 恵比寿西」は渋谷エリアを代表する企業である東急株式会社及び渋谷エリアを中心にシェアオフィス「co-ba」ブランドを展開する株式会社ツクルバの協力により、人や価値がつながる空間を用意し、そこでの体験により各々が成長することのできる、ここだけの付加価値・経験・暮らしの提供をコンセプトとしたプロジェクトを実現しました。

【東急株式会社様からのコメント】
今回、日本郵便株式会社が目指す「質の高い住空間とスタートアップを対象としたオフィス空間の提供」と、東急株式会社が目指す「GreaterSHIBUYA(広域渋谷圏)における多様なイノベーターが活動しやすい環境づくり構築」の想いが一致し、渋谷エリアを中心にシェアオフィス「co-ba」ブランドを展開する株式会社ツクルバの協力のもと、実現いたしました。

【株式会社ツクルバからのコメント】
当社が展開するシェアードワークプレイス「co-ba」は、2011年の開業以来、co-ba shibuya, co-ba jinnan, そして全国に展開するco-ba NETWORKと、全国のシェアードワークプレイスのフロントランナーとして、多様で新しい働き方を提案してきております。今回、東急株式会社が目指すGreaterSHIBUYAにおける、スタートアップ企業が活動したい環境づくりという文脈において、co-ba ebisuでは「働き方解放区」という概念を掲げています。広域渋谷圏におけるスタートアップ企業を中心としたイノベーターの皆さまに新しい環境を提案することで、渋谷がさらなる時代のムーブメントの発信源となることへ、力添えしたいと考えております。


■「働き方解放区」をテーマとしたco-ba ebisuのフロア全体について
「co-ba ebisu」は、2フロア合計約1,600平方メートル で構成され、1階はフリー席やブース席に加えて、大小様々な個室、共用部にはイベントスペースやバー、ショーケースなどを配置したコワーキングエリアです。2階は20戸のレジデンス(賃貸住宅)となります。2フロアを自由自在に行き来し、固定化された仕事場の概念を解放する働き方、暮らし方を可能にします。

1階/co-ba ebisu:コワーキング フロア 


2階/co-ba ebisu residence:レジデンスフロア


また、co-ba ebisuでは、働き方、暮らし方の概念を解放する以下の3つの仕掛けをご用意しています。
1. 多様な人が行き交う街のようなワークスペース :カスタム個室、オフィス個室、フリー席
2. 未知の出会いを生む場の運営 :コミュニティマネージャーが軸となりコンテンツやイベントを企画し実践
3. ワークスタイルに合わせた多様な利用プラン :月額プラン、従量課金プラン、プロジェクト利用プラン、2Fレジデンスプラン

さらに、株式会社subsclife( https://subsclife.com/ )と提携し、サブスクリプションによる空間の提案をします。1Fコワーキングフロアのブース席及び個室の入居者には、椅子を選択できるパッケージプランを用意。2Fレジデンスフロアでは、暮らし方に合わせた家具のご紹介をいたします。利用期間に合わせて、最適な空間を選ぶことができます。

詳細は下記よりご確認ください。
co-ba ebisu フロアプラン: https://co-ba.net/ebisu/#floorplan

【JP noie 恵比寿西 施設概要】

 

 

建物名:JP noie 恵比寿西
所在地:〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西一丁目33番6号(居住表示)
敷地面積:1,886.54平方メートル
構造:鉄筋コンクリート造
規模:地上8階地下1階
用途:共同住宅、シェアオフィス
住戸数:51戸
事業主:日本郵便株式会社
企画監修賃貸管理:東急株式会社
設計・施工:株式会社淺沼組
1・2F転借者:株式会社ツクルバ
竣工:2019年11月29日

【co-ba ebisu 物件概要】
物件名:1階/co-ba ebisu、 2階/co-ba ebisu residence
所在地:〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西一丁目33番6号 JP noie 恵比寿西 1F/2F
アクセス:東急東横線「代官山駅」東口徒歩3分、JR山手線、埼京線、湘南新宿ライン「恵比寿駅」西口徒歩5分
構造:鉄筋コンクリート造
入居予定日:1階 /2019年12月12日、2階 /2019年12月1日
用途:事務所、住宅
区画面積:1,573.42平方メートル
貸主:株式会社ツクルバ(今後取引態様が仲介に変更となる場合があります)
※上記内容は、予告なく変更となる場合があります。

<co-baについて>


全国各地に広がる「あらゆるチャレンジを応援する」をコンセプトにしたシェアードワークプレイス。会員は、起業家やスタートアップ、デザイナー、エンジニア、編集者、建築家、地域で活動するNPOなど、多岐にわたります。会員同士がお互いのアイディアやスキルを共有することで、新たなコラボレーションが生まれる場を目指しています。なかでもco-ba ebisuは、所属や職種、雇用形態の垣根を超えた新しい働き方を実現するためのワークプレイスです。
https://co-ba.net/
https://co-ba.net/ebisu/
Facebook: https://www.facebook.com/coba.ebisu
Twitter: https://twitter.com/coba_ebisu
note: https://note.com/coba_ebisu

<株式会社ツクルバ 会社概要>
 



「『場の発明』を通じて欲しい未来をつくる」というミッションのもと、デザイン・ビジネス・テクノロジーをかけあわせた場のデザインを行っています。主な事業として、ITを活用したリノベーション住宅の流通プラットフォーム「cowcamo(カウカモ)」事業、あらゆるチャレンジを応援する、シェアードワークプレイス「co-ba(コーバ)」などのシェアードワークプレイス事業を展開しています。
https://tsukuruba.com/
Facebook: https://www.facebook.com/tsukuruba/
Twitter: https://twitter.com/tsukuruba
note: https://note.com/tkrb_community
設立:2011年8月
所在地:東京都目黒区上目黒1丁目1−5 第二育良ビル2F
電話番号:03-5725-0182
代表者:代表取締役CEO 村上浩輝 / 代表取締役CCO 中村真広
登録番号:宅地建物取引業 東京都知事(1)第97398号

【報道関係者様からのお問い合わせ先】
株式会社ツクルバ (広報:高橋) MAIL: press@tsukuruba.com























 
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「株式会社ツクルバ」の新着記事

「ビジネス・経済」の新着記事

「新商品・新サービス」の新着記事

「ビジネス・経済」のランキング

「新商品・新サービス」のランキング

ページ上部へ