IT・ネット

文教大学情報システム学科の学生が企業とシステムを共同開発「第12回 オートモーティブワールド」に出展

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文教大学 2020年01月15日 13時32分

 

【本件のポイント】
・文教大学情報システム学科の川合康央ゼミナールが企業とシステムを共同開発
・開発したシステムは「第12回 オートモーティブワールド」に出展

情報学部情報システム学科の川合康央ゼミナールは、株式会社PALTEK、株式会社ネクスティエレクトロニクスとシステムを共同開発し、1月15日(水)から17日(金)まで東京ビッグサイト青海展示棟で開催される「第12回 オートモーティブワールド」にて展示します。 
このシステムは、「LUX(*1)シミュレーションシステム」と呼ばれ、自動運転車や電気自動車のシミュレーションに必要な仮想空間を、国土地理院のオープンデータとゲームエンジンUnrealEngineを用いて、正確に再現したものです。
*1 Landscape User Experience

今年度、「人とくるまのテクノロジー展」や「名古屋カーエレクトロニクス技術展」に出展してきた外界モデル(Landscape-UX)を、PALTEK社製のハードウェアエミュレーター(白虎)と組み合わせることによって、低コストで実用性のあるドライビングシミュレータを実現しました。
これらのシステムは東京ゲームショウ(2019年9月開催)でも展示され、エンジニアから子供まで幅広い来場者から好評を博しました。

■第12回 オートモーティブワールド 詳細

会 期:2020年1月15日(水)~1月17日(金)
開場時間:10:00~18:00(17日のみ17時終了)
会 場:東京ビッグサイト 青海展示棟
ブ ー ス:A11-42
参考 URL: https://www.car-ele.jp/ja-jp.html
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「文教大学」の新着記事

「IT・ネット」の新着記事

「イベント・セミナー」の新着記事

「IT・ネット」のランキング

「イベント・セミナー」のランキング

ページ上部へ