ビジネス・経済

デジタル・インフォメーション・テクノロジーがフィンランドのサイバーセキュリティ企業SSH Communications Securityと協業~ベストな補完関係により特権管理ソリューションを提供へ~

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社 2020年01月15日 13時30分

デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:市川 聡、以下 DIT)は、自社の主要な成長領域の一つであるセキュリティ分野の更なる拡大戦略として、フィンランドのサイバーセキュリティ企業のSSH Communications Security(Asia Pacificオフィス:香港、副社長:リッキー・ホー、以下 SSH社)と、セキュリティ分野で協業することで合意しました。


両社の代表者が調印式にて握手


昨今、端末から重要なサーバへのネットワーク経路の管理の不備及び特権アクセス管理の不備が重大なリスクをもたらすと、様々なセキュリティレポートが警鐘を鳴らしています。

過去には、管理者の知らないサーバへのネットワーク経路が存在した事により、システムの改ざんに繋がった事例もあります。また、重要なサーバにアクセスする為の特権管理が適切に行われていないこと(※)により、サーバが重大なセキュリティリスクにさらされ、マルウェア感染や端末使用者の不適切な操作によって認証情報の流出に繋がった事例もあります。


(※)どの端末に、どのサーバへの認証用の鍵が保存されているのか、又、その認証用の鍵は実際に使用されているのか等を管理していないこと



SSH社のPrivXは、ゲートウェイサーバとして動作し、管理対象のサーバへのアクセス経路をPrivX経由に統合する事によりアクセス経路を最適化すると同時に、SSH/RDP/HTTPSアクセスを制御し、監査証跡を取得する事が可能なソリューションです。

端末からサーバへのアクセスには、Webブラウザを使いPrivXサーバ経由で対象のサーバにログインする事ができます。SSH/RDPクライアントはWebブラウザ上で動作するため、別途クライアントソフトウェア等をインストールする必要がありません。また、サーバにもエージェント等をインストールする必要がないため、短期間での導入が可能でメンテナンスのコストも軽減できます。

更にPrivXからサーバへのアクセス認証にはワンタイムの電子証明書を使用する為、非常に強固なセキュリティを確保する事ができるのと同時に、従来のように端末に認証用の鍵を保持する必要がなく、面倒な鍵の管理や端末からの重要な鍵の流出を危惧する必要もありません。


今回、SSH社との協業により、DITは端末から重要なサーバに対する非常にセキュアで強固な認証とアクセス制御を備えた特権管理ソリューションの提供が可能となります。


サーバー図


DITは、本協業により更なる全方位のセキュリティ対策を提供していくと共に、自社セキュリティ製品の研究・開発を積極的に継続し、安心・安全な情報通信社会の実現に貢献してまいります。



■「WebARGUS(ウェブアルゴス)」について

WebARGUSは、システムの改ざんを発生と同時に検知して、瞬時にシステムを元の正常な状態に復元することができるレジリエンスを実現した新しいセキュリティソリューションです。改ざんの瞬間検知・瞬間復旧により、悪質な未知のサイバー攻撃の被害から企業のシステムを守ると同時に、改ざんされたシステムを通じたウイルス感染などの被害拡大を防ぎます。WebARGUSの役割は、システムの防御を突破され、改ざんの被害に遭遇した際に瞬時に検知して、システムを元の状態に戻すことで被害を防ぎビジネスを守る。いわば、防御の「最後の砦」です。また、WebARGUSはウェブサイトのコンテンツのみならず、実行モジュール、ライブラリ、設定ファイル等に対する改ざんも瞬間検知・瞬間復旧する事が出来る為、サーバサイドの全方位型セキュリティ対策製品として活用する事が可能です。

URL: https://www.webargus.com



■SSH社 会社概要

SSH Communications Securityは最も先進的なセキュリティおよびアクセス管理のためのソフトウェア・テクノロジーを世界中にお届けしています。同社の業界をリードするソリューションと専門的技術はフォーチュン500企業や連邦政府機関に採用されています。1995年に弊社が発明したSecure Shellプロトコルは人々とコンピュータが価値のあるリソースやデータに日々セキュアにアクセスするために不可欠な技術です。それ以来ずっと弊社はデータ・エコノミーを守り続けています。

本社所在地: Kornetintie 3, 00380, Helsinki, Finland

URL    : https://www.ssh.com



■DIT 会社概要(東証1部、証券コード 3916)

業務系・組込み開発を安定基盤とする独立系IT企業で9期連続増収増益を達成中。Web改ざんを瞬間検知・瞬間復旧するセキュリティ商品 WebARGUS(R)「ウェブアルゴス」や、働き方改革を支援する業務自動化プラットフォーム商品 xoBlos(R)「ゾブロス」といった独自商品で更なる成長を図る。

本社所在地: 東京都中央区八丁堀 4-5-4 FORECAST 桜橋5階

URL    : https://www.ditgroup.jp/

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社」の新着記事

「ビジネス・経済」の新着記事

「企業」の新着記事

「ビジネス・経済」のランキング

「企業」のランキング

ページ上部へ