ビジネス・経済

ラティス、生産ライン立ち上げ効率化に向けラダー自動生成ソフトを開発 2月18日(火)提供開始

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ラティス・テクノロジー株式会社 2020年02月17日 15時00分

ラティス・テクノロジー株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:鳥谷 浩志、以下 ラティス)は、生産設備の制御ソフトを仮想3Dモデルで検証する「XVL Vmech Simulator」において、三菱電機製PLC上で動作するラダープログラムの自動生成を可能にする新機能を搭載した最新バージョン「Ver. 11.0」(以下、新バージョン)を2月18日(火)に提供を開始します。


ラダープログラム自動生成機能の概要


近年製品開発でのリードタイム削減の要求がますます高まり、生産設備や自動機開発においてもリードタイム短縮が求められる中、様々なシミュレーションソフトやCAE導入が進んでいます。


ラティスの“XVL”を用いることで、大規模な設備の3Dモデルも大幅に軽量化され軽快に扱えます。その特徴を生かし、設備の3DモデルをPLCのラダープログラムで動かすことのできる3D制御シミュレータソフトの「XVL Vmech Simulator」を提供しており、実設備が組みあがる前に制御ソフト動作をXVLモデルで検証することで、設備開発におけるフロントローディングを実現し、リードタイム削減に貢献してきました。


しかし、制御ソフト検証を実際前倒しで行うには、ラダープログラムそのものの設計と、実装期間の短縮・前倒しをしなければならないという課題がありました。


新バージョンでは、生産設備における時々刻々の変位と信号を記載したタイミングチャートから、三菱電機製PLC*で実際に動作する制御ソフト(信号やサーボモータを制御するラダーのニーモニック**)を出力する「ラダープログラム自動生成機能」(以下、新機能)を開発し、プログラミングレスでPLCとXVLモデルによる設備稼働の制御シミュレーションを実現します。

(*対応シリーズ:MELSEC-Qシリーズ ** PLCが実行する機械語、MELSEC-Qシリーズのリスト形式)


これにより、三菱電機製PLCで制御する生産設備において、ラダーがまだない段階でシミュレーションを開始できるため、さらなる設備開発のリードタイム削減と品質向上を実現します。この結果、設備の早期安定稼働を促進し、製品の市場投入を加速することに貢献します。


XVL Vmech Simulatorでは、「現物の現実を、デジタルの3D XVLモデルで再現し、設計の意図との差分を見える化する」というラティスの提唱する“3Dデジタルツイン”***のコンセプトを体現しており、新機能はこちらを加速させる機能となります。

(*** 3Dデジタルツインコンセプト: https://www.lattice.co.jp/products/solution/#twin )


ラティスは一気通貫した3Dデータ活用で、製造業のデジタルトランスフォーメーションに貢献していく考えです。


〈新機能概要〉

XVLデータを利用して、三菱電機製PLC上で動作するラダープログラムを、3D制御シミュレーションソフト「XVL Vmech Simulator」上で自動生成します。設備の動きや信号の変化を記述したタイミングチャートから、それに従って信号やサーボモータを制御するラダーのニーモニックを出力することで、インターロックや状態監視など、煩雑なラダー作成作業を後回しに、プログラミングレスで3Dモデルをシーケンサから制御/検証することができます。



【製品情報】

・製品正式名称: XVL Vmech Simulator

・製品URL   : https://www.lattice.co.jp/products/lineup/vmech/

・価格(税別) : 400万円から(別途、初年度より年間保守が発生)

・提供開始  : 2020年2月18日(火)

・その他   : ラダープログラム自動生成機能で出力したニーモニックは、三菱電機製『MELSEC-Qシリーズ』に対応


■その他製品に関するお問い合わせ

<XVL販売代理店> 

https://www.lattice.co.jp/company/partners/


<ラティス・テクノロジー株式会社>

TEL : 03-3830-0333(平日 9:00~18:30)

Mail : casual3d@lattice.co.jp


■XVLとは?

ラティス・テクノロジーが開発した、世界トップ水準の性能を持つ3D軽量化技術です。製造現場に蓄積された3次元CADの大規模データを活用するソリューション基盤として、国内外の数多くの企業で採用されています。



【会社概要】

商号  : ラティス・テクノロジー株式会社(Lattice Technology Co.,Ltd.)

本社  : 〒112-0004 東京都文京区後楽2-3-21 住友不動産飯田橋ビル10階

代表  : 代表取締役社長 鳥谷 浩志

資本金 : 7億円

事業内容: 超軽量3DフォーマットXVL関連ソフトウェアの開発・販売、

      コンサルティングなど、3Dデータ活用のソリューションサービス提供

URL   : https://www.lattice.co.jp/



【その他】

XVLはラティス・テクノロジー株式会社の登録商標です。その他記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ラティス・テクノロジー株式会社」の新着記事

「ビジネス・経済」の新着記事

「新商品・新サービス」の新着記事

「ビジネス・経済」のランキング

「新商品・新サービス」のランキング

ページ上部へ