IT・ネット

世代ごとに最適なくらしを実現するトータルサービスのサブスクリプションでの提供をめざし異業種3社連携で住まいのIoT化実証実験を開始

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シャープ 2020年03月23日 14時12分
日立キャピタル株式会社(執行役社長 兼CEO:川部誠治/以下、日立キャピタル)、旭化成ホームズ株式会社(代表取締役社長 兼 社長執行役員:川畑文俊/以下、旭化成ホームズ)、シャープ株式会社(代表取締役会長 兼 社長:戴正呉/以下、シャープ)は、このたび、業態を超えたオープンイノベーションで、くらしに関するさまざまなサービスを包括したLife as a Service(※1)モデルの構築をめざして、実証協働実施契約を締結しました。IoTとAIを活用し、世代ごとに異なるライフステージに合わせた最適なくらしのトータルサービスをサブスクリプション(定額制)で提供することを目的に、本年4月より住まいのIoT化実証実験を開始します。

本実証実験は、STEP1として、社宅にIoT機器を設置し、協力会社のサブスクリプションサービスなどを提供します。今回は、単身者、DEWKs(※2)、シニアなど、進行するライフステージとともに変化する住まいや生活に合わせた新たな循環型サービスモデルの構築を図ります。各社が連携して取得した入居者の生活データを、AI技術を用いて分析することで、世代別にカスタマイズした、くらしのトータルサービスを創出し、サブスクリプションで提供します。「所有」ではなく、「共有・機能利用」を重視する価値観へと変化していく中で、「住まう」を軸としたサービスの提供により、空き家問題・少子高齢化・働き方改革などの社会課題を解決し、持続可能な豊かなくらしの実現をめざします。
 


1.実証実験(STEP1)の概要
【期間】2020年4月より半年間、または1年間(参加者ごとに設定)
【参加者(入居者)】日立キャピタルが募集した自社の単身社員10名
【居住建物】賃貸住宅「へーベルメゾン」(間取りは1K、1DK、1LDK)
【実証に使われる主な機器・サービス】「実証実験参加企業および機器・サービスの一覧」参照
【取得するデータ】入居者による生活データ(食事、車、睡眠など)

2.実証実験(STEP1)の目的
世代・年代ごとの生活情報やニーズを把握するため、STEP1では参加者を単身者に限定し、その多くが住むと思われる賃貸住宅を実証の舞台に設定。そのうえで、入居者のサービス利用状況など、各社が連携して取得した生活データについて、AI技術を活用して分析することで、より単身者層の属性に沿ったサービスメニューへの拡充を図るとともに、入居者自身が健康など生活に関わる情報を見える化するツールも提供。それにより、働き方改革を推進する企業に適した単身者向けサービスパッケージの創出を実現します。「サービスの提供」「生活者の利用情報収集」「各社の収集情報の連携・分析」「改善したサービスの提供」など、一連の流れの中でリアルデータを収集、現実の生活環境により適合したサービスを提供する循環型サービスモデルの構築をめざします。

※1: Life as a Service:豊かなくらしに必要なサービスを丸ごとパッケージ化し提供するもの。
※2: DEWKs:Double Employed With Kids(共働きで子育てをしている夫婦)

※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
 ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
https://corporate.jp.sharp/news/200323-b.html
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「シャープ」の新着記事

「IT・ネット」の新着記事

「新商品・新サービス」の新着記事

「IT・ネット」のランキング

「新商品・新サービス」のランキング

ページ上部へ