テクノロジー・技術

生物学的廃水処理市場規模-2019年には81億6400万米ドルと評価

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション 2020年03月27日 10時00分
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「生物学的廃水処理の世界市場 ~2025年:好気性プロセス・嫌気性プロセス」 (MarketsandMarkets発行) の販売を3月26日より開始いたしました。

生物学的廃水処理は、藻類、真菌、バクテリアなどの微生物を使用して浮遊固形物を除去する廃水処理プロセスの一種です。この処理は、好気性と嫌気性の2つのプロセスで実行できます。これらのプロセス中に、廃水中の有機物は酸化されるか、細胞に取り込まれ、除去プロセスまたは沈殿によって除去できます。業界だけでなく、自治体でも使用されています。環境への廃水処理、水不足、廃水の再利用に関する厳しい規制は、生物学的廃水処理市場の成長の主要な推進力です。この市場は、プロセス、最終用途の産業、および地域に基づいて分割されています。プロセスに基づいて、好気性プロセスは、嫌気性セグメントと比較して2019年に大きなシェアを占めました。資本コストが低く、設計が簡単で、効率が良いため、業界全体で嫌気性プロセスよりも好気性プロセスが好まれます。嫌気性プロセスは、エネルギー消費量が少ない、汚泥の生産量が少ない、メタンガスなどの副産物が生産されるため、予測期間中にCAGRが高くなると予想されます。

地域に基づいて、生物学的廃水処理市場は5つの地域(アジア太平洋地域、北アメリカ、ヨーロッパ、中東&アフリカ、南アメリカ)に分かれています。 これらのうち、北米は、排水の環境への廃棄または再利用に関する厳しい規制と、業界全体での水の消費量の増加により、2019年に最大のシェアを占めました。 アジア太平洋地域は、予測期間中に最高のCAGRで成長すると予想されます。

生物学的廃水処理市場は、2019年には81億6400万米ドルと評価され、2020年から2025年の間にCAGR 5.1%で成長すると予測されています。厳しい規制、水の不足、インフラの老朽化、工業化、急速に増加する人口が、生物学的廃水処理市場を牽引すると予想されます。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama929363-biological-wastewater-treatment-market-by-process.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「株式会社グローバルインフォメーション」の新着記事

「テクノロジー・技術」の新着記事

「調査報告・レポート」の新着記事

「テクノロジー・技術」のランキング

「調査報告・レポート」のランキング

ページ上部へ