草コインとは?

皆さんは、「草コイン」って聞いたことはありますか?草コインとは、仮想通貨用語で、時価総額が低く、他のメジャーな仮想通貨に比べて投機性の高い通貨を指します。草コインは価格が低い仮想通貨であり、大量に購入しておけば、価格上昇した際は大きな利益が得られます。

ただし、元本割れを起こす可能性もありますので、リスクの高い投資対象といえるでしょう。実際に草コイン投資を行う場合は、分散投資をするのがおすすめです。

草コインはいわば「大穴」的存在

草コインといえば、過去には、2018年の1月に仮想通貨「XP」の価格が11万倍(!)にまで上昇したケースや、主にプライバシーの保護を目的として開発され、匿名性が非常に高い仮想通貨である「Verge」の価格が1万倍にまで暴騰したケースなどがありました。もはや、事件ですね…。両ケースとも、急激な上昇をした後は、失速していき価格は急激に下落するといった結末を迎えました。

(Vergeについてはコインチェックでビットコインを購入し、海外の仮想通貨取引所に送金することで購入することが可能です。)

草コインの特徴をざっくりまとめると、以下のようになります。

草コインの特徴:

  • アルトコイン(※1)の中でも知名度が低いマイナーな仮想通貨
  • 時価総額が低い
  • 流動性が少なく、購入しても売れない可能性がある(※2)
  • 万が一高騰した場合は多額の利益を狙うことができる

※1アルトコイン…ビットコイン以外の仮想通貨の総称

※2故に、投資としてはリスクが高いものとなります

前述した通り、草コインは過去に1万倍、11万倍といった桁違いの上昇を記録したケースもあったため、当てた場合の魅力は絶大であり、夢のある投資法ではあるでしょう。しかし、ボラティリティが大きいというリスクは無視できません。価格が急速に高騰する可能性もある反面、急速に下がる可能性も当然あります。そうなってしまった場合、万が一大量保有していたら大損に繋がります。

草コイン投資をするならサブ的扱いで

上記をふまえると、現実的な草コイン投資法は「あくまでサブとしての投資法として余剰資金で(期待せずに)行う」ということかと思います。

また、1つの草コインで高騰を予測して的中させるというのは現実的ではないため、いくつかの銘柄に分散して投資をするのがよいでしょう。

※草コインへの高額投資は非常にリスクの高い投資法であり、あまり推奨されません。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*