ブロックチェーン技術とは?

仮想通貨の世界を理解するにあたり、避けて通れないのが「ブロックチェーン技術」です。ブロックチェーン技術とは、仮想通貨のやりとりの詳細が記録される、編集不可能な「共有台帳」です。ブロックチェーン技術は現在、世界中の企業に利用されています。

ブロックチェーンの概要

ブロックチェーンとは、一言でいうと、変更できない共有台帳です。トランザクションの情報を記録し、資産をトラッキングすることができます。資産には、有形資産(住宅、自動車、現金、土地)と無形資産(知的財産、特許、著作権、ブランド)がありますが、有用なものはほぼすべて、ブロックチェーン・ネットワーク上で追跡および取引が可能です。ブロックチェーン技術の利用は、すべての関係者のリスク軽減およびコスト削減につながります。

ブロックチェーンを利用することにより、情報の精度があがり、送受信もスピードアップでき、それによりビジネスを効率化できます。ではなぜ、ビジネスや投資において、ブロックチェーン技術が関連情報のやりとりに最適なのでしょうか?その理由には、ブロックチェーンを使用すれば、当該情報には認証ネットワーク・メンバーのみがアクセスでき、また、情報は変更できない台帳に保存することができるという利便性が挙げられます。それでいて、素早い情報共有も可能です。

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンの仕組みをざっくりまとめると以下のようになります。:

①各トランザクション(処理)は「ブロック」データとして記録

ここでいうトランザクションとは、有形資産(製品)や無形資産(知的財産)などの資産の移動を指します。そういったトランザクションの詳細はデータブロックと呼ばれるものに記録されます。

②ブロックは前後のブロックに接続

トランザクションが行われ、資産の所有者が変更されると、ブロックが前後のブロックとリンクし、「データチェーン」と呼ばれる状態になります。これにより、トランザクションの正確な時刻やフローなどが記録され、前後のブロックとの間に別のブロックが挿入されることなどが防げます。

③トランザクションは、ブロックチェーンと呼ばれる元に戻せないチェーンでブロック

最後に、ブロックチェーン全体の検証を強化し、データの改ざんなどが行われないように「情報の不変性」を確保します。こうして、信頼できるトランザクションの台帳となります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*