仮想通貨が保存できるウォレットの種類

仮想通貨のウォレットとは「仮想通貨専用の財布」のこと。デジタルマネーである仮想通貨を保管する場所(文書ファイルでいうと、ストレージ的な)を指します。

ホットウォレットとコールドウォレット

仮想通貨のウォレットには、大きく分けて2種類あります。ホットウォレットとコールドウォレットです。一言でいうと、オンライン上で保管するのがホットウォレット、ローカルで保存するのがコールドウォレットです。

ホットウォレットにはウェブウォレットやデスクトップウォレット、モバイルウォレットなどがあり、少額の保管・送金には便利なものの、ハッキングやウイルス感染といったネット環境ならではのリスクがあります。

一方、コールドウォレットはオフラインで使用可能。ペーパーウォレット、ハードウェアウォレットなどがあり、ハッキングされないので安全性が高く、高額な仮想通貨の保管などに適しています。

以下に、ホットウォレットの種類を説明します。

ウェブウォレット

ウェブ上の保管庫、ウェブウォレットには、取引所と、事業者が提供しているオンラインウォレットがあります。IDやパスワードなどを設定するだけで利用開始出来るお手軽さが魅力です。どのパソコンやデバイスからもアクセスでき、ネット銀行のように簡単に使用できます。その反面、インターネット上に資産を保管している状態は、セキュリティ面にリスクがあります。ハッキングや管理事業者の不正といった事態が起きた場合にもろに影響を受けてしまいます。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットは、クライアント型(ローカルウォレット)に分類されており、専用ソフトをパソコンにダウンロードしてローカルで使用します。(必要に応じネットに接続されるため、ホットウォレットの一種とされます)デスクトップウォレット1個につき、1種類の仮想通貨にしか使用できません。デスクトップウォレットには完全型と簡易型があります。

モバイルウォレット

モバイルウォレットもクライアント型(ローカルウォレット)に分類されるます。デスクトップウォレットのモバイル版のような物で、スマホ等にインストールして使います。スマホやタブレットに対応しているため、Wi-Fi環境に縛られることなく、どこでも気楽に使用できる点がメリットです。ハッキングやウイルス感染のリスクを防ぐには、使わないときはオフラインにすべきでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*