IT・ネット

超音速飛行を目指す米ブーム社がダッソー・システムズとパートナーシップ締結史上最速の民間旅客機開発を推進

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダッソー・システムズ株式会社 2019年05月24日 15時33分

参考画像_BoomSupersonic
参考画像_BoomSupersonic

ダッソー・システムズ (Euronext Paris:#13065, DSY.PA) は、本日、Boom Supersonic (以下、Boom) が 3DEXPERIENCE プラットフォームを導入することを発表しました。これによりBoomは、超音速飛行の旅をより身近なものにすることを目指し、同社のマッハ2.2の民間旅客機、Overture の設計と開発を推進します。

Boomは航空機の構想から生産、認証といった製品開発プロセス全体で、ダッソー・システムズの 3DEXPERIENCE プラットフォームをベースにした『リインベント・ザ・スカイ』インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスを使用します。Boomは、業界をリードするこのソリューションを採用することで、試作初号機の開発期間を半減させ、機体開発プログラムに伴う複雑さを排し、コストやリソースといった各要素を効率的に配分しながら機体品質を引き上げ、いちはやく市場参入を実現できるようになります。

 「Overture は、航空力学、材料、推進系の進歩を取り込み、それを活用して民間旅客機の長距離飛行に革命をもたらします。当社が描く超音速の未来を実現するには、強力な設計ツールが必要であり、ダッソー・システムズはまさにそれを提供してくれるのです」と、Boom の共同創立者兼テクノロジー担当バイスプレジデントである Joshua Krall 氏は述べています。「当社はスタートアップなので、旧来のソフトウェア システムの制約を受けることなく、IT コストを低く抑えることを狙っています。今回、ダッソー・システムズの 3DEXPERIENCE プラットフォームの展開は迅速かつ容易でした。プロジェクトの進展 に伴い、今後ユーザー規模は何百人へと拡張するものと想定しています」

航空宇宙分野のスタートアップ企業、市場への新規参入組、小規模な OEM は、旅客数の増加や新製品や新サービスへの高まるニーズに応じて、過去の技術的な課題の克服を目標とする新たな航空機の設計概念を生み出し、従来の航空産業の力学にゆさぶりをかけています。

イノベーティブな製品の開発に取り組む小規模 OEM やスタートアップ企業に向けた『リインベント・ザ・スカイ』は、業界標準に基づいたセキュアな単一環境下で、ユーザーに、デジタル設計やシミュレーション等の各アプリケーションへのアクセスを提供します。Boomのユーザーであるエンジニアや開発プログラムのマネージャー、チーフ・テスト・パイロットは、この単一環境下でリアルタイムに連携し、要件定義、共通のプロセス・部品へのアクセスと再利用ができるようになります。また使用にあたっては完全なトレーサビリティと拡張性が確保されます。

「航空宇宙の企業は、乗客の快適性を損なうことなく、高速、軽量、効率的な航空機を提供することに取り組んでいます」と、ダッソー・システムズの航空宇宙・防衛産業担当バイスプレジデントであるデビッド・ジグラーは述べています。「より小規模のイノベーター的な企業は、製品開発プログラムにおいて、大企業と同レベルのインフラでありながら、スピードと柔軟性を維持し、IT 関連の費用を最小限に抑えられるようなツールを必要としています。3DEXPERIENCE プラットフォームはこうしたニーズに応えられます。 Boomは、長年この業界の主要なマイルストーンに関わってきた当社のデジタル アプリケーションを活用し、次世代の旅客エクスペリエンスを開発することができます」

Boomは現在、超音速飛行の実現に向けて主要な技術を実証すべく、XB-1 という2 人乗りのデモ用モデルの構築を進めています。Boomの旗艦旅客機となる Overture は、運行可能となった場合には、マッハ 2.2 の速度で、ニューヨークからロンドンまで 3.25 時間、東京からサンフランシスコまで 5.5 時間で巡航できる史上最速の民間旅客機となります。

Joshua Krall 氏は、2019 年 5 月 13日 - 16 日にラスベガスで開催されたダッソー・システムズの 3DEXPERIENCE FORUM North America にて講演しました。この年次イベントでは、航空宇宙・防衛産業を含む、当社の 11 業界すべてのリーダーが一堂に会しました。

ダッソー・システムズは、本年もパリ国際航空ショー (International Paris Air Show  6 月 17 日 - 23 日) に参加します。展示は ホール 2Bのブース D170です。

詳しくはこちら:
ダッソー・システムズの航空宇宙・防衛産業向けインダストリー・ソリューション・エクスペリエンス
https://ifwe.3ds.com/ja/aerospace-defense 

ダッソー・システムズの 3DEXPERIENCE プラットフォーム、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソリューション
http://www.3ds.com/ja

ダッソー・システムズとつながるソーシャル・アカウント
Twitter
https://twitter.com/3dsjapan
Facebook
https://www.facebook.com/DassaultSystemesNippon
LinkedIn
https://jp.linkedin.com/company/dassaultsystemes
YouTube
https://www.youtube.com/user/3DSJapan
 
(以上)

Boom Supersonic について
Boom Supersonic は、史上最速の民間旅客機である Overture を構築することにより、飛行とは何かを再定義します。 Boomの構想とは、超音速による飛行により、家族、ビジネス、カルチャーの距離を縮め、世界中の人々のアクセスを飛躍的に向上することです。ワールドクラスの投資家から支援を受け、日本航空やヴァージン グループから 30 機の事前予約を受けています。2014 年に設立した Boom は、航空宇宙企業 40 社以上に貢献した 130 人を超えるフルタイムの従業員を集めたワールドクラスのチームを構成しています。詳細情報については以下をご覧ください。 https://boomsupersonic.com

ダッソー・システムズについて
ダッソー・システムズは、3DEXPERIENCEカンパニーとして、企業や個人にバーチャル・ユニバースを提供することで、持続可能なイノベーションを提唱します。世界をリードする同社のソリューション群は製品設計、生産、保守に変革をもたらしています。ダッソー・システムズのコラボレーティブ・ソリューションはソーシャル・イノベーションを促進し、現実世界をよりよいものとするため、バーチャル世界の可能性を押し広げます。ダッソー・システムズ・グループは140カ国以上、あらゆる規模、業種の約25万社のお客様に価値を提供しています。より詳細な情報は、www.3ds.com (英語)、www.3ds.com/ja (日本語)をご参照ください。

3DEXPERIENCE、Compassロゴ、3DSロゴ、CATIA、SOLIDWORKS、ENOVIA、DELMIA、SIMULIA、GEOVIA、EXALEAD、 3D VIA、BIOVIA、NETVIBESおよび3DEXCITEはアメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズまたはその子会社の登録商標です。
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ダッソー・システムズ株式会社」の新着記事

「IT・ネット」の新着記事

「企業」の新着記事

「IT・ネット」のランキング

「企業」のランキング

ページ上部へ