テクノロジー・技術

無料に疑問を感じませんか?「無料ではない」外壁塗装の見積サービス開始!

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社FeeMail 2019年06月13日 10時43分

ネオシル
https://www.neosiru.com/

<ネオシルの特徴>
●POINT1 “見積作成のみ” 見積専門サービス

施工の営業活動は一切ありません。
こんな方に▷ 「費用を知りたいが 営業されるのは面倒…」

●POINT2 正確な施工費用がわかります
プロがお宅に伺って調査・診断します。自動見積ではありません。
こんな方に▷ 「相場価格ではなく、我が家の費用を知りたい」

●POINT3 純粋な施工費用がわかります
大幅な利益や広告費などは上乗せされません。
仲介手数料もなく「施工会社価格の見積」が算出されます。
こんな方に▷ 「他社の見積が適正価格なのか わからない」「相見積がほしい」

<利用はシンプルな3ステップ>

  1. サイトのカレンダーからご希望の日時で予約します
  2. 担当者がご自宅にて見積作業を行い、1時間ほどで完了。他社の見積書を診断することも可能です
  3. 約1週間後、メールにて見積書を送付します。施工を勧める営業は一切ありません
https://www.neosiru.com/

<サービス誕生の背景>
  • 見積をお願いしたいけど、発注するかどうか分からないし、セールスされても断るのが面倒
  • 一括見積サイトなどを利用すると、その後たくさんの連絡がくるのが嫌だ
  • 相場ではなくて、我が家を見て直接話を聞いてもらい、正確な見積がほしい
代表の高橋が知人からこんな話し持ちかけられたことがきっかけで、外壁塗装業界の見積のやり方に課題があると感じ、このサービスを始めようと思いました。ちょうど友人に外壁塗装業者がいたので相談をした所、業界についていろいろびました。

まず驚いたのが施工会社によってかなり料金が変わってくるということです。友人は数名でやっている小さな施工会社です。そこに依頼した場合を100とすると、大手企業に依頼した場合は180-250となるそうです。大手のほうが信頼感、安心感はあるそうですが、結局施工するのはその大手企業から依頼がある下請け会社、つまり友人の会社という事です。

アフターサービス、その他様々なケアも同等ということから直接実際の施工会社に依頼するのが良さそうだと思います。しかしその会社を一般の人が見つけるのは困難だそうです。小さい施工会社は広告を出す資金が無かったり、マーケティングのノウハウが無いというのが現状です。

もう一つ興味深いのが、下請けの施工会社に依頼する金額はどこに依頼してもほぼ同額ということです。ということはその見積を出せばそれが適正価格になるという事に気がつきました。ネオシルはその適正価格の見積書を作成するサービスです。もちろん見積書通りに依頼することも可能ですし、依頼しないということも自由です。

最後になりますが、ネオシルは有料になりますが、ぜひ大手施工会社が無料で作成する見積書の相見積としても利用してみてください。その2つの見積額の差に驚くと思います。

https://www.neosiru.com/

<株式会社FeeMailとは>
世の中を便利にするアイデアをテクノロジーとデザインの力を使って形にする会社です。

<会社概要>
■代表:高橋 祐樹
■設立:2015年10月
■URL: https://feemail.co.jp/

<本件に関する報道関係者からのお問合せ先>
担当:高橋(代表取締役)
メールアドレス:takahashi@feemail.co.jp

 
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「テクノロジー・技術」の新着記事

「新商品・新サービス」の新着記事

「テクノロジー・技術」のランキング

「新商品・新サービス」のランキング

ページ上部へ