IT・ネット

直売所販売支援サービス「つながるファーマーズ®」おうみ冨士農業協同組合直売所へサービス提供開始

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ユニシス 2019年09月12日 11時01分

日本ユニシスは、おうみ冨士農業協同組合(滋賀県守山市)の直売所「ファーマーズ・マーケットおうみんち(守山本店)」へ、直売所販売支援サービス「つながるファーマーズ」のサービス提供を開始しました。

「つながるファーマーズ」は、生産者がスマホアプリで売り場の“いま”の画像を確認することにより、農産物の売れ行き状況をリアルタイムかつ直感的に把握し、適切な出荷・陳列、出荷作業の効率化を支援するサービスです。IoTカメラを使用した本サービスは、動体除去機能を備えており、直売所を訪れるお客さまのプライバシー保護を考慮した日本で初めてのライブカメラシステムになります。

日本ユニシスは、本直売所販売支援サービスの提供を通じて、農産物直売所および農産物生産活動の活性化を図り、消費者への新鮮・安価・安心な農産物の提供と、地域生産者の所得向上を支援していきます。

■「つながるファーマーズ」の利用イメージ

「つながるファーマーズ」の利用イメージ

【背景】

生産者が自ら地場農産物を出荷・陳列するJA農産物直売所は、「新鮮・安価・安心」が地域消費者に受け入れられて日本全国に広がり、生産者の所得増にも繋がっています。

しかし陳列スペースに限りがあるため、農産物は午前中にはほぼ売り切れて午後には品薄となり、「来店者はあるのに、売る物がない」など販売機会を損失しています。

また直売所職員は、生産者へ欠品を避けるために電話やメールなどでの追加出荷依頼や、消費者からの在庫問い合わせ対応をしており、これらが大きな負荷になっています。

現在多くの農産物直売所では同様の課題を抱えており、早急な解決が求められています。

【つながるファーマーズ概要】

生産者及び消費者にスマートフォンアプリとして、「つながるファーマーズ」を提供します。直売所内に設置したIoTカメラで農産物が並ぶ売り場の陳列台を撮影し、スマートフォンアプリ「つながるファーマーズ」に、クラウドにある店舗画像(5分間隔の静止画)を配信します。IoTカメラで撮影した画像は、お客さまのプライバシーを保護するため、店舗設置の画像処理用小型PCで人物除去の加工を行い、クラウド上に画像を送りスマートフォンアプリに配信します。また、店舗側に録画装置を導入することにより、IoTカメラは防犯用カメラとして共用することも可能となります。

直売所販売支援サービス「つながるファーマーズ」は、生産者による農産物直売所への出荷作業を効率化し、生産者の所得向上を目指します。

■サービス全体のイメージ

サービス全体のイメージ

【今後の展開】

日本ユニシスは、本直売所販売支援サービスへの取り組みを通じて、農産物直売所および農産物生産活動の活性化を図り、消費者への新鮮・安価・安心な農産物の提供と、地域生産者の所得向上を支援します。

今後は、アグリビジネス分野への取り組みを本格的に開始し、日本の農業の活性化に貢献する新しいエコシステムの創造を進めていきます。

■関連リンク:

直売所販売支援サービス「つながるファーマーズ」https://www.unisys.co.jp/solution/biz/farmers/

おうみ冨士農業協同組合   http://www.ja-ohmifuji.or.jp/

ファーマーズ・マーケット おうみんち http://www.ja-ohmifuji.or.jp/food/farmstand.php

※つながるファーマーズは、日本ユニシス株式会社の登録商標です。

※その他記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本ユニシス」の新着記事

「IT・ネット」の新着記事

「新商品・新サービス」の新着記事

「IT・ネット」のランキング

「新商品・新サービス」のランキング

ページ上部へ