新商品

『AQUOS 4Kレコーダー』3機種を発売

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シャープ 2019年09月12日 11時11分

4Kレコーダー<4B-C40BT3>
4Kレコーダー<4B-C40BT3>

シャープは、地上デジタル放送などの2Kコンテンツも4K放送級の美しさで楽しめる「5upコンバーター」搭載の新開発エンジン「4Kマスターエンジン BD-Premium」を採用した『AQUOS 4Kレコーダー』3機種を発売します。本機は、画質を決める5つの要素である「解像度」「ダイナミックレンジ(輝度)」「色域」「ビット深度」「フレームレート」を新4K衛星放送(※4)と同レベルに向上させる「5upコンバーター」を業界で初めて搭載しました。新4K衛星放送に加え、地上デジタル放送などの2K放送や市販のBDソフトも色鮮やかな美しい映像でお楽しみいただけます。また、本機はBS4K・110度CS4Kチューナーを2基搭載し、新4K衛星放送の2番組同時録画が可能です。

品名:4Kレコーダー
形名:4B-C40BT3/4B-C20BT3/4B-C10BT3
希望小売価格:オープン
発売日:2019年10月24日
当初月産台数:2,000台/6,000台/3,000台

■ 主な特長
1.業界初 地上デジタル放送などの2Kコンテンツも4K放送級の美しさで楽しめる「5upコンバーター」搭載
2.BS4K・110度CS4Kチューナーを2基搭載。新4K衛星放送の2番組同時録画が可能
3.スマートフォンで撮影した写真や4K動画をWi-Fi転送で手軽に取り込める「スマホ写真・動画まるごとストレージ(※5)」機能
4.ドライブの状態を確認できる「HDD/BDドライブ健康診断」機能

※1 2019年9月12日現在。4Kレコーダー、およびブルーレイディスクレコーダーとして。
※2 新4K衛星放送とまったく同じ画質をお楽しみいただけるわけではありません。
※3 解像度、ダイナミックレンジ(輝度)、色域、ビット深度、フレームレートの5要素を新4K衛星放送と同スペックに変換して出力するコンバーターです。ダイナミックレンジ(輝度)では、HDR非対応の新4K衛星放送の番組や地上・BS・110度CSデジタル放送の番組、市販のBDソフトなどのHDR非対応のコンテンツをHDRにアップコンバートして出力します(HDRに対応した新4K衛星放送の番組はそのまま出力します)。なお、本機からの出力は接続されたテレビやモニターの性能に応じた出力になります。
※4 BS・110度CSの4K放送のことです。視聴には、本機に加えて、「SHマーク」のついた右旋・左旋円偏波対応のアンテナや混合器、ブースター、分配器などの機器、広帯域のケーブルなど、機器の交換や工事が必要となる場合があります。
※5 iPhone/iPad用、AndroidTM 端末用アプリケーションソフト「AQUOS 写真&動画転送」(無償)をスマートフォンにインストールしてお使いいただく機能です。本機能のご利用には、本体ソフトウェアのアップデートが必要です。本体ソフトウェアおよびスマートフォン用アプリは2019年年末に公開予定です。
対応機種や動作環境について、詳しくはサポートページ( https://jp.sharp/support/bd/ )にてご案内してまいります。

※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
 ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
https://corporate.jp.sharp/news/190912-a.html

【プレスリリース全文(PDF版)】
https://corporate.jp.sharp/news/190912-a.pdf

【画像ダウンロードサービス】
https://corporate.jp.sharp/press/p190912-a.html
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「シャープ」の新着記事

「新商品」の新着記事

「新商品・新サービス」の新着記事

「新商品」のランキング

「新商品・新サービス」のランキング

ページ上部へ