ビジネス・経済

Matic Networkが香港仮想通貨企業BitOneに採用されます

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BitOne Co ltd. 2019年11月18日 16時00分

Matic NetworkのMATICトークンは現在、香港の最高のデジタル資産取引プラットフォームであるBitOne Trade HKに採用されています。今回の採用により、Matic Networkはあらゆる種類のビジネスにブロックチェーンソリューションを提供するグローバルリーダーとしての地位を強化します。


Matic & BITONE


確立された評判の高いレイヤー2スケーリングソリューションであるMatic Networkは、オフチェーン計算のためにサイドチェーンを使用して、安定し、安全なインスタントトランザクションを提供することで知られています。資産は、PlasmaフレームワークとPoSを介してプラットフォーム上で保護されます。プラットフォームはしばしば、技術的メリットの多さの他に「信頼性と卓越性のあるシステム」という評価を受けています。


Matic Networkは、分散化を損なうことなく、スケーラビリティとユーザーエクスペリエンスに関連する課題を解決することを目的としています。他のすべてのプラットフォームとは異なり、レイヤー2に対して独自のアプローチをとるだけでなく、多種多様なユースケースのサポートを提供することができます。


Matic Networkが信頼できるシステムであることは、世界最大級の仮想通貨取引所であるBinanceおよびCoinbaseの両取引所に採用されていることが証明しています。 2019年5月、MaticはBinance Infoの透明性イニシアチブの一部となり、Vラベルを取得する最初のスタートアップになりました。


[最も採用されているレイヤー2ブロックチェーン]

Picolo Researchのレポートによると、Matic Networkにはスケーリングソリューションに伴う多くの非効率性を解決する高いポテンシャルがあります。また、このレポートは、ユーザーエクスペリエンスを再定義するというMatic Networkのコミットメントが、エコシステムの価値創造の確固たる理由として役立つと述べています。Matic Networkが世界で最も採用されているレイヤー2プラットフォームになっていることは間違いありません。

Picolo Researchレポート: https://picoloresearch.com/63/matic-network-matic



[Matic Networkの採用事例]

例えばDecentraland(ユーザーがアセットを購入、収益化できるブロックチェーン基盤のVRアプリプラットフォーム)はトランザクションのスケーリングに向けてMatic Networkを選定し、その上にプラットフォームを構築しています。

Maticエコシステムに信頼を置くもう1つの企業は、メッセージングアプリであるNestreeです。Nestreeは、コスト効率の高い高速トランザクションのために広大なシステムを使用する予定です。

Nestreeの事例について: https://medium.com/matic-network/nestree-to-scale-blockchain-integrated-messaging-app-using-matic-network-8f9992ccd28e


さらに、フィンテック企業に代わってシームレスなバックグラウンドチェックを容易にするブロックチェーン基盤プラットフォームSpringRoleも、Matic Networkを活用してリーチを拡大することを計画しています。

SpringRoleの事例について: https://medium.com/matic-network/springrole-scales-professional-network-protocol-on-matics-sidechains-40f0d3f91632


他にもMatic Networkには多くのユースケースがあります。


[なぜMatic Networkを選ぶべきか?]

Matic Networkに関心が広まっている理由は様々ですが、基本的には下記のような理由が挙げられます:

1.スケーラビリティMatic Networkのトランザクションは、高速で安全で低コストです。

2.セキュリティMatic Networkは、Plasmaフレームワークを通じてセキュリティを担保します。その間、資産を損なうことなく、高速で低コストのトランザクションを保証します。一般的なトランザクションは、PoSネットワークでサポートされています。

3.サポート機能Matic Networkは、Ethereumエコシステムに存在する多数の分散金融(DeFi)プロトコルをサポートできるように設計されています。

4.優れたユーザーエクスペリエンスMatic Networkは、システムをよりユーザーフレンドリーにすることを目指しており、その結果、すべての機能は顧客を念頭に置いて設計されています。

5.ハイスループットMatic Networkは、インターネットテストネット上の1つのサイドチェーンで最大1,000TPSを達成しました。

6.開発者ツールMaticネットワークはDagger(イーサリアムのイベント通知エンジン)、Hermione(リアルタイムのイーサリアムデータプロセッサ)などの開発社向けのツールに取り組んでいます。


[BitOne Trade HKについて]

この度、Matic NetworkのトークンMATICがBitOne Trade HKに採用されました。

BitOne Trade HKは、香港に本拠を置くデジタル資産取引プラットフォームであり、日本の上場会社であるBitOne Group Co. Ltdに所属しています。同社は既にアジア最大の金融エリアである香港で注目を集めています。ユーザーにシームレスで楽しい取引体験を提供し、複雑なKYC手順を必要としません。


Matic NetworkがBitOne Trade HKに新しいトークンとして採用され、安全で高速かつ低コストのトランザクションを提供するというコミットメントをさらに強化します。Maticトークンは既に25を超える著名な仮想通貨取引所に採用されており、現在までに約3600万ドルの時価総額を記録しています。またこのトークンは、2019年11月7日の24時間だけで約2000万ドルもの取引高をもたらしています。

BitOneの採用により、Matic Networkはリーチをさらに拡大し、ビジョンを押し上げることを目指しています。


[MATICをチェックしましょう]

MATICについて確認するには、BitOne Trade HKの機能豊富なプラットフォームに参加してください。 https://bitonehk.com/ Maticが構築するプロダクトや、それがブロックチェーンの採用をより容易で安全にし、ボーダレスにする方法について詳しく知りたい場合は、ウェブサイトにアクセスしてください。またMediumではパートナーシップやコラボレーションの詳細がご覧になれます。 他にTelegramコミュニティや、最新の開発状況をフォローするためにTwitterもチェックしてみてください。公式ウェブサイト: https://matic.network/

Medium: https://medium.com/matic-network

Telegram: https://t.me/BitOneTradeHK_English

Twitter: https://twitter.com/BitOneTradeHK


[会社概要]

会社名: BitOne Co ltd.

事業内容: フィンテック、仮想通貨関連事業、ソフトウェア開発

所在地: Kudan VIGAS Build. 3 Floor 1-10-9 Kudankita Chiyodaku Tokyo 102-0073

代表者:Junichi Kimura

※株式会社ビットワングループ(東証第二部 コード番号:2338)のグループ企業

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ビジネス・経済」の新着記事

「企業」の新着記事

「ビジネス・経済」のランキング

「企業」のランキング

ページ上部へ