エンタメ・芸能

【新刊案内】プラスチック最新業界レポート2020 ~ マイクロプラスチック・廃プラスチック・バイオプラスチックを探る 発行:(株)シーエムシー・リサーチ

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CMCリサーチ 2019年11月20日 19時23分
【新刊案内】プラスチック最新業界レポート2020
~ マイクロプラスチック・廃プラスチック・バイオプラスチックを探る ~

◎はじめに
廃プラスチック(廃プラ)処理が大きな問題となっている。廃プラの一部は資源として中国を中心に輸出されてきたが、環境問題などから中国での受け入れが中止された。行き場を失った廃プラは東南アジアに向かう一方で、国内での処理の必要も増加している。それに伴い、マイクロプラスチックによる海洋汚染が広く認知されるようになり、海洋生分解性を有するプラスチックに注目が集っている。
前述の通り、近年マイクロプラスチックによる海洋汚染が大きく報道され、海洋プラスチック汚染、マイクロプラスチック、バイオプラスチックなどについて、報道等で断片的な情報は入るようになった。しかしながら、網羅性高く情報を収集し整理した書籍は少ない。
本書は、これらの用語について情報を整理したい方、業界動向を把握したい方、バイオプラスチックの種類、及び開発事例、世界各国の法規制の動向等について理解したい方に最適なレポートになっている。
また、ドイツのデュッセルドルフで開催された、プラスチック・ゴム産業の国際見本市である「K2019(10月開催)」にて、現地取材をした。マイクロプラスチック問題が叫ばれるなかで、欧州発のトレンド製品、及びビジネス戦略を含めた最新動向も紹介する。
シーエムシー・リサーチ調査部

■ 発 行:2019年11月11日
■ 定 価:冊子版 90,000円 + 消費税
★ メルマガ会員:定価の10%引き!
■ 体 裁:A4判・並製・266頁・カラー
■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ
  ISBN 978-4-904482-67-4

◇ ドイツのプラスチックショー「K2019」取材で得た欧州プラスチック企業をレポート!
◇ 農業や化粧品などの各用途に使用されているマクロプラスチックの課題と現状を解説!
◇ 各国による廃プラスチック(廃プラ)の取り組みと廃プラリサイクルの問題を詳述!
◇ 生分解性プラスチックやバイオプラスチックの業界動向、各企業の開発事例を報告!
◇ マイクロプラスチック問題、及びバイオプラスチック製品に取り組む各業界を紹介

☆目次の詳細とお申し込みはこちらから↓
https://cmcre.com/archives/52924/


【本書の構成および目次概要】
第1章 マイクロプラスチック
1. 概要
2. 各用途に使用されているマイクロプラスチックと課題
2.1 農業用途
2.1.1 概要
2.1.2 農業用マルチフィルム
2.1.3 徐放性肥料カプセル
2.2 塗料
2.3 医薬品
2.4 化粧品類
2.5 衛生用品
2.6 光拡散剤
2.7 摺動部品
2.8 工業用研磨剤
2.9 アンチブロッキング剤
2.10 インキ
2.11 タイヤ
3. マイクロプラスチックによる生物への影響
4. 淡水系プラスチック
5. 欧州化学物質庁(ECHA)
6. マイクロプラスチック調査の現状
7. 添加剤
7.1 添加剤の問題
7.2 ナノプラスチック
7.3 その他の事例
7.4 滲み出る添加剤

第2章 廃プラスチック
1. 概要
2. 各国による廃プラスチック(廃プラ)の取り組み状況
3. 中国の輸入規制の影響
4. バーゼル条約
5. 中国の廃プラ輸入規制以降の日本への影響
6. 主な自治体の取り組み
7. 廃プラスチックリサイクル
8. 廃プラスチックの総排出量・有効利用量
9. プラスチックリサイクルが抱える問題
10. サーマルリサイクルの有効性
11. 話題の廃プラスチック製品
12. 企業動向

第3章 バイオプラスチック
1. 概要
2. 世界のバイオプラスチック生産能力
3. 生分解性プラスチックの生産能力
4. バイオベース/非生分解性プラスチックの生産能力
5. 各地域の生産能力
6. 生分解性プラスチック
6.1 ポリ乳酸(PLA)
6.1.1 概要
6.1.2 価格
6.1.3 製造法
6.1.4 PLAを改質するための添加剤
6.1.5 一般的な用途
6.1.6 3Dプリンター向け樹脂用
6.1.7 シェールオイル掘削用
6.1.8 市場動向
6.1.9 業界動向
6.1.10 企業動向

6.2 ポリヒドロキシアルカノエート(PHA)
6.2.1 概要
6.2.2 PHA
6.2.3 P(3HB)
6.2.4 業界動向
6.2.5 用途
6.2.6 生産コストと生産状況
6.2.7 企業動向

6.3 ポリブチレンアジペートテレフタレート(PBAT)
6.3.1 概要
6.3.2 製造法
6.3.3 用途
6.3.4 業界動向
6.3.5 企業動向
(1) BASF(ドイツ)
6.4 ポリブチレンサクシネート(PBS)
6.4.1 概要
6.4.2 製造法
6.4.3 用途
6.4.4 業界動向
6.4.5 企業動向
6.5 でんぷん系
6.5.1 概要
6.5.2 製造法
6.5.3 業界動向
6.5.4 用途
6.5.5 企業動向
6.6 ポリグリコール酸(PGA)
6.6.1 概要
6.6.2 製造法
6.6.3 縫合糸用途
6.6.4 再生医療用足場材料
6.6.5 業界動向
6.6.6 企業動向
6.7 生分解性プラスチックの用途
7. バイオベース/非生分解性プラスチック
7.1 バイオポリエチレンテレフタレート(バイオPET)
7.1.1 概要
7.1.2 製造法
7.1.3 バイオPETの種類
7.1.4 用途
7.1.5 業界動向
7.1.6 企業動向
7.2 バイオポリエチレン(バイオPE)
7.2.1 概要
7.2.2 製造法
7.2.3 用途
7.2.4 業界動向
7.2.5 企業動向
7.3 バイオポリアミド(バイオPA)
7.3.1 概要
7.3.2 製造法
7.3.3 業界動向
7.3.4 PA11(ポリアミド11)とPA12(ポリアミド12)との比較
7.3.5 企業動向
7.4 ポリトリメチレン・テレフタレート(バイオPTT)
7.4.1 概要
7.4.2 製造法
7.4.3 用途
7.4.4 業界動向
7.4.5 企業動向
7.5 ポリエチレンフラノエート(PEF)
7.5.1 概要
7.5.2 製造法
7.5.3 業界動向
7.5.4 企業動向 
7.6 バイオポリプロピレン(バイオPP)
7.6.1 概要
7.6.2 製造法
7.6.3 業界動向
7.6.4 企業動向
7.7 バイオポリウレタン(バイオPU)
7.7.1 概要
7.7.2 製造法
7.7.3 用途
7.7.4 企業動向
7.8 バイオポリブチレンテレフタレート(バイオPBT)
7.8.1 概要
7.8.2 製造法
7.8.3 用途
7.8.4 企業動向
7.9 バイオアクリル樹脂(バイオPMMA)
7.9.1 概要
7.9.2 製造
7.9.3 用途
7.9.4 業界動向
7.9.5 企業動向
7.10 酢酸セルロース
7.10.1 概要
7.10.2 製造法
7.10.3 用途
7.10.4 業界動向
7.10.5 企業動向
7.11 木粉などバイオマスと石油由来プラスチックとの複合系
7.11.1 概要
7.11.2 ウッドプラスチックコンポジット(Wood Plastic Composite;WPC)
7.11.3 竹繊維複合系
7.11.4 米複合系
7.11.5 セルロース複合樹脂
7.11.6 企業動向

8. バイオプラスチックの原料
8.1 1,4-ブタンジオール(1,4-BDO)
8.1.1 概要
8.1.2 製造
8.1.3 利用
8.1.4 企業動向
8.2 バイオコハク酸
8.2.1 概要
8.2.2 用途
8.2.3 業界動向
8.2.4 企業動向
8.3 ヒマシ油
8.3.1 概要
8.3.2 製造
8.3.3 用途
8.3.4 企業動向
8.4 ウルシオール
8.4.1 概要
8.4.2 構造
8.4.3 企業動向
8.5 その他木質系材料
8.5.1 概要
8.5.2 セルロース
8.5.3 欧米におけるCNFの業界動向
8.5.4 CNFの研究開発動向と製造コスト
8.5.5 企業動向
8.6 ヘミセルロース
8.7 リグニン
8.7.1 企業動向

9. ゴム
9.1 概要
9.2 天然ゴム
9.3 天然ゴムと合成ゴムの違い
9.4 天然ゴム
9.5 天然ゴムの種類
9.6 合成ゴム
9.7 合成ゴムの種類
9.8 イソプレンゴム
9.8.1 概要
9.8.2 製造法
9.8.3 用途
9.8.4 企業動向
9.9 エチレンプロピレンゴム(EPDM)
9.9.1 概要
9.9.2 製造法
9.9.3 用途
9.9.4 業界動向
9.9.5 企業動向
9.10 ブタジエンゴム
9.10.1 概要
9.10.2 製造法
9.10.3 用途
9.10.4 企業動向
9.11 ゴムの種類と特長
10. その他のバイオプラスチック関連の企業動向

第4章 業界動向
1. 繊維業界
1.1 概要
1.2 繊維の種類
1.2.1 リサイクル合繊
1.2.2 リサイクルウール
1.2.3 再生セルロース繊維
1.2.4 生分解性繊維
1.2.5 バイオ由来ポリエステル繊維
1.2.6 PTT繊維(ポリトリメチレンテレフタレート繊維)
1.2.7 フェイクファー
1.3 業界動向
1.4 企業動向 
1.5 スパンデックス(ポリウレタン弾性繊維)
1.5.1 概要
1.5.2 業界動向
1.5.3 用途
1.5.4 企業動向
2. 化粧品業界
2.1 概要
2.2 マイクロビーズ
2.3 求められる化粧品容器の機能
2.4 日本化粧品工業連合会
2.5 企業動向
3. トイレタリー業界
4. 製紙業界
4.1 概要
4.2 業界動向
4.3 企業動向
5. ストロー業界
5.1 概要
5.2 紙製ストローの課題
5.3 代替ストローの種類と業界動向
5.3.1 紙製ストロー
5.3.2 ステンレス製ストロー
5.3.3 生分解性ストロー
5.3.4 木製ストロー
5.3.5 プラスチック製のフタ(飲み口付)
5.4 企業動向
6. 外食業界
6.1 概要
6.2 企業動向
7. 飲料業界
7.1 概要
7.2 バイオベースのペットボトル vs 再生ボトル
7.3 全国清涼飲料連合会
7.4 企業動向
8. 食品業界
9. 小売・消費財業界
10. 容器業界
11. 自動車業界
12. 観光・レジャー
13. 航空業界
13.1 概要
13.2 企業動向

第5章 各国のマイクロプラスチック,及び生分解性・バイオプラスチックなどの取り組み
1. 日本
1.1 概要
1.2 レジ袋有料化
1.3 G7シャルルボワ・サミット
1.4 G20大阪・サミット
1.5 環境省
1.6 経済産業省
1.7 AEPW(Alliance to End Plastic Waste)
1.8 日本財団、東京大学
2. 米国
2.1 概要
2.2 国際環境法センター(CIEL)
2.3 カリフォルニア州
2.4 シアトル市
3. 中国
3.1 概要
3.2 中国のリサイクル事業
3.3 中国の再生ペレットの品質
3.4 中国の主なプラスチックリサイクルメーカー
4. カナダ
5. ドイツ
6. 英国
7. フランス
8. イタリア
9. オランダ
10. オーストリア
11. スイス
12. デンマーク
13. ノルウェー
14. フィンランド
15. インド
16. 台湾
17. 韓国
18. インドネシア
19. タイ
20. フィリピン
21. ベトナム
22. マレーシア
23. ブラジル
24. コスタリカ
25. サウジアラビア
26. ニュージーランド

☆目次の詳細とお申し込みはこちらをご覧ください↓
https://cmcre.com/archives/52924/

◎関連書籍のご案内
(1)世界のレトルトフィルム・レトルトパウチ市場の実態と展望
国別・用途別市場分析と2025年までの展望
https://cmcre.com/archives/43049/
・日本を中心としたアジア諸国、ヨーロッパ、北米・中南米まで世界の市場を分析!

(2)自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
https://cmcre.com/archives/33138/
・本レポートは「自動車用プラチック部品・材料の新展開 2016」の改訂版
2018年の最新動向を詳述!

☆弊社発行書籍の一覧はこちらから↓

◎関連セミナーのご案内
(1)海洋マイクロプラスチック汚染問題と生分解性プラスチックの世界的な動向
開催日時:2019年12月17日(火)13:15~16:15
https://cmcre.com/archives/48283/

(2)排水および環境中マイクロプラスチックの分析・調査・規制の世界の最新動向と現在
開催日時:2019年12月20日(金)10:30~16:30
https://cmcre.com/archives/52128/

(3)セルロースナノファイバー研究:界面構造が支配する分散/集積/複合体の科学
開催日時:2020年2月14日(金)10:30~16:30
https://cmcre.com/archives/52305/

☆開催予定のセミナー一覧はこちらから!↓
https://cmcre.com/archives/category/seminar/seminar_cmc_f/
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「CMCリサーチ」の新着記事

「エンタメ・芸能」の新着記事

「新商品・新サービス」の新着記事

「エンタメ・芸能」のランキング

「新商品・新サービス」のランキング

ページ上部へ