エンタメ・芸能

中国初の宇宙飛行士 楊利偉氏が初来日 日中の宇宙飛行士が語る宇宙を通じた科学技術協力 12月14日(土)に毛利衛とトークイベント

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本科学未来館 2019年12月03日 14時00分

日本科学未来館(にっぽんかがくみらいかん)(略称:未来館 館長:毛利 衛)は2019年12月14日(土)、トークイベント「二人の宇宙飛行士がみる未来の宙(そら) - 中国人宇宙飛行士・楊利偉氏来日記念 -」を開催します。今回初来日となる中国初の宇宙飛行士、楊利偉(ヤンリィウェイ)氏と、未来館館長 毛利 衛が、ともに政府の代表として初めて宇宙を訪れたという経験をもとに、宇宙を通じた科学技術や教育分野のこれからの協力の可能性などについて語ります。


楊利偉氏


楊氏は2003年10月に、中国初の有人宇宙船「神舟5号」で宇宙を訪れました。そのとき毛利が世界の宇宙飛行士仲間と連名で祝電を送りました。以来、国際会議などの場を通じて交流を続けてきた縁で今回の来日が実現しました。楊氏は国民的英雄として知られ、現在も中国の有人宇宙飛行プロジェクトに参画されています。


トークイベントでは、それぞれの宇宙飛行士としての体験談のほか、科学技術の発展や宇宙開発の意義、宇宙をテーマにした科学技術や教育分野に関する今後の交流のあり方について、来場者からの質問を受け付けながら議論を進めていくことにしています。


今回のトークイベントについて、毛利は「地球を飛び出した宇宙飛行士は国に関係なく緊急帰還時に保護されるように人類の代表として活動することが期待されています。今回、中国文化ではぐくまれた宇宙飛行士が何を見たのか聞くことを楽しみにしています」と語っています。対談の最後には両宇宙飛行士から、それぞれ宇宙を通じた日中友好のメッセージも発信する予定です。



■概要

名称     : 「二人の宇宙飛行士がみる未来の宙(そら)

          - 中国人宇宙飛行士・楊利偉氏来日記念 -」

開催日時   : 2019年12月14日(土) 14:30~15:45 (14:00受付開始)

場所     : 日本科学未来館 1階

参加費    : 無料(日中同時通訳あり)

主催     : 日本科学未来館

協力     : 駐日中国大使館(予定)

申し込み・詳細: https://www.miraikan.jst.go.jp/info/1911291125267.html



■登壇者

・楊利偉(ヤン・リィウェイ)氏

1965年中国遼寧省生まれ。パイロットを経て1998年から宇宙飛行士としての訓練を開始した。現在は、中国の有人宇宙飛行プロジェクトの副チーフデザイナーで、中国人民解放軍少将。


・毛利 衛

1948年北海道余市町生まれ。北海道大学助教授などを経て、1992年日本人として初めてスペースシャトルに搭乗して宇宙実験、2000年には高精細立体地形図作成ミッションを行った。現在は未来館館長。



■一般からのお問い合わせ先

日本科学未来館

〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6

TEL: 03-3570-9151

FAX: 03-3570-9150

URL: https://www.miraikan.jst.go.jp/

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本科学未来館」の新着記事

「エンタメ・芸能」の新着記事

「イベント・セミナー」の新着記事

「エンタメ・芸能」のランキング

「イベント・セミナー」のランキング

ページ上部へ