ビジネス・経済

ジンコソーラー、オランダのアルメロプロジェクトに40MWのパネル供給

  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Jinko Solar株式会社 2019年12月05日 18時00分
2019年12月3日、世界非常に革新力がある太陽光発電企業ジンコソーラーの子会社が、世界的な太陽光発電の開発者および投資家であるObtonに約40MWの超高効率のチーター(Cheetah) HC 60セル太陽電池モジュールを供給したと公表した。このモジュールは、2019年夏にオランダのオーファーアイセル州でのアルメロ(Almelo)プロジェクトに導入された。

Obtonは、ジンコソーラーと協力し、資本的支出の削減と、発電量を上げることでプロジェクトのIRRを高める。Obton CEOのAnders Marcusは、「Obtonはオランダの再生可能エネルギーへの転換を進めて、大変幸いです。オランダは緑の未来に向かって加速しています。ジンコソーラーのような世界的に有名な企業との提携を通して、太陽光発電産業の発展を新たな高度に推進します。」とコメントした。

ジンコソーラーヨーロッパ 地区のゼネラルマネージャーのFrank Niendorfは、「Obtonがジンコソーラーとの協力は、ジンコソーラーが信頼できるパートナーを反映しています。ジンコソーラーの代表的製品のチーターHCとチータープラスモジュールは、2019年のオランダの太陽光発電市場で相当的な市場シェアを占めており、これは来年の発展に新たな成長のチャンスを与えます。」とコメントした。

ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2019年6月30日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、生産能力につきまして、シリコンインゴットとウエハーが10.5GW、太陽電池が7.4GW、太陽光発電モジュールが12.6GWに達している。

ジンコソーラーは世界で6ヶ所の生産拠点があり、日本(2)シンガポール、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア、南アフリカ、アラブ首長国連邦、15の海外子会社を持ち、販売チームはイギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、ヨルダン、サウジアラビア、南アフリカ、エジプト、モロッコ、加納、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマとアルゼンチンに広がって、従業員が1万2,000人以上を雇用しておる。

〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp
  • Facebookでシェアする
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Jinko Solar株式会社」の新着記事

「ビジネス・経済」の新着記事

「企業」の新着記事

「ビジネス・経済」のランキング

「企業」のランキング

ページ上部へ